2008年12月28日 (日)

幼なじみ

うちの長男にも、ゆいつ心うちとける、幼なじみがいる。

わたる!

人見知りが激しく、引っ込み思案の我、長男が自分をだせる友達

わたる!

産まれた時からの付き合いで、どこか気が合うとこがあるのだろう。

今は、会う事が少なくなってしまったけど、久し振りに、わたるの家に泊まらせてもらい

わたるの野球チームに参加させてもらい、

野球に興味のなかった、長男が帰りしに、ひとこと言った。

「わたる、野球うまいな!」

いい刺激を受けたみたいや

帰ってきて、めずらしくいろんな話を俺にした。

興奮したように俺に、いろんな話をしてきた。

長男にとっては、ほんま気心しれた幼なじみなんやな…

俺、自信も今日、試合に負けてくやしくて、くやしくて、ムカついて、腹たって、

熱くなりすぎる自分に腹立って、

なんで、勝たれへんのか

なんで、あそこでホームラン打たれるんか

そんなことばっかり考えてた時に、わたるの野球チームに、うちの子が参加させてもらい

長男があんなに真剣に野球してる姿と、子供達が本当にほのぼの野球を楽しんでる姿を

見学させてもらって、アミティ戦の事を忘れさせてくれた。

わたる、ありがとさん!

イホナンブの方々、ありがとうございました。

今日はそんな人の温かさを感じた1日でした。

そして、俺ももう一回挑戦する。

来年、また同じように挑戦する。

長男・次男・3男・4男よ、もうちょっと、まっちょれ

目標達成したら、必ず子育てに専念するから!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

最後の

今年、何回も行った、えんぎやツアーも、いよいよ今年最後となりました。

えんぎやのスタッフのみなさん、いつもうるさくご迷惑をおかけしました。

来年は、みなさん飲む量を控えめにしましょう。

しかし、これも28日の試合に勝つため!

えんぎやのみなさん、今年いっぱいお金つかったので、応援よろしくお願いします。

Ts3e0347

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

ジンクスは貫き通す

12月28日(日曜日)

別府グランド

10時試合開始

対戦相手  アミティ

西日本軟式1部決勝戦

……

……

……

またされた…

11月9日に準決勝をしてから、2か月ぐらい間があいた。

しかも世間は、暮れの忙しい中、野球しとる場合ちゃうで!!

ほんで、決勝やのに、別府グランドかい!

俺、今までで、一番ホームラン打たれとる場所やしな

無理やりこの試合組み込んだったて、感じやな

武南は負のチームである。

負けたことを財産にしてここまで育ってきたチームである。

今年、アミティに負けた!

負けたことが、大きな財産になるにちがいない

そのカリを返すのは、28日でいい

やることはやった。

37歳になっても、

1年間、これだけ真剣に何かに向かって突き進むことができたことを、チームメイトに感謝したい。

そして、ゲンかつぎ、ジンクスをフルに信用するだ!!

さあ 25日は行ける人は最後のえんぎやツアーかhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

今年最後の練習

今日は朝の8時から2008年度、最後の練習

いや アミティ戦への最終調整かな?

昨日は飲み会で、朝がヤバいなーっておもてたけど、意識が高い!!

7時には目が覚めとった。

仕事やったら目は覚めてないやろな

練習には、モッチ、ヒラっちゃん、シュウ、ヤマグチ、オレとベテラン組が来ていたことに、

このアミティ戦の重要性を認識しているんだなと思った。

勝てば西日本1部の中播大会から始まる、2009年は、最高の年になるということを、一度経験してるからな

この1戦は大きいってことや

そして、若手で一人来た!!

プーさんだ!!

Ts3e0343

夜勤帰りに来た。

あれ!!

アレ!!

あれ!!

Ts3e0344

もしや、そのアップシューズは!

忘年会でもらった景品や!!

Ts3e0345

新しすぎてギコチないのがよかった。

プーさんのアップシューズを見てさらに、心和み、気合いが入った瞬間であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

市長旗決勝

今日は、嫁さんの退院で、次男と三男を連れていった。

嫁さんは入院生活でいろんな人と知り合いになり、名残り惜しんでいた。

昼に我が家に帰ってきた4男、普通なら旦那である俺は、家でいろいろしなくてはならないのに、嫁さんが、

「あんた、今日野球の練習やろ……行ってきたら、昨日、ヨシキが見舞いにきてくれた時もゆーとったわ」

と、言ってくれたので、うれしくていってしまった。

今日の練習は、ちょっと無理かなと思っていたので、嫁に感謝!!

そして久し振りに練習

ピッチング練習するも、マサユキから

「今日のピッチングの内容じゃ、絶対やられますよ!」

俺もそう思った。

子供の野球の練習でちょこちょこピッチング練習は、しているのだがどうも右足を上げた瞬間のバランスが悪い

今日もそうだった。

軸足にねばりがない

力が体重移動できてないから、キレも悪い、コントロールも定まらない

足腰が弱ってきてるのかな??

そのまま、日岡球場にプルデンシャルvsアミティの決勝戦を見にいった。

両エースをじっくり観察した。

すばらしかった!!

武者ぶるいがした。

そして、この二人と投げあいたいと強く思った。

久し振りに見た、アミティは個々のレベルは相当高い水準であると感じた。

そして、まったくA級にもひけをとらない、余裕と自信が兼ねそなわっていた。

しかし、クールなんやな

どっか、都会のチームって感じがする。

武南はバリバリ関西球団のノリやから、そこだけは負けてない

よし!

さあ いこか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

西日本軟式1部の決勝

西日本軟式1部の決勝の日程が決まった。

12月28日 10時から神鋼別府グランドである。

なんと、アミティ 神鋼加古川に続き、ソリューションまで勝ちよった。

それも、4-0って圧勝やないか!

そのせいで、23日は、プルデンシャルvsアミティの市長旗決勝が組まれてしまって、

俺らの試合は、年末も年末28日!

それも

俺の大好きな有馬記念の日!(オウケンブルースリー)

それに、球場は決勝戦なのに神鋼別府グランド ……

A級相手にここまで勝ち上がるとは思ってなかった。

協会の方も年末まで、大変ごくろうさんやな

相手は、毎週A級と試合して準備万端や!

この土日、23日個人でもええから、しっかり練習しとこーぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

武南忘年会

昨日は我が野球チームの忘年会。

総勢、22名とほぼメンバー全員出席できたことが、すばらしい!!

無事、楽しき宴会の場でありました。

恒例の成績発表。

打点王  ヨシナガ

Grl_0010

出塁王   マサユキ

Grl_0011

盗塁王  ヨシキ

Grl_0009

ホームラン王 アナン

そして打率王 

2008年度 MVPに輝いたのは……

Grl_0005

かずーーーーーーま!!

今年の、賞レースは若手の総なめでした。

来年の打点王は、マエハタで、

打率王は、モッチぐらいが顔をだしてベテランの意地も見せてもらおう

そして難関は盗塁王……

このタイトルはこれから先、何十年 ヨシキが君臨しそうなで、

ストップザ・ヨシキで、

俺も来年は走る意欲ガンガンみせたる!

走れる投手!

それを目指す!

幹事の方、ごくろうさん

今年も大変豪華な賞品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

忘年会

今日は会社の忘年会でした。

俺は欠席………

俺の自慢は、18年連続 会社の忘年会を欠席せずに参加していることだ。

しかし、今年 連続出場記録が途絶えた。

別に、欠席したからといって、なんら支障はない。

ただ、仕事では大した活躍ができない俺でも、この忘年会では、上司をさしおいて

主役になる。

上司が心配していた。

「おまえがおらんでも盛り上がるかの??」

後輩が言った。

「不安ですわ」

……

……

……

仕事では、言われたことがないような大絶賛です。

明日は武南の忘年会です。

これも15年連続出場記録です。

どんなことがあっても参加してた。

嫁、子供の用事も完全無視。

会社の突発なんてくそくらえです。

明日 もし忘年会に参加できないとゆうことは運命だと思う。

会社の忘年会

武南の忘年会

しゅうへいとのゴルフをすべてキャンセルしなくては、ならない

これは、今年1年 自分の好き放題やってきたことをわからせるためだ!

この四男坊はたいしたやつだ!

俺を試してるのかも…(笑)

 

嫁さんが言った

「明日は、行ってもいいで、なんかあったらタクシーで行くから」

最高に俺を迷わせる抜群の一言である。

生命の誕生は神のみぞ知る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

盗塁編(1993年~2007年)

1位    エビス    131個            

2位    イキ     106個         

3位    ヒラツ     79個         

4位    トクダ     36個

5位    ヨシキ     16個

6位    ヤマグチ   15個

7位    マエハタ   14個

8位    カズマ     11個

9位    モッチ     10個

10位   ケンイチ    9個

11位   はーとん    5個

11位   マサユキ    5個

13位   コウタロウ   3個

13位   シュウ     3個

15位   チュン     1個

15位   プーさん    1個

15位   フジオ     1個

18位   ヤナギダ   0個

軟式野球で、盗塁のないチームは強くありません

4人のスッラガーよりも、2人のスピードースターの方が脅威に感じます。

走るということは、チームを活気つかせる最高のプレイです。

ガンガン走れるチームを!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1993年から2007年の足跡(打点編)

武南15年間の歴史をたどる、第2弾は打点編です。

18位   ふじお    0点   練習の時に打った弾丸のホームランは強烈

17位   ヤナギダ  2点   今年(2008)で、S-ONE戦で代打タイムリーが強烈

16位   ちゅん    2点   2000年市長旗B級 決勝(東播磨球魂会)で左中間タイムリーが強烈

15位   プーさん   4点     なんといっても今年のアミティ戦のホームラン

14位   カズマ    7点      これからドンドン思い出に残る打点を!!

13位   ヨシキ    8点      去年は7打点だがチーム1になり勝負強さも見せた

12位   マサユキ  9点      2007年の松岡建築戦でのレフトスタンドが強烈

11位   はーとん  16点     2004年初打席で、スクイズで打点を決めたのが印象

10位   しゅう    17点     代表するまでチャンスで仕事する5番に君臨していた。

9位   こうたろう  22点     2000年近畿秋季2部決勝、ウインズジャパン戦7回裏奇跡の同点タイムリー

8位   ケンイチ   29点      2003年イノベックス戦 レフトスタンドが強烈

7位   ヤマグチ  40点       2002年播但1回戦(アルマダ) トクダ骨折後に同点タイムリー

6位   モッチ    42点       2001年会長旗1回戦(神戸製鋼)サヨナラヒットが強烈

5位   マエハタ   54点      1999年近畿秋季決勝(神戸グリフィンズ)弾丸レフトスタンドが強烈

4位   ヒラツ    55点     2004年播但決勝(プルデンシャル)戦での3連打の後の初球スクイズ成功が印象

3位   トクダ    85点      初代メンバーです

2位   イキ     87点     武南とは関係ないけど、高3の夏の大会9回の同点打

1位  エビス    136点    目指せ200打点

打点とゆうものは、自分一人でとれるものでない。

次の打者を信頼しつないでいった結果が打点につながる

あたり前のようだが、仲間を信じ、託す!

それに期待に応える!

それが野球のすばらしいチームワークの1つであると思う。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

1993年から2007年までの歴史(打席数編)

武南は設立16年目である。

当初、21歳だった俺自身も37歳になってしまった。

こんだけ長いこと続けたのだから、1993年から2007年(去年)までの歴代の成績を公表していきたいと思います。

15年間で、通算成績は145勝108敗である。

145勝の勝ちよりも、108敗の負けの方が重みがある。

108敗も負けてきたから今がある。

個人通算成績でまず、通算打席数の順位を紹介したい。

これは、最もバッターボックスに立った回数が多いのは誰かである。

長い間 休まず試合に出場した証でもある。

まずは、第19位から……

19位   あきら  (0打席)       あたり前やな

18位   コモっち (13打席)      続くかな??

17位   ふじお  (17打席)      まずはレギュラー獲りやな

16位   ぷーさん (36打席)      交代勤務やからむずかしいな

15位   よしき   (64打席)     今年は一番 打席数多いはずやな

14位   かずま  (69打席)     武南の歴史に残る打席数残してほしいな

13位   ちゅん  (119打席)    むずかしい代打を何年もこなしてきてるな

12位   はーとん (131打席)    1年目はほとんど試合でらんかったもんな

11位   マサユキ (138打席)    打席数は少ないけど、参加率は95%以上やな

10位   しゅう   (167打席)    ここ数年は打席に立ってないからな

9位    こうたろう (214打席)   出場すれば何かやりそう

8位    ケンイチ  (232打席)   入部してから年間の打席数は常にトップクラス

7位    もっち   (319打席)   年々打席数は減ってきたが、まだまだ行けます

6位    ヤマグチ (359打席)   野球素人ながらの、この打席数は立派です。

5位    タダ    (418打席)   地道に打席数はこなしてきました。

4位    トクダ   (420打席)   初代メンバーです。

3位    イキ    (486打席)   2年間のブランクがありながらこの打席数は立派

2位    ヒラツ   (507打席)   常に試合に出場し、1,2番を打ってました。

1位    エビス   (632打席)   ダントツです!!1000打席を目指してほしい

もちろん 長いこと武南メンバーでいる方が上位に食い込んでいます。

ベテランはどこまで、打席数の歴史に名を残すか、

また若手はこの歴代の打席数を何年で、追い抜くことができるか

これかも1打席、1打席大事にしていってもらいたいものです。      

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ルミナリエか日岡球場か

今年もいよいよ年末になり、野球シーズンも終わりに近づいてきた。

今週は武南の忘年会がある。

西日本軟式1部の決勝をやらずして、忘年会になるとは予想もしていなかった。

最近 対戦相手の情報ばかりなってしまうが、今日もアミティは神鋼加古川に5-2で勝ったらしい

四天王と呼ばれる左の本格派を打ち崩しての勝利である。

次週はソリューションとの準決勝を行い

21日か23日に武南vsアミティの決勝が組み込まれる予定らしい

ソリューションに勝てば、アミティは市長旗の決勝もあるので、23日になるだろう

どちらにせよ、今年最大の大一番は、クリスマスイブイブになりそうである。

2008年度の加古川協会のベストゲームは、都市対抗1次決勝のオークラ輸送機vs神鋼ソリューションの試合か、2次決勝のプルデンシャルvs武南の試合かどちらかである。

しかし、西日本軟式1部の決勝はそれを上回るベストゲームになるであろう。

アミティは今年、どのクラス(A級、B1、B2、C級)の中で最も勝利数の多いチームになる。

2008年度のアカデミー賞…

いや、バロンドール……

いや、MVP…

……

……

……

とにかく、最高の年だったに違いない

そしてもし、西日本軟式1部か市長旗のどちらか優勝すれば、A級昇格である。

かつて対戦したチーム中で、武南よりも後に設立したチームでA級まで昇りつめたチームは、ザリガニーズ(現 高井) プルデンシャルの2チームだけである。

アミティが3番目になるのか

阻止できるのか

それは、西日本軟式1部の決勝 武南vsアミティ戦の武南にかかっているのである。

だから、点差や内容など関係なく2008年度 加古川市民が注目する大一番なのである。

年末のこの忙しい中、クリスマスイブイブでルミナリエが、いっぱいになると同時に、日岡球場もこの大一番を人目見ようと、マスコミ、関西独立リーグの関係者、甲子園を夢見る学生達でいっぱいになるであろう!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

2008年の心に残るスポーツシーン

武南メンバーの2008年心に残ったスポーツ場面を聞いてみました。

背番号     名前      ポジション

1       壱岐       ショート・サード・セカンド

・北京オリンピックの男子4×100mリレー (夢はあきらめないと叶うものだと思った。)

3      吉永        ピッチャー・サード・セカンド

・夏高校野球山口大会での下松工の試合(久し振りに母校を見て奮いたった。

4     こうたろう     レフト・ライト

・なし

5    平津        レフト・センター

・北京オリンピックの北島(あのプレッシャーの中で力を発揮できたのがすごい)

6     前畑        サード

・清原の引退試合でのツーベースヒット(時代の流れを感じた)

7     かずま       ショート・キャッチャー

・大相撲の八百長事件(なんでやねん!!)

8     内村        レフト・ライト・セカンド

・北京オリンピックの女子ソフトボール(意地が見えた)

9     阿南       ピッチャー

・アミティ戦のホームラン (とにかく気持ちよかった。)

10     雅之      キャッチャー

・西日本軟式1部の決勝(とにかく勝ちたいから)

17    徳田      ピッチャー

・加古川北高の甲子園出場(衝撃すぎて言葉にでないまだ信じられない)

19    フジオ    レフト・ファースト

・北京オリンピックの男子柔道 内柴正人(日本第1番目の金メダルで、家族愛もよかった。)

20    柳田    ライト・レフト・センター

・なし

22    健一      セカンド

・ボクシング西岡利晃のバンタム級世界チャンピン奪取(一緒に飲んだこともあるし、感慨深い)

23     山口      ファースト

・北京オリンピックの乾恵美ちゃんGrp_0004

25     ヨシキ     センター

・日本シリーズ第7戦 8回 西武の片岡が1球目から盗塁した場面(あの盗塁は一番勇気のいるスタートなので、あの走る自信に感動した。)

27     中倉      ライト

・北京オリンピックのソフトボール上野の3連投(さすがエース)

28     戎      ライト・キャッチャー

・清原の引退試合 (同世代のスーパースターの引退はさみしい)

30    青木     セカンド

なし

0    あきら     サード・レフト

・雅之とカズマがバスケットをしてる姿(自分がバスケットはじめた時を思いださせてくれた。2人から得るものがあった。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

めずらしい訪問者

昨日 我が職場に、武南メンバーのちゅんが、工場見学に来てくれた。

ちゅんの会社で製作されている品物が、どのようにわが職場場で、使用されてるか見に来てくれたのだ。

もっと、ゆっくりできたらいろんなとこ見学させられてあげたのに、時間がなかった。

しかし、会社で会えるとは思ってもなかったので感激である。

これからも、会社からみでよろしくってとこです。

Ts3e0323

しかし、俺のこの作業服は、なんやねん!!

どんな職場や!!

このダサい黄色のゼッケンなんやねん!!

人間標識ちゃうで!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

子供の野球を見なさい

14日も西日本軟式1部の決勝(武南vsアミティ)

の試合は組み込まれてなかった。

13日が忘年会なので、よかった

心おきなく朝まで飲める。

試合は21日か、28日か

どちらにしろ、忙しい年末には違いない

改めて思うことだが、俺は野球が好きなんだろう

野球のすばらしいとこは、精神面が勝敗を大きく左右するところだと思う。

この待たされるのも、毎週 試合があるのも、実際、精神面でどちらが有利なのか答えはわからない

野球は団体プレーであるが、個人の技術で戦う。

チームワークも絶対必要である。

しかし、一人一人の精神面が強いチームが必ず勝つ

それは、自信なのか

集中力なのか

チーム愛なのか

経験なのか

元気なのか

なんなのか、わからない

小学2年生からずーっと野球をしているが、それがわからないからまだやってるのか?

まだまだ、野球が上手くなりたいと思う自分がいる。

長男が、遊び程度であるが、野球をしている。

ちょうど、1年になるが、野球が上手くなりたいというそぶりが、まったくない

ただ、なんかほのぼのと、楽しそうに野球してる。

俺は、それでいいと思って何も言わないが、

「たまには、素振りでもしたら」って言うと

「寒い」

……

……

……

らしい…

父親が、今だに練習をする。

それを毎日見てる 長男は熱が冷めてるみたいだ

野球はヘタクソなんやけど、このスイングは、俺の小学2年生の時と、よく似てるんやけどな………

Img040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

さあ どうする武南

西日本軟式1部の決勝の相手が決まった!

相手ブロック 準決勝 8-1でアミティ勝利!

そのまま、ダブルヘッダーで、市長旗2回戦も、2-0で勝利!

アミティは今週もダブルで、市長旗3回戦 神鋼加古川

会長旗1回戦 オークラ輸送機

どこまで勝つねん!

勝ちすぎやろ!

試合しすぎやろ!

B1何しとんや!

ずーっと待たされる!

強すぎるんか アミティが……

敵は、毎週 ダブルで白熱した試合で年末に向けて盛り上がる。

かたや武南は……

じーっと待つばかり……

待つしかないか…

動かれへんか…

攻め方がわからんのかな…

これは、負け戦…

戦う前から、相手に押されてる

仕方ない、相手は強いからどんどん試合がある。

試合するから、また上手になる。

こーゆう時は、はりきって大将が動くと空回りするんやな

やらされるのは、爆発したパワーはでらん

びっくりするようなやつが動くと盛り上がるのにな

まだまだ武南の若手にそれを期待するのは無理か?

ベテランも忙しくて、野球どころじゃないって感じやな

我慢して待つか …

寒いし……

グランド空いてないし…

年末やし…

出産やし…

気持ちが冷めるな

……

……

……

冷めるか!!

武南!

動け!

天下分け目の大戦やぞ!!

何してええか わからんかったら 武南のユニホーム着て、堂々とアミティの次の試合見に行って金網に顔押し付けて、見とったらアミティの選手がびびりよるわ

それだけでも意味がある。

それだけでも十分や。

それぐらい、この戦いには大きな何かあるはずや!

今年 2回も叩きのめされてんねや

……

……

……

……

……

と 自分でコメントを書きながら、都市対抗が終わったら、自分なりに楽しんで野球をしていきたいって言うとるのに…

この熱さ……

この若さ……

俺は今年 それで辞めた男や

おとなしくしとけ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

またされる大一番

西日本軟式1部の決勝が、12月7日にも組まれてなかった。

対戦相手の アミティが試合数が多すぎて消化しきれないのであろう。

30日の練習もできなくなってしまった。(協会にグランド横取りされた…)

かたや、毎週のように試合が入り、ダブルヘッダーの試合まである。

こちらは、じーっと待つ身である。

どちらがいいかわからないが、とにかく早くしたかった。

決勝まで来てこんなに、長く待たされるとモチベーションを保つのが、むずかしいので、待たされる今年の大一番に向けて、チームメイトの自己紹介でも、明日からしていこうと思う。

そしてマイフォトに今年の思い出に残るシーンを掲載して、気持ちを高めていきたいと思います。

アミティ 武南とあたるまで、全部勝って決勝やろう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

久し振りの再会

日曜の練習試合で、リュウジがイキな計らいをしてくれた。

武南初代メンバーのイワモトを呼んでくれていた。

いろいろあって、ほとんど会わなくなっていた。

野球の話もお互い 避けていた。

しかし 昨日練習試合が終わり、イワモトが俺のとこに武南のユニホームをもってきた。

「いろいろ世話になったな」

といって、ユニホームを俺に渡した。

俺はなんて言うたらいいか、言葉がみつからへんかった。

闘魂に誘われてるから、頑張ってやるらしい。

リュウジは、野村監督みたいなやっちゃ

うちの会社の若手にしろ、武南を辞めた、シゲル イワモトがやる気をだして頑張ろうとしている。

何か心に引っ掛かっていたものが、とれたようなそんな感じである。

本当にあんなに熱く、ケンカごしで武南について、野球について語りあえる人はもういない

イワモッチャンこちらこそ、

「お世話になりました。」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

闘魂との練習試合

昨日はナイターで闘魂と練習試合をした。

もちろん、西日本軟式1部 決勝にそなえての確認事項と、気持ちの高ぶりをかねて、仮想アミティを想定しての、ガチンコ練習試合であったが、なんのことない、闘魂の気迫と実力は今のB1でも十分通用する。

武南の若手も闘魂のメンバー見て、ええ刺激受けたんちゃうかな

内容は、練習試合でありながら、闘魂のメンバーが本当に勝負を意識して、向かってきてくれた為、本当に収穫のある練習試合であった。

この闘魂の気持ち、そして武南に対する敬意に表して、必ず アミティ戦は勝たなくてはいけない

闘魂のメンバーはB1に上がる目標があるのは、武南を倒したいという気持ちがあるのだから、俺達はそれに応えてやるべきである。

決勝に向けて1つすばらしい、練習試合ができたと思う。

あきらが昨日の練習試合で、またひとつレベルアップした、あと何回か経験をつめば、十分戦力になる。

しゅうは、若い時より動きがいい

勝負どこの場面では、代打起用したら何かやってくれそうな気がした。

こうたろうの足は、衰えていない

総力戦で戦う、武南にとって控え組のメンバー達の動きがいいのに、武南のパワーを感じとれた。

こーゆう練習試合なら、何回してもええな

闘魂のメンバーありがとう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

アオキ家

会社で突発があり、帰宅が夜中の23時になった。

しかし、そんな時間から、平っちゃんがアオキ家で飲んでいると聞き、めいわくであるが、俺もいってしまった。

そんな時間にこられたら、絶対迷惑であるはずなのに、いつもながら、アオキ家のおもてなしは、最高である。

本当に、アオキ家、嫁さんには、いつもあまえてしまっている。

最高のアテと、酒を飲みながら、今年の武南を3人で振り返り、さらに来年、レベルアップするために、どうすればよいか、夜中の2時まで、しゃべり続けた。

語った!語りぎた!

最強の武南をつくろーぜ!

そんな、こんなでぐだぐだ話す。

飲んだ。さらに飲んだ!

アオキ家では遠慮なく飲んでしまうのだ!

心地いいのである。

エイコサン夜中に堪忍な!!

たぶんうるさすぎて寝られへんかったやろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

今年の賞品

今年は、誰が首位打者で、打点王も興味あるし、盗塁はやっぱり、よしきかな??

去年はよしきが3冠王やったんで、奮発して、商品はグラコンにしたな。

忘年会まで、間に合うかヒヤヒヤしたのを覚えている。

今年は、誰がどんな商品をもらうのか、楽しみやな

Img038

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

練習試合

11月23日 日曜日 18時からナイターでグランドを予約した。

もちろん 次の西日本軟式1部の決勝戦を見据えての練習試合である。

実は、24日も予約してある。

23日に雨が、降った時の予備日である。

決勝はだいぶん後になりそうだ。

対戦相手になるであろう、アミティが勝ちまくってるから、日程がずれこんでる。

武南もこの大一番に向けて、ボールとバットをにぎりながら、モチベーションを上げていかなくてはならない。

俺もドンドン投げ込みたい!

とりあえず、気を引き締めるために、練習試合の対戦相手は闘魂である。

高砂のA級や、加古川のB2クラスで、練習試合してくれるとこはあるが、勝ち負けに思いっきりこだわってくれるチームでないと、この練習試合は意味がない

それには、闘魂が一番である。

練習試合であろうが、なんであろうが武南を本気で倒したいと思ってくれてるのは、闘魂だろう。

武南は100パーセント負けてはならぬ!

西日本軟式1部の決勝に出場するチームである。

絶対 勝たなければ意味がない

真剣に勝負に挑んでくれるから、練習試合をする意味があり。

そーゆうプレッシャーを感じながらプレーしていくべきだ!

この最後の試合、満足いくものにできるかどうかは、試合までの準備が大事であると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

週末の熱ーい夜

金曜日は、会社関係の人達と、朝からゴルフ。

場所は、播州東洋カントリークラブ。

俺のスコアは、101でいつもどうりやったんやけど、初めて女性の方とまわったんやけど、2人とも、97と98でスクラッチで負けてしまった。

初めて真剣に練習しょーかなって気持ちになった。

その後 飲み会があり、夜中の1時まで、飲んでてまだスナックに行くとゆうので、俺はお断りして、一人ぶらぶらマー坊に立ち寄ったら、LSDのバスケ軍団がたくさんおって、またあーでもない、こーでもないと語りながら、要となおちゃんのVサインを写真にとって帰りました。

Ts3e0308

次の日は、マサユキといっしょに、家の近くの居酒屋にいって、

恋愛とはなんぞや!

結婚とはなんぞや!

とか、付き合いとはどーゆうことか、真剣に語りあい、将来 マサユキが幸せな結婚ができるように、2人でお祈りしながら帰宅するのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

僕の名前はフジオっていいます。

この前の試合、めちゃくちゃやる気ありました。

トクダサンが、

「フジオ こーゆう時は先にアップするんや!! 8時になっとるのに誰も動きださへんやろ無言でアピールするんや 俺はやる気あるぞ!試合出してくれよ!ってな感じや」

恥ずかしかったけど、トクダサンの言うとおりやと思いました。

試合前のアップで、僕見たいなおとなしい選手は、アピールも大事である。

みんなと、おんなじことをしてたんじゃ試合に出してもらえないとおもいます。

スタメン発表がありました。

僕は、控えでした。

しかし、必ずチャンスは来ると思い ベンチ裏で素振りをして準備してました。

しかし、1打席も立つことなくゲームセットでした。

それに、遅刻してきた、ケンイチさんや、ヨシナガさんが試合に出て、僕が出れなかったのが悔しくて仕方ありません。

おとなしい人間はやっぱり試合には、使ってもらえないってことだと思います。

それか、僕が遅刻してきた、ケンイチさんや、ヨシナガさんより技術がだいぶん劣るとゆうことなんでしょうか??

勝ち負けよりも、規律を守る武南であると教わりました。

僕が試合に出るためには、どーすればよいのでしょうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

なんでそこにおれるの??

この前の試合で、赤いユニーホーム着た、B1の監督さんが、武南のベンチに入って、なんやかんや言うてましたけど、そこまで入ってきたらあかんやろ……

サイン知られるとか、そんなん気にせーへんねんけど、ものすごい上から目線が気にいらん

今年 2回負けたけど、1回目は俺、先発ちゃうかって、日岡の1試合目やのに、みんな集合が遅くてイライラした状態で、途中から投げてもたし、

2回目はユニーホーム脱いで、観客になってましたから、ガチンコで勝負したつもりはないねんな

まぁ ダサい負け惜しみ入ってるかもしれんけど、よそさまのチームのベンチに堂々と入ってくる監督さん見て、絶対負けたくないと、思ったな。

今は、俺の今までいろんな強豪とやってきた、経験と自信がなんかパワーになってる。

本間に昨日の勝利は大きい!!

負けるわけにはいかない!

点とられるわけにはいかない!

反則勝ちでも、棄権勝ちでも、何でもいいから、次のアミティと勝負がしたいと言う強い気持ちで投げていた。

どうしても、あの赤い彗星軍団と勝負がしたい

たしかに、強い!

しかし……

武南ってチーム、実力は知らんけど、よそのチームとは迫力はちゃうで!!

監督さんあまり、なれなれしくよそのチームのベンチには、入らないように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日本軟式1部 準決勝

武南vsS-ONEは、4-0で、武南が勝利しました。

前回 だらしない負け方だったので、不安な気持ちであったが、全員勝負に貪欲になっていた。

試合後のミーティングの後、言ったんだが、今日はメンバーほぼ全員そろったのが勝因ではないか!

くさい話だが、ピッチャーしていて、ベンチに控えの選手がたくさんいると、

「ベンチにおるやつに、絶対、侮様なピッチングだけは見せれられない!」

そんな気持ちにさせてくれる。

こうたろうも仕事の合間に、駆け付け、こもっちも闘魂の試合の後、駆け付けた。

試合に出た人間、でなかった人間関係なくこれが武南の野球である。

かずまが4番らしい、仕事をしてくれる。

山口が、チャンスでタイムリーを打った!!

すばらしくいい場面があったが、今日俺が、一番心に残ったプレーは、

吉永がチャンスで、代打にでてきてファーストゴロだったが、全力疾走して、ヘッドスライディングして、アウトになったプレー。

アウトになったが、俺の気持ちを奮い立たすヘッドスライディングやった。

吉永らしくないが、そーゆうプレーが、次のプレーにつながるんだ!

吉永のそーゆう姿が、めっちゃくちゃかっこいいんだ!

とにかく、今日の勝利は大きな意味がある。

決勝まできた。

アミティがA級に上がってしまう前に、武南の牙を見せておく!!

いつも、応援しに来てくれた人!

毎回スコアーをつけてくれた人のためにも、何がなんでも……

県大会にみんなで行きたいと思う。

Ts3e0300

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

気合いのスーツ

今週の試合は負けません!

昨日、えんぎ屋に行ってきましたから

だから、思い切ってプレーしてほしいです。

かずまは、居酒屋ですが、気合い入れ過ぎて、スーツで来ました。

この心意気が大事です。

Ts3e0298

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

かわいそうなB1チーム

西日本軟式1部 準決勝

日時   11月9日(日曜) 10時試合開始

場所   浜の宮グランド

相手   S-ONE

本年度もいよいよ終盤に入り、この試合に負けると今シーズン終了である。

まだ、残り試合のあるB1チームもあるが、現時点での今年の成績を調べた。

1位  アミティ        23勝

2位  S-ONE       11勝

3位  松岡建築ク      9勝

4位  武南エスパルス    8勝

5位  チームニシオカ    7勝

6位  FD加古川       4勝

6位  ガッパイ        4勝

8位  よどクラブ       3勝

9位  喜瀬川         2勝

9位  ノースレジェンド    2勝

11位 翔BBC         1勝

11位 住友播磨        1勝

まだシーズン終わってないとこがあるが、こーゆう結果である。

今週の相手 S-ONEは、きっちり勝ち星を増やしていて、俺が見るかぎりでも2位の実力は十分ある。

堅実な守備力、1・2番の起動力は高いレベルである。

しかし、どーしても勝たなくてはならない

今年中にアミティともう一度、対戦しときたい!

アミティは、今年のB1戦線の中では、ダントツの勝率である。

協会の方に、

「アミティは、B1では負けへんやろ、他とレベルがちゃうわ」と

俺の前で、真面目な顔していいくさった。

「A級に上げたらな、他のB1のチームもかわいそうやしな」

とまで言われた。

おい おっさん

俺 武南ってゆうチームの一員です。

なめるなよ(笑)

だから、どーしても今週 今年度2位のS_-ONEに完全燃焼するのだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よしのぶ

日曜日の試合の時に、チームニシオカの、ヨシノブがわざわざ一人で、試合を見に来てくれた。

都市対抗の2次の決勝戦も見にきてくれてた。

ヨシノブいわく、武南を倒すための偵察らしい(笑)

さすが俺の生粋の後輩や!!

最近 メールもよくくれる。

ヨシノブは加古川南の野球部で、俺にとってはめちゃくちゃ気になる後輩である。

敵のチームだが、なんか若い時の自分とかぶる(笑)

熱いし、野球好きやし、負けずぎらいやし、いつも口癖が、

「武南に絶対負けたくないっすわ!!」で、

「とにかく武南と試合がしたいっすわ!!」と常に言ってる。

とにかく 俺とおんなじニオイがぷんぷんするし、たぶんニシオカも、ヨシノブあたりが引っ張りだすと、熱い活気のあるチームになるのはまちがいない

将来 楽しみなチームである。

いつも 俺に対抗意識を燃やしてくれて、熱い気持ちをぶつけてくる、ヨシノブが俺は好きである。

いつまでも、武南や俺に対抗意識を燃やしてもらえる、そんなチームであり、ピッチャーでありたいと思う。

武南でゆーたら、ヨシノブと同級生は、吉永やな

吉永!ヨシノブになめられるなよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

チームメイト

この前の試合で、ちょっと残念だったことは、心からチームメイトを信じたり、監督に対する服従する部分が、欠けている選手が何人かいるということである。

サインがでても、バッターを信用していない、ベンチを信用していないだから自分の判断でプレーしてしまう。

それを一人が、やってしまうと選手同士が信用しきれなくなる。

監督がだす指示は絶対なのである。

それを信用できない選手、またはサインミスをする選手は交代するべきである

俺は、それが試合の中では、最低のルールだと思っている。

たいした実力もないチームがここまでやってこれているのは、仲間を信じるその気持ちだけでやってきたんじゃないだろうか。

今週も試合がある、そこの部分を修正して、一致団結しなくては勝ち目はない

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

市長旗A級1回戦

1-7で敗れる!!

今日は、新人あきらのデビュー戦でした。

試合前少し緊張した面持ち

Img_5776

あきらは武南の中でも一番、ええ声だす!!

俺が待ち望んでいたタイプの選手、これから力を抜いて楽しんで野球を覚えていってもらいたい。

久し振りに彼女軍団勢ぞろい!

俺がカメラを向けると、嫌がる女の子達ですが、今日は笑顔ふりまいてくれました。

Img_5778_2 しかし、今日は散々な試合、これじゃわざわざ休みの日に、応援しにくる気持ちなくなるわな………

これに懲りずにまた応援しに来てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

3オン3

今日はバスケの3オン3の大会に、マサユキが出場していると聞いて見にいった。

なんか知らんけど、めっちゃイキってたhappy01

バスケットマンになってた。basketball

結構 上手いし、さまになってた。

Img_5775

そーいえば 昔、加古川であった3オン3の大会に、俺とエビスと平っチャンと出場して、3位になった。

快挙であった。

平っちゃんが、必ず俺のとこにスクリーンにくる。

それで、俺がドリブルして中に入る。

エビスがポストでマークを外して、俺がエビスにパスをだす。

エビスがシュートをうつ。

90%こればっかりして、ドンドン勝ち進んだ。

技術があったわけじゃない

あったのは、3人とも負けん気の強さと、自分の役割を徹底したこと。

全員がシューターじゃなくてもいい

野球も同じだ。

全員がパワフルヒッターじゃなくていい

いろんな役割があって、それを理解し、それを全うすれば、個人の技術が少し劣っていようが、チーム力はアップするんだと言うことを久し振りに、マサユキの3オン3の試合を見て昔を思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

しびれるクリーンアップ

巨人がセリーグの優勝を決めた!

優勝した瞬間、普通のレギュラーシーズンで勝ったような喜び方やった。

ベンチから飛び出すわけじゃなく、キャッチャーがマウンドに駆け寄るわけでもなく、

マウンド上で抱き合うこともせず

普通に、ハイタッチで終わりよった。

一応 胴上げはしよったけど…

もっと、喜べよ!!

もっと、マウンドに走っていけよ!

その瞬間がファンは見たいんちゃうんかな

子供のようにマウンド上で抱き合って喜んでくれよ

プロなんやから、お客 喜ばすパフォーマンスせなあかんわ

武南なんか、誰も見てなかっても 甲子園の優勝見たいにマウンド上に走りいくパフォーマンスするのに…(優勝が少ないからか)

俺はやっぱり、巨人は好きになられへん

親父の影響が大きいんやけど、それがなかっても嫌いやと思う。

優勝は、お金で買えるってことが、子供らになんとなくわかってまう

チーム愛が大事やってこと、伝えにくい

さみしいけど…

やっぱクリーンアップには、せめて高橋由ぐらいは、おってくれなあかんな

小笠原・ラミレス・イースンヨプはめっちゃすばらしいクリーンアップやけど、ちゃうな

阪神のクリーンアップも似たようなもんやから、あんまり好きになられへん

あんまり知らんけど、V9時代の王・長嶋・高田のクリーンアップ

俺らの時代の、クロマティ・原・吉村のクリーンアップ

にくたらしかったけど、巨人って感じやった。

FAとメジャーのせいやからしゃーない

時代の流れやな…

阪神のバース・掛布・岡田

巨人のクロマティ・原・吉村

ヤクルトの池山・広沢・古田

広島の前田・江藤・金本

西武の秋山・清原・デストラーデ

そんな生え抜きで固めた、しびれるクリーンアップはシブかった!!

またそんなチームがでてきてほしいな

武南のクリーンアップは??

戎・カズマ・吉永??

壱岐・カズマ・戎??

吉永・カズマ・雅之??

柳田・カズマ・フジオ???????????

なんせ、加古川NO1しびれるクリーンアップに成長してください!!

忘れとった!!

10年前は、前畑・戎・青木!!

これが最強のクリーンアップやったな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

ゴルフの練習

今週末 会社のゴルフコンペに行くので、久し振りに、ゴルフの練習しにいった。

練習場にいったら、5~6人知ってる人がおって、結構楽しかった。

武南に関わりのある人も何人かおったし、武南杯したら盛り上がるんちゃうかな

近くに女性で、キレイなフォームで打つ人がいたので、かってに写真撮ってしまいました。

Ts3e0285

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

西日本軟式1部の優勝

昨日の勝利で、西日本の優勝まであと2つ!

そして喜瀬川とは対戦成績が、3勝3敗1分と五分になった。

初めて、あんな大差で勝利したと思う。

この勢いを消さずにいきたい

次戦は、S-ONE

決勝はおそらくアミティだろうと思う。

この2戦、今年の集大成として全力で勝負したい!

そして来春の中播大会で、武南歴史上2回目の県大会出場を目指す。

そのためには、投手であるおれが、S-ONEや、アミティの若いエースに投げ負けてはいけない

なんとか、アミティには今年中にカリをかえしたい!!

また試合間隔が空くので、武南チャリティー紅白戦を計画したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

生野から力強い応援

西日本軟式1部 2回戦 対、喜瀬川戦

8-0で勝利!

今日は誰がどうとかじゃなく、全員が集中してそれぞれに、持ち味を発揮したと思う。

しっかりと地に足をつけて、自分達の野球はどーすれば勝てるのか

そこを理解すれば、こーゆう試合ができるのだと思う。

しかし、今日は試合前から俺は、めちゃくちゃテンションが上がった!!

なんと……!!

北垣兄弟の、お父さんと、お母さんがわざわざ生野から見に来てくれたのである。

Ts3e0283

北垣兄弟のお父さんは野球をよく知っている。

いつも試合終わった後 俺のピッチングに対してしびれるとこを総評してくれる。

今日も 一番よかった事は無四球だと自分では思っていた。

試合前に、マサユキから、

「トクダサン今日は、ドンドンストライクとってテンポよくいきましょう」って言われていたので、

コースよりもまずは低めに投げて打たせること、ファーボールをださないこと、それだけ注意していたので、その無四球だったことを、お父さんに評価してもらったことがすごくうれしかった。

本当にいいとこ見てくれる野球をよく知ってはる。

お母さんは、ほんまに綺麗な方である

わざわざ生野から来ていただいているので、お母さんまだまだ武南頑張ってますよってとこ、めちゃくちゃ見てもらいたかった。

初めて見に来ていただいたのも、この西日本軟式1部の県大会ちゃうかったかな?

北垣兄弟も今日はよう頑張ってくれた。

兄貴はすばらしいエンドランを見せてくれた!

あれが、ケンイチのすばらしいとこで、派手な風に見られがちだが、チーム1の堅実なバッティングをしてくれる。

マサユキのレフトオーバータイムリーは、チームに勢いをつけてくれた。

マサユキは今、武南の中では一番勝負に対して、熱い男ちゃうかな

また お父さん、お母さんに武南の試合が見に行きたいと思ってもらえるように、これからも成長していきます!!

ほんとうに、応援ありがとうございました。

ビールもありがとうございました。

今日は応援来ていただいたおかげで、さらにこの西日本軟式1部の優勝をとりにいきたくなりました。

Ts3e0284

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

所内ソフトボール大会

俺はどーしても自分の会社の上司が好きになれへん。

まあ たいがい会社の上司なんて好かれるもんじゃないけど、どちらかというと体育会系のノリで怒られると、やる気がでるんやけど、嫁さんの愚痴みたいな怒り方をする方ばかりなので、まったくあかん…

しかし、自分の職場は大好きなのです。

職場愛はめちゃくちゃある!!

なんせ自分の職場が一番過酷な場所で、他の職場よりも、体力・知力・忍耐力が一番いる職場だと思ってるのである。

だからそれを証明するためには、遊びのレクリエーションでも常に我が職場が、チームワークも、運動能力も、パワーも、熱さも一番であることを証明するために優勝して、アピールするんだと、若手には常々言ってある。

とにかく職場対抗のレクリエーションをものすごく熱く、楽しく、職場愛をもってやろうと若手にハッパかけながら取り組んでいるのだ

今日はそのひとつの、所内ソフトボール大会でした。

とにかく、職場愛をもって真剣に勝ちにこだわってやるぞ!

と、気合い入れていきました。

しかし、なんと1回戦の相手は、 去年の優勝チーム!

みたら、みんな若いし、体でかいし、野球経験者ばっかりやし、神戸国際のユニホーム着てる子が、2,3人おるし、見ただけでセンスある子ばっかし、試合前から意気消沈ムード…

これはマズイと思い試合前に、ミーティングした。

「相手のは弱点は一つだけ、油断や!!」

「とにかく先に何でもええから、我武者羅に点とりにいったら、相手があわてよる」

「そこから、我慢して時間かせぎして逃げ切りや!!」

しかし、4回終わって、1-8

もうほとんど、あきらめムード…

相手はエラーしてくれない

守備は抜群

手のうちようがない

そこで、なかばあきらめムードの中

チーム1の元気者をピッチャーにした!

そのピッチャーが、1-8で負けてるのに、闘志むきだしにして投げた!

相手の強力打線を0点に抑えたら、その瞬間チームのムードが一瞬明るくなった。

すると、なんか勢いづいてもて、6回に4点、最終回に3点とって、引き分けになり、ジャンケンゲームで勝ってしまった!!

奇跡の大逆転勝利である。

去年ぶっちぎりの優勝チームに勝ってもた!!!

遊びのレクである。

しかし、学んだことがあった!

やっぱりピッチャーなんだ!

ピッチャーにハートがあって、技術があって、負けてないという気持ちがあれば、野球とゆうスポーツは、格上の相手でも負かすことができるのだ!

たぶんこの大番狂わせで、わが職場のチームが優勝するだろう。

今日は遊びの中ですばらしい体験をさせてもらってよかった。

なにを隠そう、その途中から出場したわが職場のピッチャーは、俺だ!!

これを自画自賛という!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

武南チャリティー紅白戦パート2

紅白戦の結果は、Aチーム対Bチームは、3-3とゆう引き分けに終わった。

Aチームの先発は、

ピッチャー   徳田  (武南)

キャッチャー 宮崎  (ルーキーズ)

ファースト   フジオ (武南)

セカンド    ユタカ (LSD)

サード     ツツミ (闘魂)

ショート    青木  (武南)

レフト     林   (闘魂)

センター   ヨシキ (武南)

ライト     島中  (元ガナドール)

途中出場

ピッチャー 吉永  (武南)  

ライト    ガイチ (LSD)

レフト    アキラ (武南)

代打    川西さん(伽羅)

で、

Bチームのスタメンは、

ピッチャー   阿南  (武南)

キャッチャー 井上  (闘魂)

ファースト   竜次  (闘魂)

セカンド    健一  (武南)

サード     山本  (闘魂)

ショート    しょうた (闘魂)

レフト     もっち  (武南)

センター   つつい  (闘魂)

ライト     太郎   (別府中)

途中出場  

ライト    藤沢  (神鋼)

監督    山口  (武南)

とゆう普段なかなか集まらないメンバーの紅白戦であったが、緊迫したナイスゲームであった。

Aチームの打撃の方では、宮崎2安打、島中2安打と元B1選手の活躍で3点とる。

Bチームの方では、俺が、中学生の太郎に完璧に打たれてしまう。

Aチームは徳田ー吉永ーつつみの必勝リレーでいくが、2番手の吉永がコントロールをみだす。

本人は打たれてないし、エラーで得点されたと思っているだろが、こうゆう試合こそ、打たせれるピッチングをしてもらわないと困る。

次の看板を背負うエースになるのだから、遊び心ができるぐらいの投手になってもらいたい。

最後は闘魂のつつみが、しっかり押さえてくれた。

Bチームの投手リレーは、阿南ー太郎ー竜次の世代を超えた夢の投手リレーである。

それぞれが持ち味をだしてくれた。

とくに圧巻は、2番手の太郎であった。

4.5.6回をぴしゃりと抑える。

武南の攻撃の中心、健一、イキ、カズマ、エビス、ヨシキ、吉永といったメンバーと太郎の対決が見たかったが、3年後に楽しみにとっておきたい。

まちがいなくMVPは中学生の太郎である。

闘魂のメンバーもたくさん来てくれてうれしかった。

確実に闘魂のメンバーはレベルがあがっていると感じた。

LSDは、ユタカを中心にさすが、エンターテイナー集団である。

元気と盛り上げ方は、あきら筆頭にかかせない存在である。

しゅうへい、要もきとったから、出場させたろか思いよったけど、また今度やな

野球のレベルは…

まあ 武南vsLSDの対決は難しいか(笑)

とにかく、いろんな対戦があり楽しかった。

また、第2回、3回といろんなメンバー呼んで開催したいと思う。

一人うっとうしい、うちの親父がいたので、じっとしてもらうために、次は審判してもらいます。

いつも緊張した中、試合をしてる武南であるが、野球の楽しさを味わえたことが何よりである。

今週はこの楽しくやる雰囲気を忘れず、我武者羅に勝利をつかみに行きたいと思う。

Img_5748

*紅白戦の写真をマイフォトに掲載してます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

武南チャリティー紅白戦

今日は武南チャリティー紅白戦を行いました。

闘魂・LSD・その他多数のメンバーが参加してくれて盛大に盛り上がりました。

LSD・闘魂のメンバー頑張ってくれましたが、今日のMVPは中学生の太郎です。

また、武南チャリティー紅白戦を企画したいと思います。

Img_5697

ミッコ、ユカ、チアキ、エイカ、あきちゃん、姫、なおちゃん、女性の方も応援ありがとうございました。

また次回、やりたいと思います。

Img_5726

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

都市対抗

都市対抗加古川予選で、共に闘って敗れた、オークラとプルデンシャルが加古川代表で頑張ってくれた。

オークラも、プルデンシャルも1回戦は、どちらも優勝候補であった。

オークラは、おしくも0-1で敗れたが、プルデンシャルは2-1で勝ち上がり、2回戦も1-0でベスト8までいったが、グローリーに負けてしまったらしい

オークラもプルデンシャルも選手達は、満足してないだろうが 加古川のレベルの高さを証明してくれたんじゃないだろうか!!

応援にいった、ケンイチもマサユキもレベルの高さに興奮してたし、ヨシキも3試合とも出場させてもらい、とにかく楽しかったし、レベルが高いのに圧倒されたと言っていた。

初めての我チームからの都市対抗出場!!

ほんまに、武南の看板背負って頑張ってきてくれて、ありがとうと言ってあげたい!!

それから、武南から補強選手を選出してもらい、貴重な経験をさせてもらった、プルデンシャルの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

また来年の都市対抗も、A級や、B1の強敵と対抗にぶつかりあって、武南旋風を巻き起こすために、精進していきたい。

Img_5361

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

楽しく真剣に勝負

なんとなく、みんなでワイワイ野球ができたらなと思い、13日の18時から21時までカンネツのグランド(ナイター)を借りました。

13日は、祭りやなんやらで忙しいみたいなんやけど、武南関係なく野球がしたい人集まって、紅白戦がしたいなと思います。

ちょっと武南のメンバーが少ないので、他のチームの方を誘いますが、できたらこのブログを見てる方に来ていただきたいなと思います。

まじ 暇な方、運動したい方、中学生、未経験者関係なくきてもらい、熱い真剣勝負を2時間やって酒のアテにしたいと思います。

まず 赤組の先発は、もちろん俺です。

白組の先発は阿南です。

両チームの先発は、武南の新旧 投手対決で幕あけします。

俺は3回 9者連続三振をやってみせます。

なんせ今のとこ来るメンバーが、武南、闘魂、LSDと絶対打たれない自信があるメンバー

ばっかしだから( ̄ー ̄)ニヤリ

負けチームにはもちろん罰金いただきます。

まだまだ人が少ないので、ドンドン来て下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

よしき壮行会

闘魂のリュウジや、ソリューションのショウタ、期待の新人、アキラも参戦してくれて、みんな言いたい放題言いながら、壮行会が開催され、よしきも思いっ切って、都市対抗で、暴れてくれるでしょう!!

そして我が武南も、今週の喜瀬川戦に向けて、気持ち高める会になりました。

来年、春の中播大会出場目指して!!

Ts3e0271

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

10月の予定

10月2日 7時~  えんぎ屋 (よしき、都市対抗出場壮行会) 武南初の、都市対抗選手になるよしきを盛り上げる会。

10月5日(日曜日)    西日本軟式1部 2回戦

神鋼別府グランド

13時・試合開始

対戦相手  喜瀬川

今年 あまり目立った活躍のなかった喜瀬川であるが、ガッパイに2-1で接戦を勝ち上がっての2回戦である。

こーゆう勝ち方は勢いがでる。

今年 1度対戦したが、0-0の抽選勝ちであった。

もともと試合巧者のチームであり、野球が上手なチームである。

武南 vs 喜瀬川 好ゲームになると確信した。

この西日本軟式1部の大会は、是が非でも全員野球で、タイトルをとりに行きたいと思っている。

ベテラン組がなかなか試合に参加できないみたいだが、ここは若いパワーでドンドン、アグレッシブな野球を目指していける。

やはり勝って、日曜日に野球の試合があるというだけで、充実した1週間になるし、早く日曜日が来てほしいと思う。

ええ大人の野球バカである。

さあ2日、武南のメンバーはもちろん、野球の話がしたい人、来年の旅行の話がしたい人、よしきを都市対抗で応援したい人、誰でもええからみんなえんぎ屋に集まれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

西日本軟式1部 1回戦 対 松岡

4-0で勝利!

とにかく強豪の松岡に勝てたことは、価値がある。

今日の攻撃の最大のポイントは1回裏 ツーアウトから2点とったことである。

とくに4番のかずまが、目の覚めるような左中間タイムリー!!

かずまには、常々言ってたことが、4番は初回のチャンスにこたえろ

であった。

見事に4番の責任を果たし、素晴らしいバッティングであった。

あとは守備の面で助けられた。

①こもっちのヒット性のライトフライを判断よく捕殺してくれた。

②センター前に抜ける痛烈な当たりをかずまが、さりげなくダブルプレーしてくれた。

③左中間どまん中に打たれた当たりを、よしきがツーベースで抑えてくれた、反応とスピード

どれも、レベルの高い守備力であった。

こーゆうプレーが、あったからこそ完封できたのであろう。

今日は、なんとなくどっしり腰をすえて野球ができたような感じがするのは、マサユキがキャッチャーしたことが、大きいかもしれない

そして、俺の今日の一番奮い立たせてくれたことは、タロウが武南の試合を見にきてくれたことかな

これから、高校にいって真剣に野球をするやつの前で、侮様なピッチングは見せられない!

その気持ちが冷静になおかつ、気合いを入れさせてくれた。

連れてきたヤマグチには感謝したい!

Ts3e0270

次の試合も10月5日にある、なんとか武南は頑張ってますってとこをこの西日本軟式1部の大会で見せたい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

西日本軟式1部 1回戦

11月28日(日曜日)

11時30分試合開始

浜の宮グランド

対戦相手  松岡建築クラブ

いよいよ 残す大会は2大会となった。

最後の本気の真剣勝負は、この西日本1部の大会が最後になるんかな??

都市対抗の予選が終わり、そのあとは楽しんで野球をしたい。

勝ち負けよりも、真剣な野球がまだできる!そこを、かみしめながら、野球ができればいいなと思っていた。

そうしないと、しんどかったし、野球が楽しくなくなるんじゃないかと思ってた。

自分の実力も衰えてきてるんちゃうかって言う逃げもあった。

昨日 武南のメンバーで飲んだ。

毎回 熱くなり、同じ話を何度もする。

何度も、何度も同じ話を俺たちはしている。

バカです。

しかし、昨日の飲み会はなんか違った。

考え方は違うけれど、強くなりたい!その気持ちが、我がチームにはあふれているんだなと痛感した。

今はそんなに強くないけど、いつか強くなりたい!

その気持ちが強いんだなと…

若いやつに言われた

「小学生から、高校までずーっと野球をしてて、今が一番楽しいです」

「○○さんに惚れて武南に入ったから、その気持ち忘れたないっすわ」

そんなん聞いたら、自分だけ楽しんで野球できたらええわ、なんて気持ちにはなられへん

やっぱり、楽しむってのは必死に何かを追い続けて得るもので、無理やり楽しんでやろうとしてもだめ

ただ、変なプレッシャーから開放されたい、そう思ってるだけや

歳はやっぱり関係ない。

過去は酒のアテでいい。

俺は未来、次の試合、これからの試合 勝つためにやはり野球を、ピッチャーを、背負って、するべきなんかなーって強く思った。

松岡戦はほんまに楽しんでやりたかったんやけど、気持ちガンガンだしていこうか!!

負けたくないしな、相手もそう思ってやってるからおもろいんやな

が、しかしうちのチームは、勝っても負けても飲み会が多すぎる!!

次回からの、えんぎ屋の飲み会は辞退させてもらいますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

若さの秘訣

タロウママと、タツヤママと、未来の高校球児、そして未来の武南をしょって立つ男、タロウとタツヤも一緒に食事しました。

しかし、タロウママもタツヤママも若い!!

肌もきれいし、元気ある!

決して中学3年と2年の母親には見えませぬw(゚o゚)w

若さの秘訣を聞くの忘れてた。

けど、一緒に飲んで最高におもろかった!

2人と会って思ったけど、

若さの秘訣は、しゃべることと、子供と一緒に夢を追いかけることやな!

20080922_pap_0268

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

次の対戦相手

浜の宮グランドに行った。

松岡建築vsアミティ戦の試合を見に行った。

松岡が負けると、28日に試合が入るので、それも気になってたから…

アミティが勝った!!

レベルの高い投手戦であった。

俺は、投手としては、現時点では、完全に負けてるな…っと正直感じた。

松岡もアミティの投手も若いから、ドンドン成長してる。

なかなか打てんやろな…

まあでも、ええ刺激になった。

「まだ、若いやつにはあっさり負けを認めたくない!」

「何かせんと負ける!」

いろんな事を感じて、イメージトレーニングにもなった。

しかし、アミティも松岡も強いわ…

武南もようB1の舞台で頑張ってるなと、今日の試合を見て感じた。

今更やけど……

しかし、武南は強くなるわ!!(o^-^o)

やっぱり熱いな

誘った訳やないけど、俺とおんなじように、真剣に試合を見にきとるメンバーがおるんやから!!

俺は、そんな若いやつがおるチーム好きやな!

たぶん心の中で強いなぁ~って見てたんかもしれんけど、

絶対勝ったるって顔して見てた!!

俺も若い時は、100%そう思いながら見てたからな( ̄ー ̄)ニヤリ

Ts3e0263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘魂の土曜日大会

昨日は、闘魂の親善大会(土曜日大会)の応援にいった。

めちゃくちゃ熱かったけど、リュウジが汗ダラダラ流しながら、気合いで完投して4-2で勝ち、3回戦進出である。

俺も采配させてもろたんやけど、めちゃくちゃ楽しかった。

人数が少なくて大変そうやけど、ピッチャーが必死になって投げる姿と、キャプテン(てっちゃん)が必死になってチームをまとめようとする姿だけで、応援したくなる。

来週の土曜日もぜひ頑張って、この大会を無駄にしてほしくないな

しかし、4番 ぐっちゃん!!なんか、かっこよかったな(o^-^o)

Img_5590

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

まだ動けるやないですか!!

この前の試合で、久し振りにスタメンで、こうたろうと、しゅうが出場した。

37歳にして、なかなか出番のない2人であるが、何回か守備をみさせてもらったが、まだまだ動けるじゃないですか!!

ドタバタした感じじゃなく、動きも若々しかったです。

バッティングは、振りのスピードは衰えてないけど、反応が鈍かったです(笑)

慣れたらいけそうやね( ̄ー ̄)ニヤリ

085

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

都市対抗 中播大会

高砂球場で、都市対抗の中播大会があり、見事加古川代表のプルデンシャルが、代表の権利を勝ち取った。

何よりも気になったのが、武南初の補強選手でいってるよしきの存在!

とにかく、よしきが、武南のほんわかした雰囲気に慣れてしまってるから、レベルの高い野球に戸惑わへんか、気になった。

よう頑張ってたんちゃうかな

監督に認めてもらって、少しでも勝ちに貢献できるプレーしてほしいと思う。

これから都市対抗までいろんな事を吸収してレベルアップしてほしい。

武南も試合があったが……

う~ん

ほんまに微妙なチームや(笑)

2点とられて、3点とりかえした。

また、3点とられて、最終回2点とって、5-5になり抽選で負けた。

いろいろ細かい事は、修正しないとせっかく都市対抗で、いい雰囲気までチーム状態よくなったのに、また1からやり直しみたいな感じやな。

やっぱり野球にはセオリーとゆうのはすごく大事なことで、そっからの応用はすばらしいけど…

武南にそんな細かいことしたら逆効果かな…

むずかしいとこやな 気持ちで成り上がってきたチームやからな

3点目とってノーアウト2塁から、こもっちが三盗してアウトになった。

めちゃくちゃ痛かった……

あそこは、確実にもう1点とりにいくことだけを考えていた。

よしきが凡打しても、ワンアウトから山口にバントしてもらう予定やった。

そこまで大事に1点とりにいこうと考えてた矢先の出来事やった。

「なんで走ったんや!」

って聞いたら、「左ピッチャーやから、3盗は盗みやすいし、走りやすいからです。」

っていいよった。

なるほど、

その通り……

しかし なんと軽いスチールなんや、この次の1点の重みが全然分かってなかった。

全然、ワンマンプレーになってしまってる。

しかし、あそこで走ってしまうのは、ベンチの責任もあるな…

ベンチの出すサインを全員が信頼しきってない!

こもっちを真剣に怒る気になれへんかった。

試合にでてないから、アピールもしたかったんやろう

ベンチを信頼できない選手と、軽くサインを見てる選手と、野球をよくしらん選手がまだまだ、たくさんいるってことやなっと采配してて強く感じた。

朝 プルデンシャルの試合を初めてあんな近くから真剣に見させてもって、思ったことは、指揮官がしっかりしていて、采配を信頼しきっている。それを選手が着実に役割をこなす!

それを選手達は楽しんでいる。

ただヒット打った!

盗塁した!

ファインプレーした!

で盛り上がる楽しさも、武南らしくていいが…

まあえっか…

あんま細かいこと言わんとこ…

ただ采配してる人間に対して、文句いったり、忠告したりしてる人間がいるということを初めて気がついたのでこれは、あかんな

選手は黙って、指揮官のサインを着実にこなすことだけを考えよう。

愚痴や意見は後のミーティングで話するべきやな

試合中のごちゃごちゃ言うとんのは、ほんまにうざい

とにかく次の大会までにもう一度足元固めて、役割分担していかんと楽しい野球はでけへん!

あかん また野球の話ながながと書いてる…

俺も采配なんかしとる場合ちゃうのにな…

投手に専念せな!

はーとん、もうちょっと頑張ってくれよ!

ぷーさんは何しとんや???

健一ちゃんと投手の新戦力考えてるのか??

もうベンチおる方が疲れるから、次は投げるわ(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

次期エース

暗くてわかりづらかったけど、はーとん??

Ts3e0258

日曜、彼女のためにもいいピッチングしてよ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

播但選抜選手権

都市対抗の余韻も冷めやまむ間もなく、播但選抜選手権が今週の日曜から始まる。

浜の宮グランド  15時45分試合開始

この都市対抗で正直に思ったことは、心から頼れる心の投手がもう一人いるなってことである。

やっぱり野球はバッテリーが重要だと思う。

俺はまだまだ投げるけど、チームメイトがもっと楽しんで野球をしてもらうためには、17番を超す投手が、でてこなくてはならない。

17番がまだ頼りなるようなチームでは、オチオチ楽しんで野球なんてできない!

そーゆう意味でも、この播但は、ヨシナガとプーさんがガンガン投げて経験も積み、信頼も得る大会になってほしい

やはり投手は実践で投げることが一番のレベルアップにつながる。

ヨシナガには、制球力!

プーさんには、スタミナと変化球の安定感

このへんを課題にして、この播但を勝ち進んでいきたい

せっかく都市対抗で、いい野球をして、何かチームも大きな力を得たのだから、ここで負けてしまっては、なんの意味もなくなってしまう。

2人には厳しいかもしれないが、そこは期待されてると思い精進してもらいたい。

さあ今週は、武南だけでなく各地で、それぞれの戦いがある。

13日は闘魂が親善大会の初戦である。(闘魂のメンバー応援ありがとさん)

14日は、もちろん武南の播但選抜選手権の初戦。

よしきが出場する都市対抗の中播大会(高砂球場・10時)

闘魂の市長旗C級大会

長男の所属する少年団の校区大会(長男はまったく試合とは無縁ですが…)

14日は大忙しやな

15日は姫路でLSDのバスケの試合(LSの関係者の方々応援ありがとう。)

うーん…

あれ?

ほんまにゆっくり家族サービスでけへんぞ……

長男・次男・三男!父親がいなくとも、楽しい休日を過ごすのだ!

我が家では、めったにでない食後のデザート

桃の缶詰に感動して、礼をする3兄弟である。

Ts3e0245

ありがたや~ ありがたや~とつぶやく次男であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ヨシキの挑戦

都市対抗の補強選手に、ヨシキが選ばれた。

16年間の武南の歴史の中で初めてである。

すげぇ!!

この補強は、非常に価値ある名誉である。

プルデンシャルは都市対抗の常連である。

勝ちを目指してるチームである。

その意識高いチームから、ランクした(B1級)のチームから補強選手を選出した。

ヨシキが、加古川でもトップクラスの選手であるとゆうことが、認められたことである。

ほんまにうれしい!

凄いメンバーの中に入るのだから、出場機会があるかわからへんけど、めいいっぱい武南20人の魂を背負って楽しんできてほしいな。

中播大会(9/14 高砂球場 10時30分試合開始)を制するのはむずかしいと思うが、必ずプルデンシャルの勝負強さを見せてくれるはず!

必ず 応援に行くから、俺が夢にまでみた都市対抗の舞台を勝ちとってくれよ!

武南での都市対抗は終わったけど、ヨシキが応援とゆう楽しみつくってくれた(泣)

俺がドキドキするやんけ!

見せたれ、スピードスターを!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

決勝戦の舞台裏

試合に入る前に、楽にいこう、ここまできたんやから、楽しんでやろうそーゆう気持ち満載やった。

しかし、相手投手を見た時に、気合いフルスロットルになってもた!

1回の攻防が終わり、ベンチ裏で休んでいたら、よしきが、

「トクダサン楽にいきましょう!バックは俺らが守りますんで!!」

って言われて

「そんなんよしきが言うてくれるんや」

ってちょっと感動!

イキの内野ゴロで、かずまが気合いのホームイン!

ヤマグチの内野ゴロでさらに追加点。

4回裏終わって2-0で武南が勝ってる!!

とくに4回までは、LSDのメンバーふくめた応援団が、何回も

「気合いやで、気待ちやで、」というのを聞いて、気持ち奮いたった!

リクマの「おっちゃんがんばって!」には心癒された(笑)

絶対負けられへん!

2点とってくれた!

こんな応援しにきてくれてる人がいる!

なんとしても、都市対抗にいくんや!

その気持ちで投げてた!

5回の攻撃で、俺がツーベース打って、バントで3塁まで進んだ!

たぶんこの場面が最大のヤマ場やったかもしれへんな!

ヨシナガは初球から打った。

何の問題もない。

ベンチからの・マテ・のサインがでてなければ、あそこは迷わず打てである。

迷ったら負ける。

もしベンチが動きたかったなら、明確に・マテ・のサインを出していただろ。

ツーアウト3塁になった。

エビスの当たりは、ファースト後方の難しい当たりだった。

「よっしゃ!」

と思った瞬間、セカンドが大ファインプレーした。

あれは、ほんまに超ビックプレーである。

すばらしい執念のプレーであった。

もしあれが、落ちていれば…

俺が3点目のホームをあそこで踏んでいれば……

次の回、自分でもわかるぐらい体力が消耗していた。

なぜもっとベンチで,時間かけて休憩をとらなかったのか、

審判の方に「ピッチャー急いで!」って言われるまで,ずるがしこく休んでいなければならなかった。

武南が勝っていたのだから。

呼吸も安定してない…

足元がふらついてる…

間をとらなければならなかった。

足腰にねばりがないのと、呼吸が荒れているので集中できてない…

案の定、先頭打者ファーボールである。

「やばい…」

相手が勝負をかけてきた。

1塁ランナー交代した。2点差やのに、めちゃくちゃリードしてる!!

「なんでや??」

あのリードの大きさやったら、俺の牽制でアウトとれるんちゃうか!

とにかく、はやくなんでもいいから、アウト1つとりたかった。

相手のしかける罠にドンドンハマっていってしまってた。

その直後に打撃妨害2連発、あっというまに満塁!

打たれてないのに、なんやこのピンチ!

キレそうになったが、キャッチャーのカズマが、しきりに右手を心臓にあてて、

「気持ちでこい!」

とゆうジェスチャーをしてくれた!

応援席からもすごい、気持ちの声が響いた!

{阪神が強いのはあたり前やな}って思うぐらい心に余裕ができた。

次の打者にツーストライクからの、渾身のスライダーを投げた!

膝元に入る完璧な球やった!

「打ち取った!」

と思った瞬間痛烈な打球がライト前にいき、あっとゆうまに2-2同点、

さらに、同じく左打者に決めの最高のインコース膝元のスライダーを右中間にもっていかれた。

4-2逆転

完璧に狙い打たれた。

相手はプルデンシャルやった。

2塁にランナー行ったときは球種のサインは変えなあかんかったんや…

そんなことはすっかり忘れとった。

逆にいえば、相手は2点とられても冷静やった。

怖さはなかったが、さすが修羅場を何回も経験してるチームであった。

2-4で負けた。この試合でもてる力は全部使いきった、すべての力だしつくした。

完全燃焼した。

満足した???

いや…

一晩たったら、やっぱりめちゃくちゃくやしいねんな…

ええ試合でよかったと、思われへんねや

勝っても負けてもすっきりしたくてここまで後悔せず、妥協せずやってきたんやけど…

なんで、4点とられるんや、なんであとアウト9つとる、馬力と根性が俺にはないんや!

1日中そればかり考えてた。

もうちょっと頑張るか!

負けたけど、武南にはこれから伸びる要素あるし、今のスタイルを保ちつつ、もっともっと緻密な野球覚えていけばパワーアップする。

しかし、今年の夏は熱かった!

本気で都市対抗でるんや!

その思いで、話したり、練習したり、喧嘩したり、キャンプ行ったりしたことは、いつまでも忘れへん!!

それにたくさんの人が見に来てくれたことに、ほんまに感謝したい!

ええ夏の思い出や!

歳はひとつずつ、ふえるけど、ええ思い出もその分増えていきよるな(笑)

ほんまに、わざわざ応援に駆け付けてくれた方々ありがとうございました。

もっとすばらしい何かをつかむまで、まだやってみよーか 野球を!

しかし ほんまに疲れたな……

Img_5351

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

熱すぎる野球トークの最終章

今年の大会始まる1月に全員集めて、いろんな野球の取り組み、活動、方向性などを代表になったばかりの、ケンイチがメンバーを集めて話した。

このブログも、いろいろ意見や考えを伝える場として、選手間のコミニュケーションをはかるために活用してほしいと、ケンイチが言ってくれた。

しかし、そのケンイチが、「もうこのブログ見るの嫌や!!」

って言わせるぐらい、この都市対抗に向けて、熱すぎる書き込みをしてきたが、今日でそれも最後である。

この都市対抗までは、妥協せずガンガンこのブログを使って言いたいことを言ってきた。

良かったか、悪かったかそんなことはわからないが、とにかく自分の本音の気持ちを代表や、メンバーには伝えたかった!

完全燃焼できたらええな…

そんな思いである。

もう何も言うことはない!

代表のケンイチには、きついことを言ってきたが、逃げてはならぬ!!

代表だから、黙秘権もいかん!

熱いことを書いてくれって言うてきても、これで最後だ!

もう言い合うこともない!

熱くいくのは、都市対抗の決勝までと決めていたから!!

ブログは続けるが、のんびり行こう。

いろんな思いを込めて、明日めいいっぱい自分達がやってきたこと、楽しもう!

イキ・・・若武者らしく元気だせよ!エラーの3つまで我慢する

はーと・・・ サヨナラ勝ちなんて、武南らしくないこというなよ 初回から、バテバテになって点とりにいこうぜ!

こうたろう・・・楽しもうーぜ!俺がいきりすぎとったら言うてな(笑)

平っちゃん・・・ほんまにここまでいろんな影の苦労、ごくろうさん、俺はあんたの采配が一番やと思ってます。

マエハタ・・・ええ声頼みまっせ!

かずま・・・いくぞ!みせるぞ!急造バッテリーのセンスを!

もっち・・・ ここ一番の集中力を!

プーさん・・・仕事頑張ってな!

まさゆき・・・試合前のモチベーションとリラックスをチーム全員に与えてあげてくれ!

ふじお・・・お前はやるはずや!絶対準備してまっときなさい!

子もっち・・・試合くるんか!ようみとけよ最強の相手を!

ケンイチ・・迷うな、びびるな、ここぞとゆうときは、チームを背負って打席へ!

ヤマグチ・・・頼むで!

よしき・・・この相手に、ほんまの鹿実で3年間やってきた意地みせろ!

ちゅん・・・ 夢みさせたるからな!

えびす・・・ここでやらな、俺らの先はないぞ!

しゅう・・・楽しんでよ 楽しませてよ!笑わせてよ(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

武南らしさ

都市対抗1次予選の準決勝で、オークラに負けた時 一番感じたことがあった!

勝ちたい!勝ちたい!じゃだめやな

プレッシャーだけになってる。

俺がやらねば!

そんな気持ちもいらないって事もわかった。

俺がやらても、変わりの投手はいる!

……

……

……

自然体やな…

むずかしいことない

自然体や!

ここまで、勝ち上がり、野球ができた事に感謝し、強い相手と戦えることに感謝し、いい歳になってこんな緊張感を味わえることに感謝する。

だから楽しまなくては損である!!

めいいっぱい声だして、笑って、喜んで、悔しがって、ユニホーム泥だらけにして武南らしさで勝負!

……

……

うちの嫁さんが、西宮エビス男が対戦相手におるから見にきたいらしい!

どっち応援しょーか悩んでた……

最高な嫁さんや!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

武南の歴史

この7日の都市対抗2次決勝に対する思いっていうのは、今まで16年間、何百試合としてきたが、特別な思いと、心に期するものが込み上げてくる。

武南が設立したのが、1993年 加古川南高の野球部でメンバーを組み、いきなりC級の大会を優勝して、B2級に昇格した。

当時 20人ほどいたメンバーは、今は4人しかいない。

武南もいろいろ模索しながら、やってきたがよくここまで頑張ってやってこれた。

武南には、何も誇れるタイトルはない。

ただ元気を出して一生懸命楽しむとゆうスタイルで、ここまでやってきた。

かたや対戦相手のプルデンシャルは、創部3年目で、都市対抗に出場し、すでに3回も出場している。

全国大会にも出場した。

4年目でA級にも昇格し、トップクラスで頑張っている。

俺が、追いかけてきた夢を、いとも簡単に全て達成してしまった。

すばらしいチームである。

しかし、俺の目標は、都市対抗出場でもなく、全国大会出場でもない。

強い相手が、目の前にいるなら、それを倒さなければならない!

それが武南道!

上手な選手を集めるのでなく、相手をやじるのでなく、そんなことをしなくても、チームを愛する気持ちと、仲間を盛り上げるために必死に声をだす!かっこ悪くても泥くさい野球でも勝てる!

それを必ず実証してみたい!

10回に1回しか勝てない相手かもしれないが、その1回にかけて16年間の思いをぶつけたい!!

気持ちが高ぶりすぎて、会社でも家でも暇があれば、シャドウピッチングをしてしまっている。

落ち着け!

冷静になれ!

びびるな!

仕事しろ!

子供の相手しろ!

勇気をもってリラックス!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

筋肉痛

昨日 旅行から帰りの、車の中で、

よしきと、ちあきに、

「トクダさん体張ってないですか??」

「足とかバンバンなんですけど…」

と聞かれたが、俺は全然 張ってなかった。

さすが俺、鍛えてるなって感じやった。

なんの事あらへん……

今日になってバンバン筋肉痛や!!

2日後にきよった!

ただのおっさんやないか!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月31日 (日)

グリーンエコー笠形 武南旅行

小雨の中 グリーンエコー笠形に大人数で、旅行にいきました。

着いたら、のどかな場所でイオンがいっぱいあるええ場所でした。

さっそく、体育館でチームに分かれ夜のバーベキューの準備を賭けて、バトミントン・バスケ・ソフトバレー・フリースロー大会をしました。

かなりハードな、運動量になってしまったが、大変な盛り上がり!!!

Img_5133_2

バトミントンは、よしき、ちあきカップルが頑張り、バスケはさすが、ヤマグチが頑張り、マサユキも頑張ってました。

ソフトバレーは、えいこと、たかえがすばらしかった。

そしてフリースロー対決の決勝は意外にも、平っちゃん、マサユキ、フジオ!

大変熱くすばらしい合宿になりました。

このスポーツ大会のMVPは、フジオです!!

その後、みんなでバーベキューをして子供もひきつれて全員で、温泉!

裸の付き合いで結束力もばっちり!

ほんまに合宿みたいな感じがした。

風呂上がりに再度、飲みなおしのバーベキュー ヤマグチとマキちゃんのバースデーイベントもありええ感じ!

Img_5306

やっぱり ええな 泊でみんなでワイワイするのは!!

最初で最後の武南ファミリー旅行やゆーたけど、何年かに一回はみんなでまた、同じとこでもええから行きたいと思った。

幹事の平っちゃん御苦労さん。

それから、おにぎりや、そーめんや、子供達を寝かしつけてくれた、えいこ、かなみちゃん、まきちゃん ごくろうさん!

さすが主婦やね(この3人おらんかったら大変でした。)

とにかくええ思い出がいっぱいつくれて、明日からの仕事も7日の大一番も、はりきってやれるそんなパワーをもらえた旅行でした。

また、いろいろ撮った写真はブログのマイフォトで掲載します。

Img_5339

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

大人数旅行

いよいよ明後日、グーリンエコー笠形に旅行である。

総勢30名の大人数で行くのは、これで最初で最後になるかもな。

俺は明日、仕事が徹夜なので元気がないかもしれないが、ゆっくり温泉でも入って心身とも疲れた体を癒したい。

子供も楽しんでるみたいや、夏休みどこも連れていってやれなかったので、父親としてほっとする。

うちの嫁も、妊娠してるけど連れていったろかな??

幹事がこの旅行の計画を始めた時に、

「武南で今まで野球をやらせてもらえた感謝の気持ちで旅行計画しようかな」って言うてたのを思いだす。

感謝やな……

16年間も楽しませてもらって…

カメラマンとして、いっぱい写真もとって思い出に残したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

久し振りの会話

「明日 久し振りに飲みにいきませんか!」と誘われた。

全然、嫌じゃないので、「行こか」となった。

本当に久しぶりである。

3年ぶりぐらいかな

この前の試合で、ソリューションに勝った後、チームメイトに

「おまえらわかったとるやろな、今度 対戦するチームは気持ちのチームやぞ、強敵や!絶対 気持ちで負けたらあかん! 初回からありったけの声だすんや!って言うたんですよ!」って言うてた。

「そんなたいしたチームやないで」

と言うと、

「何言うとんですか、武南の怖さ一番、僕が知ってますよ」

って言うてた。

すっごい気合い入ってた。

「ベストメンバーで、本気のプルを魅せます。」

って言うてた。

「俺、昔ほどのパワーないからな、そない力いれんといてよ」

って言うと

「そんなことないでしょ、僕のあの強烈なヤジに耐えれる 心臓もっとるのトクダクンぐらいでしょ!」

って、おせじ言ってもらいました……(笑)

あの気合いと、したたかさと魂は、敵ながら感心である。

うち(武南)なんか、楽勝ぐらいにおもとる思とったけど、さすが闘将や!

武南戦は攻守交代をダッシュせーへんかったら交代させるらしい(怖)

すごい気合いや!

ぬかりなしやな!

2005年の市長旗で対戦してから3年ぶりの対戦である。

プルは、そこからA級に上がり、いろんな強豪と対戦し修羅場を経験して、あのころの強さとは全然違うだろ。

しかし武南も、3年前の武南ではない。

もう若くないのに、熱い勝負根性がふつふつと湧き出てしまう。

都市対抗の決勝どーこより、プルに勝たなあかんな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行前の大勝利

先日の試合は、本当に勝ってよかった。

なんせ今週は、武南久し振りの大旅行である。

勝って行くのと、負けて行くのとでは全然気分が違う。

まずは、チーム対抗で、体育館の中でソフトバレー大会・ドッチボール大会を行います。

体育館シューズ忘れないように!

野球場があるので、テイキュウ野球か、ソフトボールの試合をするので、グローブは持参してきてください。(女性の方も参加してもらいます)

決勝に向けてマジマジ野球の合宿もするかも(笑)

プールもあるので、水着の用意も忘れずに!

負けたチームは、がっつりバーベキューの準備をしてもらいます。

バーベキューの事前準備  (買出し等)の方お手数ですが、よろしくお願いします。

また急きょ参加できる方、ドンドン幹事の方に連絡してください

大人数(40名ほど)でいくのでなかなか統率はむずかしいですが、ご協力よろしくお願いします。

バーベキューの買出しの準備を幹事さんから、受けた場合、こころよくご協力よろしく。

集合場所 時間等は幹事の方からおいおい連絡あると思います。

また向こうに行って、あんなことやりたい(キャンプファイヤー・きもだめし・花火等)のご希望があれば、コメントしてください。

質問等も幹事さんが受けます。

急きょ欠席しなければならない方も早めに幹事さんに連絡よろしくお願いします。

野球や、バスケ、家事、恋、仕事などで疲れた心身をゆっくりと温泉で癒してほしいと思います。

簡単ですが、武南旅行の詳細でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

都市対抗2次予選 決勝進出

勝った!

勝った!

10-0の圧勝である。

最高である。

この勝利はチーム力である。

仕事を徹夜して、駆け付けた、健一としゅう。

昼から仕事だが、めいいっぱい野球した、よしき。

4人目が産まれたばかりで、何かと忙しいだろうが遅れてでも来た戎。

仕事中だが、メッセージを送ってきた前畑。

このチーム愛が、相手にまさりこの大差の結果になったと思う。

この10-0にはすばらしい気持ちが入ってる。

代表の1本筋の入ったとこが見えた。

気持ちが選手に乗りうつってきた。

勝ったことがすばらしいんではなくて、勝つために必死に何かを捜しながらやることがすばらしいと感じる勝利である。

2次予選ではあるが、決勝までたどりついた!

相手は、A級の強豪 プルデンシャル!

どんな大会とか関係なくなった。

あの強いプルデンシャルと決勝とゆう舞台で、試合できるのが楽しくてしかたない!

今シーズン、武南から離れて、この都市対抗で戻ってきて、変なプレッシャーがあった。

ここまで勝ち上がってこれて、ほっとしたとこがある。

この都市対抗に参加させてもらい、ピッチャーまでさせてもらって十分楽しませてくれたことに、代表、メンバーに感謝したい!

さあ 決勝は思う存分楽しんで、武南らしさ、俺らしさを見せたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

あすの試合

明日 浜の宮グランドで、都市対抗2次予選の準決勝 対 チームニシオカ戦がある。

明日の試合が一番大きな山場で、いかに武南らしさと、全員野球で臨んでいけるか!

それができれば、十分勝機はある。

自分自身も、先発であろうが、ベンチであろうが、ランナーコーチであろうが、執念と、楽しむとゆう気持ちを全面にだしてプレーしたいと思う。

厳しい試合になると思うが、えんぎ屋で飲んだから大丈夫!

代表!

いくぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック

さっきLIVEで、4×100mの決勝をみた。

感動した。

とにかく感動した。

久し振りにテレビの前で叫んだ!

子供3人が、びっくりしとったけど、拳上げてガッツポーズしてもた。

陸上の神様おるな

あれが、本間の魂や!

野球は何しとんねん…

星野監督 日本のエースは誰やったんや!

こいつで負けたら、しゃーないわって思う エースおらんかったんか…

韓国は日本戦 2試合とも同じピッチャーで、点とられても変えへんかった。

予選も決勝も同じ投手やで!

よっぽど韓国の監督は、あのピッチャーに託してたんやろ

あれが、エースやろ!

日本のソフトボールのピッチャー上野投手、決勝トーナメント3連投やで!

普通 肩壊すで! そやけど、

「ここで、やらな、いつ頑張るねん!」

そんな背負った気持ちガンガン伝わってきた!

あれが、エースやろ!

ここ一番の勝負に、相性や、データーや、継投や球数なんか関係ないぞ!

エースと心中してくれよ!

ダルビッシュはなんの為に、北京行ったんや……

丸坊主しに行ったんか!

散髪しに北京いったんか!

星野監督!あんたに1本筋通ったとこが見えへんかった!

それが敗因や!

よーし ええ感じや!

オリンピック見とったら、ええアドレナリンでてきた!

代表!

やるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

武南ファミリー大旅行

24日の都市対抗 2次予選の準決勝がおわれば、再来週(8/30・31日)は、

グリーンエコー笠形に武南ファミリー大旅行である。

いろいろ忙しい人も、いると思うがこんなに大勢で旅行に行くのは、最初で最後だと思うので、ぜひ参加してほしいと思う。

本当に、武南では野球だけでなく、こういったレクリエーションを計画したり、幹事してくれたりする人がいるのが、すばらしいと思う。

仕事は1日休んだって、1週間も経てば皆、忘れよる(笑)

みんなで旅行に行った思い出は、一生の自分の財産になる。

大自然があって、イオンがいっぱいあるらしい!

温泉もあるんちゃうかな!

きれいな川も流れとるから、プーさん 子供の為に魚釣ったってちょーだい!

野球場があるから、紅白戦でもするか!(武南vsLSD)

体育館があるから、バスケかバレーの大会でもええな

プールもあるから、水泳大会やな

その後は、みんなでワイワイ バーベキューや

しゅうちゃん 酔っ払って顔に落書きされんように(笑)

ヤマグチ熱く語りすぎんようにな

とにかく 1回でも武南の試合 見にきてくれた人は皆参加してほしいな

遠慮なくドンドン来て下さい。

2001年の夏にも武南旅行をしました。

Img033

いい思い出です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

都市対抗が終わるまで

8月24日 11時試合開始  浜の宮グランド

対戦相手  チームニシオカ

ある人に、最近 都市対抗絡みのブログの記事が、重たくて固すぎるのでは??

と言われてしまった。

誠にそうである。

俺にとって、この都市対抗で、野球を熱くブログで伝えるのは、これで最後にしようと思っている。

今年 いろいろあった。

都市対抗に対する思いが強すぎたからだと思う。

そんな自分が嫌になった時もあった。

しかし、何よりも大好きな野球、武南に対する思いを妥協することができない。

武南とゆうチームが都市対抗に出場したら……

何年も前から、そんなことを想像するだけで、ワクワクしていた。

いろんな批判もあるだろうが、俺自身として、最後にこの都市対抗に全てをぶつけて見たい。

気持ち、技術、体力、16年間つちかってきた武南らしさを出しつくしたい!

これからも、野球は続いていく

もちろん武南も続いていく

これで、最後ではないが、これで最後という気持ちを一度だけもって、どこまでできるか、

武南自体、自分自身挑戦してみたいと思う。

この都市対抗が終われば、本当にのんびりと野球を楽しめるそんな気がする。

だから、まだまだこの熱く語る都市対抗を終わらせたくないという気持ちで、いっぱいである。

武南の勝敗のカギをにぎる、代表や、中心選手には厳しい意見を書き込んでしまうだう。

しかし、俺の中では、意見したからには自分もやらなくては、そんな気持ちも強くもっている。

北高が甲子園にいったんだから、今年は武南が都市対抗に出場せねば、北と南の両立がとれないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

都市対抗2次予選の初戦

都市対抗2次予選 初戦

6-0でノースレジェンドに勝利!

完勝である。

勝ったことはすばらしい。

とくに昨日は11人とメンバーも少なく、

しゅうは、わざわざ島根からこの試合の為に、ぶっとばして帰ってきてくれた。

暑いのにたくさんの応援も力になった。

しかし この1勝が目標ではない。

課題も多かった。

これから、投手力もドンドン上がり、紙一重の打撃、走塁が要求される。

代表もまだ、自分のことを考えてる部分が見えた。

あの試合は、代表は出場する意味はあったのか??

采配に徹すると言う気持ち、チームの為にどうすれば、盛り上がれるか、選手が気持ちよくプレーできるか、この大会はそうすると決めたんなら、徹底してほしかった。

あんに点差が開くことは、これから考えにくい

あのプレッシャーのない場面でこそ、チームを盛り上げるために、次の試合のために、ムードメーカーの、しゅうか、平っちゃんを出場させてほしかった。

代表も本当によく頑張っている。

しかしこの大会 中途半端な気持ちじゃ勝てない!

采配するなら、とことん指揮官に徹してみるべきではないか

厳しい言い方かもしれないが、この大会まとめるためには、自分の欲だけでプレーしているようだと必ず足元救われる。

A級相手に勝てるわけがない

本気で都市対抗を狙う気持ちならば、 本当に代表としてチームのために縁の下になる勇気が必要ではないか

この短期間で実力が上がるのは難しい、代表を含め各人が、何をすればチームに貢献できるか!

自分がどんな役割を果たせば、勝利に貢献できるか、楽しい雰囲気をつくれるかそれを徹底する大会ではないかと思う。

俺みたいに、次の日 会社を休むぐらい疲れきってしまってはだめである。

たぶん 上司の怒った顔が目にうかぶ

真面目に仕事もやりなさい!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

真剣です。

昨日 家の近くに飲みに行った。

子供の名前の話になり、

「4人目は、むずかしい みんなから公募して決めよう思とんやけど、なんかええ名前ないか」

って聞いたら、3人とも

「武南君がいい! いや 武之南君がいい」

3人とも ひとごとでした。

Grp_0007

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

都市対抗決勝

本日 浜の宮グランドで、都市対抗の決勝戦が行われ、3-2でオークラ輸送機が、神鋼ソリューションを逆転勝ちして、都市対抗の切符をとった。

あまり A級では優勝とかしても、はしゃいだり、喜んだりしないのに、めずらしく飛び跳ねるように喜んでいたのが印象深かった。

これが都市対抗の重みなんだと感じたし、今日の決勝をじっくり見させてもらって、いろいろ考えさせられる部分があった

俺に足りないものは何か、チームがこのA級を倒すために何が必要か!

この2次予選でなんとか、大番狂わせ演じて見せるそんな気持ちにもなった。

そして決勝が終わり、2次予選の抽選があり、健一代表が魂を込めてクジを引いてくれた。

Ts3e0237

初戦は、ノースレジェンド (またしても北VS南の因縁対決である)

勝てば、チームニシオカとアミティの勝者。

反対ブロックは、神鋼ソリューション・プルデンシャル・松岡建築の勝ち上がってきたチームである。

とにかく、代表が魂を込めて、引いたクジである。

どこと当たるとかは関係ない!

優勝しなくては、中播大会の権利をとれないのだから、

まだまだ、甲子園では熱い戦いが続いている。

今年の夏はあきらめない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

武南の長男

武南メンバーの息子軍団では、一番お兄ちゃんである、たつやの試合を見にいった。

(中学新人大会)

スタメンサードで出場しとった。

親父譲りの天性の人を和ます守備をしてくれるのが、山口家の長男らしくて最高や!

まだ体もできてないし、走り込みもしてないやろうし、そんなに必死こいて素振りもしてないやろ(笑)

(そんなだけは1打席見たらわかるぞ)

しかし そんな事より野球続けてくれとったらそれでええわ

野球好きのおっちゃんにしたら、最高の観戦や!

今度はビールもって行こう!

武南の長男がんばれ!

Img_5092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

北高の甲子園

昨日、加古川北高の甲子園、加古川初の甲子園に、上司に文句を言われながら、仕事を休み、長男連れて行ってきた。

長男は、なんとなく訳がわかっているみたいで、初めて野球を見て興奮してた。

「北高かっこいい! 俺 北高行くわ」

って言わせるぐらい独特の雰囲気であった。

Img_5053

南高のOBとしては複雑な心境であった。

ほんまにあの北高が甲子園におる。

歴史的なことだと思い、どうしてもこの目で焼き付けておきたかった。

Img_5046

一番 気になったのは、小さい時から同じ指導者の元で野球をしてきた、北高の監督が甲子園とゆうあの大舞台でどんな采配するのか、それだけ目に焼き付けておきたかった。

負けてしまったから、批判の声もあるだろうが、俺はさすがやなっと思った。

指導者、監督として一番 大事にしてほしい、信念とチーム愛があふれている采配であった。

北高の試合を見て、俺もまだまだがんばろう!

そんな気持ちにさせてくれた。

Img_5066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

甲子園ってどんなとこよ

都市対抗が始まる1週間前に、姫路で開催されてる 

兵庫県立歴史博物館の第90回全国高校野球選手権記念大会の特別展を観にいった。

90回の歴史の兵庫県の代表校の紹介がされてた。

いっぱい球児達の写真があったが、気になった写真があったので、サービスセンターの人に聞いて、その写真を焼きまわししてもらい、今日 家に届いた。

……

……

……

Img032

画像は悪いんやけど、第87回大会(2005年) 甲子園1回戦 姫路工ー酒田南。

試合終了後の写真である。

これ…

たぶん…

パソコンでは、画像悪いからわかりづらいけど…

右から4番目の子…

もしかして…

……

……

……

かずまやろ!!

甲子園のグランド立ってるやん!

すごいやつなんやな…

よしきも鹿児島実業で甲子園でたらしいし、すごいタレント武南におる。

どーやって、夢を実現させたか、教えてくれ!

都市対抗に出場するにはどーしたらええんや!

おまえらの経験を生かせてくれ!

おれは、大舞台を知らんから行き方を知らんのや

せっかくこの前の試合、かずまのおっちゃんと、若くて綺麗な、おかあちゃん見にきてくれたのに、侮様なピッチング見せてもた。

もう一回 見にきてもらうために大きな舞台に行かんと……

甲子園ってどんなとこよ??

俺、甲子園に出場してたら、今頃 真剣に野球なんかしてないぞ

都市対抗出場できたら、やっと真剣な野球を辞めれそうな気がするな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武南の挑戦

今、神戸新聞で、北高の挑戦とゆう記事が毎日載ってある。

それにまねて、限りなく少ない都市対抗出場の可能性をかけて、武南の挑戦シリーズにしてみた。

さあ、勝つために何をする……

何か忘れかけてたものを少し思い出した。

武南らしさ!!!

高校野球の話であるが、報徳学園が甲子園で、逆転サヨナラ勝ちをした。

兵庫県の決勝戦も逆転サヨナラ勝ちであった。

この地方大会で、報徳の試合を見て感じたことがある。

目立たないとこで、すごいサポートしてた。

全員が野球してた。

たとえば、キャッチャーのプロテクター、レガースを3人がかりで毎回手伝って付けてあげてた。

3塁ランナーコーチは、1塁にランナーがでたら、全投球スタートをきってる!

3塁にランナーが来たときも、ピッチャーの足が上がった瞬間ホームにスタートをきる。

1塁ランナーコーチは何かわからないけど、ずーっと打者に声をかけてる。

そして、どんどん場面で選手が交代してくる!

なんか見てて、誰が主役とか、誰が中心とかわからへん

なんか伝統ある報徳学園が、あんなことするんかって感心した。

あれが、報徳が築いてきた伝統とチームカラーなんやな

大事なことは、スタメンとか、打順とかそんなことを重要視するより、武南らしさってなんやねんってことや

もちろんスタメンは大事なんやろーけど、そればっかりなってもたらまずいかもな

自分、試合に出てる人、私 ベンチで応援する人、そないな気持ちになってしまってるんやったら、格上の相手には勝てへんのちゃうかな??

武南ってどっか他のチームとちゃうとこあるからな

そーいえば、あの強いプルデンシャルといい勝負したときどんなんやったか少し思い出した。

ちゅんが、プルデンシャルのピッチャーからヒット打って盛り上がって勢いついたな

もっちが、セカンドライナーをハイジャンプしてビックプレーして盛り上がってええ勝負できたよな

なんかあのミラクル的な武南らしさが、俺らの築きあげてきたもので、うまい、へた関係なく全員がなんか試合に入ってたんちゃうかな??

最高のスタメン、打順よりも、それが武南の最大のパワーをだせるんやったら思い切った采配はどんな感じやろう??

ランナーコーチも武南は最高の武器やしな!昔 北垣兄弟にランコー行ってもらった時、最高のランナーコーチぶり見せてもろて大勝した記憶ある。

めちゃくちゃ元気やった!

あんなランコーおらへん!

最高にええパフォーマンスやった!

絶対 相手の守備陣 嫌やったと思うわ(笑)

この前の試合、俺もピッチャーとして頑張らなって、気持ち強すぎて、投げることしか考えてなかった。

もっとベンチでワイワイ言うとったわ!

怒ったり、笑ったり、喜んだり!

あの試合 試合中 水分補給と、熱中症対策ばっかりしてた。

俺はやっぱり、ベンチの最前列でワイワイせな

そこ基本やな(笑)

別に報徳をまねるわけちゃうけど、なんか らしさって大事やな

Img030

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

こんなもんかぁ

都市対抗 準決勝 3-7で負けてもた。

7点もとられてもた…

また、みんなの期待裏切ってもた。

精根つきはてるまで、力をだしつくし、しゃべるのもしんどかったが、みじめやった。

終わった直後の率直な感想は、

「俺ってこんなもんなんや…」って感じであった。

もっとやれる、本番に強い、ここ一番力だせる、強い相手こそ俺が…

自分自身で、そう思ってたんが、みじめやった。

スライダーが思うようにストライクがとれない…

渾身の力をこめて、投げたストレートが軽くはじき飛ばされる。

初回が大事、気持ちで負けたらだめ、そう望んでマウンドに向かったが、いきなり四球の連発。

「気持ちに余裕がなかったよ」

「ブルペンとマウンドでは全然,球のキレが違ってた。」

「あんなコントロール悪かったかな」

試合後にチームメイトから言われた。

言い返す言葉もみつかれへんし、

「俺ってこんなもんやったんやな」

それだけである。

この試合、ピッチャーとしての実力を見せれるか、くだけちるか、自分でも賭けてるとこがあった。

見事に砕け散って、ピッチャーするのが、嫌になるかなーって思いよったけど、

逆やった。

一晩寝て、起きたら、くやしくて、はらたって、ムカついてどーしようもなかった。

また登板しても、おんなじことを繰り返すかもしれへん。

しかし、何か知らんけど、負けず嫌い病がでてくるんや…

まだやれる!

ゆるいカーブ全然投げてないし、遊び心のホークも投げてない、ストレート1本で勝負してたとか、どっかで自分のフルパワーをだしてないとこ探してた。

俺、しつこいかもしれんけど諦めてないわ…

アホなんかな??

まだほんの少しやけど、都市対抗出場の可能性が残されてる。

大きなチャンスのがしたけど、1%でもチャンスあるんやったら、あきらめたらあかん!

北高も甲子園でれたしな!

俺自身も武南も底力見せろ!

打線は10安打して、3点とったんや、

負けとったけど、最後まで全員試合捨てずに、声だしとった。

完敗ちゃう、5回やったら1回は勝てる!

その1回を呼び込んだらええはずや!

俺の投手としての実力はあんなもんかもしれんけど、

まだまだ武南にはええ素材もおるんや!

高校時代にめちゃくちゃ打たれた時に、毎回コーチに言われよった言葉思い出した。

「お前は本質的にピッチャーやないんやから、楽しんで投げろ、相手おちょくるぐらいで、ええんや、勇気をもってゆるい球を投げるんや」

オークラかぁ……

もう一回やりたいな

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

準決勝前夜祭

金曜日に別府グランドで練習しました。

俺がいったら、山口、健一、かずま、雅之の4人で必至になってノックしてた。

今までのゲンをかついで、えんぎ屋で飲もかとなったけど、いっぱいで、別の居酒屋で熱く都市対抗に対する思いを語りあい、また代表と壮絶バトルになりかけよったけど、無事にゲンかつぎの飲み会終了です。

Ts3e0225

今日は、平津家と青木家と地元の祭りで、またまた決起集会!!

最高にシビレル采配をするとのことです。

とにかくここまで勝ち上がってこれたことに、感謝し、明日は今までの思いを込めてピッチングしたい!

Ts3e0230

エビス家にも待望の4人目が生まれ 祝いのビッグゲームを!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

班長代行

今、うちの職場では、班長が出張に行って、俺が班長代行をやってる。

前から思ってたことやけど、つまらん役や!

物わかりがよくて、おとなしくて、自己主張がなくて、会社に対する情熱さえなければ、誰でもできるがな!!

俺みたいに、人に指図されるのが嫌いで、自己主張が強くて、職場に対して情熱満載の男に務まる訳がない!!

この土日も、環境問題で、出勤命令がでた、班長不在なもんで、上司から

「おまえ、班長代行やから土、日出勤やぞ」って言われたから、

「俺が、班長代行なんやったら、俺が誰が出勤するか決める。横からごちゃごちゃ言うな」って言うてもたcrying

この日曜日は、都市対抗の準決勝なんや!

どないしても試合に行かなあかんねや!!

投げたくてウズウズしてる!

早く 日曜日が来てほしい!

あの オークラに勝てるイメージがめっちゃある!

あの緊張感とスリルは、なかなか味わえられへん!!

班長代行なんてしょーもない 役割おろせ!

野球に集中でけへんがな…

とにかく今週は、体調万全で、最高のピッチングができるように気持ち入れていく期間や!

俺は班長代行なんて、器やない… 係長ぐらいでないと物足りひんから(笑)

さあ あと決選まで4日やで!!

ここが武南の正念場やで!

今、やらんかったら、いつやるんや!!

どんなことしてでも、勝って都市対抗いこうぜ!!

Img029

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

都市対抗、準決勝の相手

反対側のブロックは、神鋼ソリューションが、1回戦 松本採石クラブ(A級)を4-0。

2回戦のプルデンシャル(A級)を5-1。

準決勝のアミティ(B1)を7-1と強豪を打ち破って決勝まできた。

こっちのブロックはいよいよ、今週、決勝進出をかけて

8月3日(日)

14時45分

日岡球場

オークラ輸送機(A級) VS  武南エスパルス(B1)

の対戦である。

今までの対戦成績は、0勝3敗である。

1度目、2001年 第24回会長旗の決勝で初対決、0-3で敗れる。

それも9回裏ツーアウトまで、ノーヒットノーランであった。

2度目、2003年 第32回市長旗の1回戦で対決、0-2で敗れる。

3度目、2003年 第25回会長旗の2回戦で対決、5-6で敗れる。

5年ぶりの対戦である。

オークラの絶対的なエースは、俺の一つ先輩で、加古川北高でも有名な投手であった。

高校時代から何度も対戦した。

またしても、北高との因縁めいたものがある。

オークラも選手が若返り、ガンガン走る野球を展開し、機動力を使って相手をゆさぶるチームになっている。

投手は加古川屈指のテクニックの大エース!

このレベルの高いA級相手に少しでも隙を見せてしまったら大敗するであろう。

しかし、武南も5年前の武南ではない、どちらがあれから成長し、そして勝利に対する執念があるか!!

たとえ相手がA級であろうとも、4回連続で同じ相手に負ける武南ではあってはならないのだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北と南の対決

4-0でノースレジェンドに勝利し、都市対抗 準決勝進出である。

この試合は、初回で明暗を分けた。

ノースの攻撃は、ツーアウトから満塁にもっていった。

三遊間のむずかしい打球だったが、かずまが、冷静にプレーして、ピンチを切り抜けた。

安定感のあるナイスプレーであった。

その裏の武南の攻撃、先頭のヨシキが、きっちり出塁し、すかさず盗塁。

2番の健一が確実に意識のある内野ゴロを打ち、進塁打。

3番の吉永がきっちりエンドランを決めて、1点先制!

ベンチと選手が、一体となったそつのない攻撃であった。

俺は久しぶり(4月20日)以来の実戦マウンドで、内容的には今一つであったが、結果6回投げ抜いて、0点で抑えたことが大きい。

次にチャンスをもらえるピッチングができた。

次はもっといいピッチングができるそんな自信もついた!

とにかく、暑い中をベンチも含めて全員が、盛り上げてくれた。

スコアーをつけてくれたり、冷たいおしぼりを準備してくれた女性陣。

闘魂の試合が終わって、駆け付けてくれた竜次。

試合にでなくても、ベンチ、ランコーで必至に声をだしてくれたメンバー。

そしてスタンドから、ずーっと声をだし、俺に激をとばしてくれたLSDのメンバー。

とにかく暑い中 試合にでてる選手が、集中をきらささずできたことは、陰で支えてくれた人達がいたことが、大きい。

試合にでてる選手はもちろん、ベンチも含めて、昨日の試合のように、集中をきらさず、ユニホームを泥だらけにして、我武者羅にいけば、次の強豪相手にも、勝利をつかむことができる。

夢の都市対抗まで、あと2つ!

南の意地を見せれてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

北斗と南斗の対決

昨日は、今週の都市対抗3回戦に向けての武南決起集会がおこなわれた。

Ts3e0224

みんなそれぞれ思いはあるが、武南が好きということだ!

俺は一時 武南を辞めてしまっていたので、この都市対抗は、試合にでたいとか、投げたいとかそんなことは、まったく考えてなかった。

チームの輪の中に入り、都市対抗の雰囲気を楽しめればそれでいい。

しかし、この日 加古川北高の甲子園出場を知って気持ちが180度変わった。

何かものすごく熱いものが、込み上げてきた。

高校時代 北高と、南高はライバル的な間がらであった。

創立もほぼ同じ時期である。

「北高だけには、負けんとこ」

そんな伝統があったし、俺らの時代もその気持ちが強くあった。

上杉謙信と武田信玄

ブラジルとアルゼンチン(サッカー)

オグリキャップとタマモクロス

松坂大輔とイチロー

浜崎あゆみと宇多田ヒカル

武南とLSD

いわゆるライバルである!

どちらが、強いかわからないが、どちらも意識しながら負けられない

そんな関係が、北高と南高だったのである。

その北高が凄いことをやってのけた。

本間に根性見せよった。

俺の中で闘志が湧いてきてもた。

次の試合、ノースレジェンド(北高のOBである。)

ぜがひでも、南の意地を見せたくなった。

志願して、「この試合だけは投げさせてほしい」

と監督・代表の前で打ち明けてもた。

今年まったく結果も残してないが、しぶしぶ(笑)意気込みを買ってくれた。

メンバーも心よく受け入れてくれた。

若手の投手が育ってきて、俺がいない間にがんばってきた人をさしおいて、志願先発するんやから、俺の中では、背水の陣である。

この先発は自分自身の意地である。

しかし、なんの根拠もないが、なんか勝ちそうな気がする。

俺が10点とられても、うちが11点とりそうな気がするんやな…

そら、毎試合、決起集会するぐらいのチームは他におらんやろ!

北高の甲子園より、熱い夏にしたる!!

Img026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

都市対抗3回戦

都市対抗の3回戦が、

7月27日(日)  日岡球場  11時45分試合開始

勝てば準決勝が、

8月3日(日)  日岡球場   14時45分試合開始である。

準々決勝からの組み合わせ(リンク)

① オークラ輸送機 vs 松岡建築クラブ

② ノースレジェンド vs 武南エスパルス

③ アミティ(ベスト4進出)

④ プルデンシャル vs 神鋼ソリューション

今週の対戦相手が、加古川北高のOBチームとゆうのは、何か因縁のような…

南と北は高校時代から、軟式野球まで常にライバル関係であった。

高校野球では、大きく水をあけられたが、ここは意地でも勝ちに行く!!

佐賀北 ・ 加古川北 ・(ノース)・ブームは北じゃない!

武南のである!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

第71回大会パート4

高校3年生の夏 最後の土壇場で、野球の神様が俺にチャンス与えてくれた。

9回裏ツーアウトからの同点劇である。

これをがんばらへんかったら、最悪や

この流れで負けたら俺は完璧な高校野球の負け組である。

2年連続の延長戦に突入した。

その10回表

インコース低めに投げた球がうわずった!!

相手打者は迷わず、その球を強振した。

打球はレフト方向に高々と舞い上がった。

うそやろ…

マジかよ…

入るなよ…

入るなよ…

と何度も何度も念じたと思う。

……

……

……

……

ホームラン!!

愕然とした。

劇的でも、悲劇でもなかった。

なんとみじめな

なんとみっともない

幕切れなんだ。

1-2 加古川南 3年連続初戦敗退!

Img_4910

3年間の野球が終わった。

いや、人生の野球が終わったとおもった。

最後に俺を必至になって教えてくれてたコーチのとこに挨拶にいった。

「今までありがとうございました。」

と挨拶したら、

「しゃーないな」

と言われた。

俺は、初めて人前で、情けないくやし涙を流してしまった。

その時言った、そのコーチの言葉が今でも俺の頭から離れない。

「泣くなよ!お前ら泣くほど練習してないやんけ、負けて当然じゃ!そやけど、次の人生は負けるなよ!」

後悔した。

俺はたぶん野球が大好きやったんやと思う。

大好きやったのに、逃げまわっとった。

真剣に打ち込められへんのは、仲間のせいやと決めつけとった。

俺にもっと執念があったら、もっと夢をおいつづけとったら、みんな変わってたんちゃうかな??

1勝はできてたんちゃうかな?

誰もが思うことかもしれないが、あの夏にもう一度もどりたい!!

……

……

……

今年また、途中で夢をあきらめそうになった。

野球を辞めてしまいそうになった。

でも高校の時とは違う、執念と情熱がありすぎて抑えきれへんかった。

舞台はちがうが、俺にとって都市対抗出場・全国大会出場は甲子園出場と同じである。

一度辞めてしまったのに、何も言わず受け入れてくれたメンバーのためになんとかしたい

高校野球だろうが、大学野球だろうが、オリンピックだろうが、プロ野球だろうが、軟式野球だろうが、そんなものどこでもいい!

俺は高校球児の落ちこぼれ!

だけど、今は負け組ではない!

いい仲間と夢を追いかけてる!

まだ、野球を続けさせてもらってる!

夢は追いかけることが大事であると、この武南を離れてる間に強く感じた。

さあ いくぞ!!

都市対抗の舞台にあがるぞ!

Cimg0747

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

今年の夏 注目の野球人

報徳学園のエース、生 近田君を見てしまった。

Img_5027

なんせ、いかつかった!!

ほんまのストレートとスライダー見てもた。

全然面識ないけど、ファンになってもた。

「全国制覇してよ!!」って声かけたら、ニコって笑顔見せてくれた

キュン、キュンしてもた!

Img_5037

幼なじみで、小学から、中学まで一緒に野球をしてきて同じように夢を追いかけてきたやつがおるんやけど、今年の夏 その男がもう少しで、夢を叶えそうなとこまで来てる。

歴史的快挙を、この幼なじみの男が監督として、達成してくれるかもしれへん!

加古川勢 初の甲子園出場!

あと二つ ジュンペイ、小学生の時2人で 言い続けよった夢叶えてくれよ!!

頑張れ 加古川北!!

Img_4933

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

宝殿中学野球部 全国大会

高校の野球部時代に2年先輩で、キムラデンキから世話になってるシバタさんの長男が、宝殿中学野球部で、今年の8月5日から横浜スタジアムで始まる中学の全国大会に出場するらしい!

すごいな!!

シバタさんの息子は小さい時からよく野球見にきていたのでよく知ってる。

野球上手になってんねやろな。

全国大会にもなると、寄付活動とかすごい大変そう

また会う機会があれば、応援料で、少しだけど、協力できたらいいなと思う。

しかし、同世代の人の息子達が、そんな年代になってきよった。

来年は、高校生。

全国大会なんかいったら、私立とかから推薦くるんちゃうんかな??

甲子園出場も夢じゃないな!

だけど、自分の子供が野球で全国大会とか出場や、言うたら気合い入るやろな。

ちょっとうらやましい。

我が息子も3人おるから、誰か一人ぐらいは、そんなやつでてきてくれよな

とにかく横浜まで大変やろうけど、頑張ってください!!

もうすぐ ヤマグチの達也も高校生やな

ほんまに同世代で知り合いの子供達が、中学、高校と野球してくれたら楽しみ増えるわ。

中学校の全国大会は残念ながら見にいかれへんけど、高校の地方大会、甲子園には知り合いの子供が出場するんやったら、酒もってみんなでお祭り騒ぎで絶対見にいこう!

第90回選手権大会速報

鹿児島実ー鹿児島工  4-2  鹿児島実 甲子園出場

下松工ー高森  3-1 

今や武南のメンバーで4人もいる下松工、初戦突破

洲本ー高砂南  9-2

社ー松陽     2-0

市川ー明石清水 5-0

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

第71回大会パート3

9回裏 0-1・ツーアウト・ランナー2塁!

イキが打った!

センター前ヒット!!

2塁ランナーのエビスが、ホームイン!

1-1 同点!!

奇跡である。

この9回裏、ツーアウトの土壇場で追いついた!

ベンチは最高潮に盛り上がり、観客席も大歓声であった。

まだ野球ができる!

いろんな事が脳裏に浮かぶ。

小学生の最後の大会で、あともう少しとゆうところで、負けてしまった。

中学生の最後の大会もあともう少しとゆうところで、負けてしまった。

そして高校2年生の夏もあと少しのとこで、負けてしまった。

ほんまに勝負弱い 野球人生である。

しかし、これはどんなことがあっても負けるわけにはいかない!

ここで、頑張らへんかったら、いつやる!

後輩が俺らのために、意地見せてくれた、次は俺が意地みせらな!

大興奮のベンチの中で、一人静かなる闘志をいだいていた。

そして9回裏の加古川南の攻撃が終わり、大歓声の中 延長10回のマウンドに向かう

加古川南の応援席はおおいに盛り上がり、守備につく選手も気合に満ちあふれていた。

しかし、この直後に……

俺には、もっともふさわしい、フィナーレが待ち受けるのである。

続く……

Img024

第90回大会速報

鹿児島実ー樟南   1-0

川本ー江津工    5-1

しゅうちゃんの母校は1回戦敗退

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

平成元年 第71回大会 パート2

3年生 最後の夏の大会がプレーボールした。

緊迫した投手戦が回をかさねる。

0-0でむかえた5回裏 川西北陵の攻撃はツーアウトランナー3塁から、セカンドゴロエラーで1点を先制!

そのままズルズルと回は進み9回まで来てしまった……

加古川南 最後の攻撃である。

その回の先頭打者は、俺だった。

最後の打席になるかもしれない…

めっちゃ嫌や…

なんとしてでも塁にでる!!

その思いでいっぱいだった。

しかし結果はファーストファウルフライ……

なんと中途半端な最後なんだ…

観客席から「あ~あ~」と言うため息が聞こえてきた。

終わったと思った。

あとアウト2つでゲームセットである。

しかし、次の打者が出塁した。

その選手の名は、エビスと言う。

そしてツーアウトランナー2塁。

次の打者がアウトになれば、ゲームセット!!

その最後になるかもしれない打者の名は、イキと言う。

何年か経って、イキに、

「あの時の打席、どんな気持ちやったん??」

って聞いたことがある。

「絶対 打ったろう思てましたよ! 先輩らとまだまだ野球したかったしね」と言った。

俺らに対して、そんな思いもった後輩がおったことに、びっくりしたのを覚えている。

ツーアウト2塁 0-1で負けている。

あの場面で打てるほど、加古川南はドラマチックなチームであるはずがない…

高校3年間の野球が終わる。

最後の打者になるイキが、積極的に打ちにいった!!

続く……

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

闘魂vs権蔵

今日は長楽園球場で闘魂の試合があり、9-4で勝ちました。

今シーズン初勝利おめでとう!

初回に4点とられて、完璧に負けムードやったけど、あきらめず最後まで戦い逆転勝ちである。

俺も凄い嬉しい!

闘魂にはやっぱり頑張ってほしい。

林監督や竜次のB2昇格の夢、若手の武南と対戦したいという思い!

それを実現するために頑張っていってもらいたい!

とにかく今年初勝利ほんまにごくろうさんでした。

第90回大会速報

鹿児島実ー鹿屋中央  2-0

松陽ー姫路東   8-0

明石南ー生野   6-3

市川ー赤穂    2-1

チアキ!弟、頑張ったな 市川勝利、おめでとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

練習試合

今日は、神鋼加古川と練習試合ができて非常にありがたい!

神鋼の野球部の方に感謝である。

結果は3-0で負けて、完敗であった。

まあ結果は、いいとして内容が少し……

打撃は水ものやから、なんともいいがたいが、山口の1安打だけでは、さみしいな

この辺で、打線の組み換えをして、リフレッシュでもしてみてもええかもな

まあ 主軸が本番ではシブいとこ魅せてくれるはず。

それよりも気になったんが、投手力かな

はーとん 本番になったら変わるタイプか??

あのピッチングやったら、隙がありすぎてしんどいな

俺はだいたいまとまってるし、四球もだせへんけど、力で抑えることができへんから7回あったら、どっかでつかまってしまう。

やっぱり はーとんのあの重いストレートとノビがないとな…

都市対抗は制覇できないぜ!!

練習試合ぐらいは、ドンドンストライクとって、相手に打ってもらわないと、自分の球の何がよくて何がだめなのかわからへんから練習にならんで!

試合終わって、神鋼のメンバーに、

「ピッチャー育てよるんですか??」って言われたぞ。

本番までにしっかり調整してまずは、平っちゃん・健一からの信頼を得ること!

がんばりなさい!!

第90回選手権大会速報

鹿児島実ー指宿商    6-1

高砂南 -琴丘      2-1

洲本  -姫路工     18-5

姫路工も負けてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

マー坊

昨日から、3日間マー坊の30周年だそうです。

昔、高校時代に初めて戎に連れていってもらった時はバイパス沿いに店があったような??

あれから、20年ちょこちょこマー坊で楽しませてもらってます。

30周年御苦労さまです。

昨日から3日間 ビール半額だそうです。

ジャンジャン飲んで30周年祝ってあげてください!!

第90回選手権大会速報

鹿児島実ー古仁屋  11-0

松陽ー三田松聖    1-0

津名ー加古川南    4-2

東播工ー洲本実    4-0

北条ー東洋大姫路  4-0

加古川南、負けてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

投手陣の結束

野球の試合がなかなかないので、武南投手陣で、集まりました。

ぷーさんと、はーとんと!!

都市対抗制覇に向けて、決して強い投手陣ではないが、3人がそれぞれの持場で、競争心をもてば、強豪のチームのエースにも、3人の矢で立ち向かえる!!

Ts3e0215

投手3人はこのロウソクを見ながら静かなる結束を誓いあいました。

高校野球第90回大会速報

鹿児島実ー鹿屋  3-2

姫路工ー淳心   11-0

生野ー県農     3-0

武南母校まだ勝ち進んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

2人乗り

夜中にこの兄弟と、自転車で散歩した。

たぶん2人共 フラフラやったから、溝にハマっとるか、車にぶつけられてると思う。

Cimg0723

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

平成元年 第71回大会

平成元年 第71回大会は高砂球場 相手は川西北陵高校であった。

3年生最後の夏である。

試合前の整列が終わり、高砂球場のマウンドに立ったその瞬間………

Img025

マウンドから観客席を見た。

たくさんの人が応援にかけつけてくれた。

両親・親戚・中学校の先生・友人・加古南の先生・生徒・先輩・クラスメイト・後輩・父兄・彼女……

いろんな人がたくさん応援に駆けつけてくれた。

それをみた時、

一番に思ったことが、「何で俺らのために、こんなに応援してくれる人がおるんや??」

「あかんやろ… 俺ら真剣に野球に取り組んでこーへんかったのにマズイやろ…」

試合前のピッチング練習でそんなこと思っていたのである。

……

……

……

俺らの学年は最悪だった。

俺も2年生の夏の大会が終わって、3週間練習を休んだ。

理由は腰痛だったが、本当は退部したかった。

3年の先輩が抜けて、一気にやる気がなくなった。

なぜか同じ学年の人間と、何かを目指そうって気持ちになられへんかった。

熱い人間が一人もいなかった。

俺もそのうちの一人である。

最後の夏の大会までにいろんなことがあった。

タバコで停学になったやつもいる。

女性問題で停学になったやつもいる。

夏休み 髪の毛を伸ばしたいといって一度も練習こなかったやつもいる。

部員とコーチ間の暴力問題で、父兄が学校にどなりこんできたこともある。

部員とマネージャーとの恋愛関係で、マネージャーを辞めさせてしまう。

万引きで停学になったやつもいる。

なぜ野球部にいるのか??

就職がいいから続けていると平気でいうやつもいた。

冬はサッカーをした。(楽しかった)

バイトをしてるやつもいた。

真剣に野球に取り組むことが、はずかしくなるそんな雰囲気であった。

きわめつけわ、夏の大会前 俺らの学年は全員、髪の毛を伸ばしはじめるのである。

負けた後のことを考えて!!

全員が!!

監督がマジ切れして、「全員気合入れて散髪してこい!!」

って本気で怒ったが、誰一人 髪を切ってくるやつはいなかった。

夏の大会で、 俺らの高校ぐらいであった髪の毛がボーボーなのは…

大会前であるが、誰一人 熱くなるやつなんて、もちろんいない

俺も2年の夏から、この最後の夏の大会まで真剣に練習した記憶がない……

感動したこともなければ、こいつらと1日でも長く一緒に野球がしたいと、これっぽっちも思わなかった。

俺らの学年は、まさに執念のない、目標のない集団であった。

……

……

……

観客席には、本気で俺に野球を教えてくれた、親父がいた。

本気で俺がプロ野球の選手になってくれると信じて疑わなかった親戚のおっちゃん、おばちゃんがいた。

中学校の時、「高校では野球したくない」といった時、その当時の担任の先生が、

「野球してくれよ 応援いくからよ」って言うてくれた先生がほんまにきよった!

そして、セカンドからピッチャーになった時、つきっきりで、ピッチングホーム、変化球、牽制、クイック、フィールディング、メンタルを一から教えてくれた、先生(コーチ)がバックネット裏で見ている。

それをみた時に初めて、ヤバイ!!

これ負けたら絶対裏切り行為や!!!!

と思った。

なぜなら、こんなに支えてくれたり、応援してくれた人がいたのに、遊びながら野球をしていたのだから…

負けたくない!!

絶対 負けたくない!!

一度でいいから、あの人達を喜ばせてあげたい!

勝ちたい!

絶対 勝ちたい!

勝ってここまで世話してくれた人に、「ありがとうございました!」

と言いたい!

一度だけでいい、3年間負けっぱなしやったら、応援してくれた人になんてゆーたらええんや!

プレーボールがかかるほんの少し前に、俺の中で熱く今までにない欲がわいてきた!

……

……

もう、遅いんや……

たぶん 野球の神様がつぶやきよった…

いよいよ最後の夏の大会がプレーボールとなる。

続く……

PS  第90回大会 結果

    生野vs龍野実  5-4

    高砂南vs有馬  4-0

まだまだ武南母校、勝ち残ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

第70回大会パート3

延長16回表 ツーアウトランナー2塁

俺が投げた渾身のスライダーがセンター前にはじきとばされた!

ホームイン!!

Img_4957_2  

1-2!

我慢して踏ん張ってきたが、とられてはいけない1点をとられてしまった

16回の裏 加古川南高校の攻撃もツーアウトランナーなし………

3年生は、それでも泣きながら声をだしていた。

必死にバッターに気持ちを伝えようとしていた。

最後にやれることは、声をだすことしかない だからせいいっぱいだす。

そんな異様な光景であった。

……

……

……

試合が終了した。

延長16回1-2で加古川南高校 2年連続 初戦敗退であった。

相手の校歌を聞きながら、そしてベンチ裏のロッカーまで、3年生は大号泣であった。

その時 一人の新聞記者が、俺のとこにコメントをとりにきた。

朝日新聞社と書かれた腕章を巻いて、ノートとボールペンをもっていた。

あの甲子園みたいに、大勢に囲まれるわけでもなく、

ほんまに、この人、新聞記者なんかって思うような人であった。

「ご苦労さん 残念やったね いい試合だったよ! 延長に入ってからはどんな気持ちで投げてたの??」

ってな感じで質問された。

とにかく異様な雰囲気であった。

ロッカールームで大号泣しているかたわらで、冷静にインタビューの質問に答えなければならない。

「気力で投げてました。最後に打たれた球は失投です!」

……

……

ありきたりの受け答えをしてインタビューが終えた。

翌日 朝日新聞には俺が言った通りの言葉が記事になっていた。

別の記者のコラムで、その日の試合の中で、その日の一番印象に残った試合だけ総評をしてくれる欄があったが、加古川南VS伊川谷北戦のことが書かれてあった。

「伊川谷北ー加古川南の試合は延長16回、3時間10分という熱戦になったが、少しも長く感じなかった。選手達の気力もさることながら、両チーム合わせて四球が7個、失策がわずか1個だったことが大きい。押し出しやミスで決着がつくのは観戦者にとっても後味が悪いもの。1回戦から大会も盛り上がった。これに続く好試合を期待したい」

とゆう記事が大きく載った。

試合が終わり、3年生やその父兄からも多大な労いの言葉をもらった。

それだけで俺は十分満足していた。

凄い一生懸命 練習して気合も入っていた3年生に褒められたことが、何よりもうれしくて凄いプレッシャーから開放された安堵感でやりきった感じになっていた。

たかが、地方大会の1回戦である。

それも負けたのに……

しかし満足してしまっていた。

2年連続 1回戦負けなのに……

そして勘違いをしてしまうのである。

俺は凄い!

たかが1回戦なのに…

ちいさな器の中で、天狗になってしまった俺は、その後、野球に興味をもたなくなり、夢もなく、目標もなく、執念もなく、仲間とのつながりもない無駄な1年を過ごすのである。

PS 第90回大会のお知らせ 

   

   加古川南vs淡路 11-7

   姫路工 vs上郡  7-2

   高砂南 vs氷上  5-4

   洲本実 vs明石北 8-7

   松陽  vs?    13-0

まだまだ武南の母校は勝ち進んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月30日 (月)

第70回大会パート2

9回裏 1-1 ワンアウト満塁 3塁ランナーがホームベースを踏めば、加古川南高校サヨナラ勝ち!!

ベンチの中は、全員ベンチの前に立ち、張り裂けんばかりの声をだした。

勢いは完全に加古南!

その瞬間である

相手のキャッチャーが、すぅーーと1塁に牽制のボールを投げた。

……

……

……

……

「アウト!!」

一塁ランナー牽制タッチアウトである…

静まりかえった

呆然とした……

「何しとんや!おまえのランナー関係ないやろ! なんでベースについとかへんねん!!」

監督が物凄い形相でアウトになった選手を怒鳴りつけた。

そのアウトになった選手は俺と同じ学年の2年生の選手であった。

なんてことしてくれたんや!

なんで、この場面で1塁ランナーが飛びだすねん!ベースから離れるんや!

史上最悪な、ボーンヘッドである。

1点入ればサヨナラ勝ち、1塁ランナーはベースから離れる必要はない

野球をしらないか、気が抜けていたか…

当然のごとくベンチは、一気に落胆してしまう

この最大に盛り上がっている場面で…

しかし、まだチャンスは残っていた。

ツーアウト2・3塁。

しかし、バッターは大きなライトフライを捕られて、その回1点もとれず、延長戦へとはいっていくのである。

もし牽制アウトになっていなければ、サヨナラ犠牲フライで加古南はサヨナラ勝ちで、おおいに、盛り上がって、おれの野球人生も変わっていただろう。

延長のマウンドに立っても、気持ちが乗ってこなかった。

アウトになった気の入ってない俺と同じ学年の2年生をベンチにさげてほしかった。

控えの3年生に変えてほしかった。

やる気のない2年生が無償に腹立った。

しかし気をとりなおし、ただひたすらに3年生のために投げていた。

10回・11回・12回・13回・14回・15回終わっても勝負つかず、1-1のまま、

現在の高校野球では15回までで、勝負つかなかったら再試合であるが、この時代は延長18回まですることになっていた。

15回終わって球数260球以上。

そして運命の延長16回表

ツーアウトランナー2塁のピンチ

キャッチャーがマウンドに来た。

「しんどいか??」

「いや 元気です。」

「勝負な!」

「はいわかりました。」

そんな会話をして戻っていった。

… あと8人抑えたら、再試合やな……

そんなことが頭をよぎった。

キャッチャーのサインは自分の得意の外角のスライダー!

俺と同じ考えだった。

このスライダーが調子よかったから、この15回まで抑えることができた。

迷わず渾身の力を込めてスライダーを投げた。

しかし、吸い込まれるように真ん中にボールがいってしまった。

Img023

カッキンー!!

……

……

……

続く

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

1988年 第70回大会

1988年 第70回大会は2年生となり、明石球場のマウンドに立つことになった。

1回戦 伊川谷北高戦である。

この大会に向けて3年の先輩は鬼気迫る練習をしていた。

物凄い形相だったし、妥協を許さない練習をしていた。

そんな姿を見ながら、投手であった俺は、とてつもないプレッシャーと闘わなければならなかった。

コールド負けをした前年度

その翌日に、校長先生が全校生徒の前で、「弱い野球部でした。」

と、言われてしまったのである。

野球部は全員 下を向くしかなかった。

3年の先輩は、その屈辱を払いのけるために1年間必死で練習をしていた。

試合当日、3年の先輩はスガスガしい表情をしていたのを今でも覚えている。

笑いさえあった。

やり残したことはない、そんな感じであった。

キャプテンでキャッチャーだった先輩に「頼むぞ!」と言われてしまった。

他の先輩からも、「お前が打たれて負けたらしゃーない」

「絶対守るから!」

とか……

俺の中で、ドンドンプレッシャーが増していった。

ヤバイ……

あんなに必死で頑張ってきはったのに、2年生の俺が全てぶち壊してしまったら、この人達はどーなるんだろう……

ムゴイ…

俺一人のために あの努力が無駄になる…

俺 大丈夫か??

ストライク入るのか??

ボコボコ打たれるんちゃうやろか…

相手チームどんなんやろう??

プレッシャーで逃げ出したくなるような心境であった。

プレーボールがかかり、なんとも言いようのないプレッシャーに押しつぶれそうになっていた俺が、明石球場のマウンドに立った瞬間、そんな邪念がふっとんでしまった。

びっくりするぐらい平常心で、第1球を投げることができた。

心地よいマウンドであった。

必死になって守ってくれて、9回表まで、1-1である。

Img022

そして、9回裏 加古川南高は3年の先輩らが必死になってチャンスをつくり、ワンアウト満塁までこぎつけた!

1点とればサヨナラ勝ちである。

ファーボールでも、デットボールでも、エラーでも、パスボールでも、ワイルドピッチでも、犠牲フライでも、ボークでも加古川南高校のサヨナラ勝ちである。

そしてバッターはこれまで一番、監督に怒られ必死に努力してきた3年の先輩であった。

めちゃくちゃ気合い入いとった!

俺は絶対 打ってくれると確信した。

完全に目がいってしまうぐらいの形相だったから!

しかし……

その直後にとんでもない、信じられないプレーがでてしまうのである……

……

……

続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

1987年 第69回大会

1987年 第69回大会 兵庫県大会1回戦 尼崎産業戦

高校1年生16歳の夏 俺は明石球場のグランドに立った。

「1番 セカンド トクダクン」 初めて聞いたアナウンス

心臓バクバクで、バッターボックスに立ったような気がする。

日曜日だったので観客はたくさんいたような気がする。

1年生だったので、何がなんだかわけがわからず回が進み

0-7 7回コールド負けで試合が終わった。

あっけなかった……

呆然としていた……

3年生の女子マネージャーがすごく泣いているのを見て初めて実感した。

これで終わりか……

本当にあっという間であった。

このあっという間の為に、3年生は3年間も野球を必死になってやってきたのだ

……

……

この時、俺は1年生だったので、そんなに悲しくなかった。

1年生で出場できたのだから、俺は負けないだろう。

あと2回も夏の大会がある。

そう思った……

それが、堕落した俺の野球人生の始まりで、一生の後悔の始まりであった。

続く……

Img020

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

第90回全国高校選手権大会 

第90回全国高校野球選手権大会の兵庫県地方大会の組み合わせ抽選が発表された。

今年は記念大会なので、東と西に分けての開催らしい。

俺は毎年この兵庫県の地方大会を、 必ず何試合か見に行く。

自分の高校時代は、21年も前であるが、この地方大会を見ると昨日のことのように思い出させてくれる。

毎年 見るたびに自分の高校時代を振り返ることができ、情けなかった自分を思い出して、「よし! がんばろう!」って気持ちになれるのである。

毎年 都市対抗のシーズンと同じ時期なので最高のイメージトレーニングにもなっている。

今年の兵庫県はレベルの高い投手がたくさんいるらしい。

東洋大姫路の佐藤君。(センバツ4強)

報徳学園の近田君。(プロ注目の147キロ左腕)

神戸交際の松田君・山本君。(プロ注目の2枚看板、松陽中・竜山中の地元出身)

社の井上君。(春季大会優勝の2年生大型左腕)

加古川南の徳君。(身長165cm小さなハートのエース???)

と…なかなか見応えある投手がいるらしい。

しかし毎年応援するのは、加古川南である。

今年は2回戦で、津名と対戦になるし、それに勝つと東洋大姫路やから、苦しいやろうけど加古南VS東洋の試合は見てみたいな!!

あと応援するのは、洲本実 ・ 松陽 ・ 日生学園三 ・ 生野 ・ 高砂南 ・ 姫路工 ・ぐらいかな(うーん勝ち進みそうなとこないな(笑)

番外編で、山口県の下松工 ・ 鹿児島県の鹿児島実 ・ 島根県の江津工もさりげなく応援しといたろ。

とにかくまた夏がやってくる。

後悔した夏を、今年もまた思い出しに行こう。

Img021  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

練習試合

今日は日岡球場で練習試合があり、久しぶりに実戦で投げた。

久しぶりに投げてみて感じたことは、スライダーのキレが悪すぎて、これじゃ通用しねえわとマジで思った。

もうすこし前で投げて、スナップをきかさんとあかんわって感じやった。

やっぱりスライダーをきっちり投げるためには、アップの時に何回も投げて、手離れの位置を頭に叩き込むぐらい投げ込みしとかなあかんな…

だけど、練習試合楽しかった。

久しぶりに野球ができたこと、

相手チームも若くて、ダラダラしてなくて、意識高いチームやったから、チームとしてもええ練習になったと思う。

当たり前のことやけど、1塁牽制も投げれた。

セカンド牽制の連携もできた。

クイックも投げれた。

バント処理も練習できた。

サードの牽制も……

あれ??……

……

誰やねん??

……

……

……

Cimg0720

カナメやないか!!

なかなかサマになっとるやんけ!

野球やのに、真剣にぐっちゃんに怒られよるし(笑)

そやけど、カナメがええこと伝えてくれた。

1打席目はバット長くもって、振り回しよったけど、3打席目になったら、バット短くもってコンパクトにスイングしよった。

相手投手の球の速さと自分のスイング速さを考えてとっさに起こした行動や思うけど、ええことやな。

俺もバッティングなんか、自分のスタイルってなかなか変えられへんけど、相手投手によっては、バットを短くもったり、打席の立つ位置変えてみたり場面によっては、臨機応変にスタイルを変えることも大事なことやな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

集合

なんの飲み会かわからへんけど、平日にみんな暇な方たちです。

誰も客がいなくなっても、まだワイワイしゃべり続けてました。

7月6日の都市対抗までは、まだまだやけど、 ミーティングはバッチリです。

Cimg0716

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

存在がウザイ

先週の週末から、ちょこちょこ家をほっぽりだして、飲みに行ってました。

そして日曜日 久しぶりに野球に行って、そして勝って飲みに行った。

ほんでまた今週ちょこっとだけ飲みにいったら、今日の朝 嫁さんが機嫌悪かったので、

「何かご不満でも??」

と訊ねると……

「あなた、野球 お辞めになったんじゃありませんの?」

「野球をやめていらっしゃるのに、野球がらみで飲みに行くことはないざんしょ」

……

……

……

「へんてこな丁寧語で気色悪いんですけど」

と嫁さんに言い返しましたところ…

……

……

……

「あなたの存在自体がウザイのです」

「野球1度辞めると言ったんだから辞めなさい!!!!」

って言われてしまいました。

これって……

……

……

しかし 明日も5番と28番と飲みにいくのです。

とにかく今は、都市対抗とゆう祭りの真っ最中なのですから、おおいに酒をのんで語りあい、盛り上がらないと!

夏の大イベントはあっというまに過ぎ去ってしまいます。

しかし みなさん家族は大事にしてくださいよ

嫁さんに 「存在自体がウザイ」なんて言われると、相当へこみますよscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃えてますよ

今日はマー坊で、要とマサユキとカズマとがっつり野球とバスケの話した。

要は武南におったらめっちゃかわいい後輩やったやろうな(笑)

カズマが、この都市対抗はなんかやってくれそうなそんな意気込みがある。

あいつのなかで、なんとか俺の力でチームに貢献するんや!

そんな気持ち満載やった。

しかしカズマ この前の試合で、壱岐がショートでがんばったから、おまえの出番ないかもしれんぞ!

くさるなよ!

いじけるなよ!

へこむなよ!

意地みせよ!

姫工魂見せたれ!

おまえが最高のパフォーマンスみせたら、俺のブログで絶賛したる!!

Cimg0715

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

次が大事

昨日は本間に全員で勝利をもぎとった!

武南らしい最高な試合やった。

しかし絶賛するのは今日で終わりや!

いつもいい試合したあとに、コロッと負けてしまう。

武南の悪いとこや。

勝って余韻にひたるのは次の日まで!

明日からは次の試合に向けてまた1からの気持ちと、闘うという意識にもっていかないとあかんな

何時までもこの試合の余韻にひたる余裕なし

目の前の敵は必死でくるぞ!

さあ! リセットしてもう一回仕切りなおそうぜ

対戦相手は、FD加古川か、ノースレジェンドである

この気持ち 挑戦者の気持ちは100%やな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都市対抗1回戦

久しぶりに17番のオレンジのユニホームを着た。

心地よかったし、ワクワクしたし、やっと帰ってこれたなって感じやった。

やっぱり武南のメンバーの中に入ると、試合にでろうが、でらんとこーが、なんとかせなって気持ちになってもとった(笑)

試合に勝った瞬間は「ヨッシャー」って気持ちの中で叫んでもた。

これからは、今まで積み重ねてきた実績やプライドを脱ぎ捨てて、フレッシュな気持ちで野球を楽しみたいと思う。

この試合はいろんなメンバーがそれぞれにがんばったと思う。

吉永が最高のピッチングをしたが、これはバッテリー二人でがんばった。

柳田がタイムリーを打った!

武南カラーにまだ、なじめてないが、結果を残すことによって輪の中にはいり、自信もつくはずやからほんまに、俺も柳田が打った時は、嬉しかった。

よしきが会社をぬけだして来たことに、おおきな意味がある。

その気持ちだけで十分や!!

あと光ったのは、ベテラン組の守備やな 前畑・壱岐の足して72歳の三遊間の堅実な守備が光った。

戎のライトゴロは吉永を救った。

山口のファーストのグラブさばきは美技であった。

ワンチャンスをものにした2点を全員で、ベンチも含めて守り抜いた。

本当に武南らしい野球ができてよかったと思う。

夢の舞台に一歩近づいたな

LSDのメンバーもたくさん応援に来てくれた

ありがたい。

試合も最高にいい試合を見せてもらって感動させてもらった。

ぜひ頂点までいってもらいたいな!

応援に来てくれた人に感謝!

次も必死に野球して、見にきてくれた人に感動してもらえるような試合せなあかんな!!

Cimg0714

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

明日の試合

明日の都市対抗1回戦の試合にユニホームを着てメンバーとしていくか、観客としていくかいまだに悩んでる。

明日 試合にいけば、俺はなんのために武南を辞めていたことになるんやろうか

戻るのは早すぎるような気がする。

もっと離れれてみて、何か気持ちの中でさっぱりしたものが欲しかったが、それも感じることができなかった。

この離れれてる期間中に、メンバーが必死になって頑張ってるのを見て、俺もこんなとこにおったらあかんわな……

それだけである。

何かこうすっきりした状態で、チームの中に入られないのが、もどかしい。

ただ、試合には勝ちたい

なんとしても勝ちたい!

その部分だけがどうしてもゆずれないのである。

俺が何故 都市対抗を意識してしまうか

俺が野球に対する考えで、上手なやつが集まれば強いってのが納得いかなくて、

都市対抗もどのチームも出場すれば、上手な選手を他チームから助っ人として集める。

あの協会の考えがどうしてもなっとくいかない

それに納得してしまう 加古川代表も何か魅力にかけてしまう

上手なやつよりも、自分のチームが大好きで、仲間が好きで、元気がある!

そんなチームがいいチームなんだ!

とゆうのを、メディアにデカデカと好評される、この都市対抗に、こんな武南でも出場できます!

そして自分達のやってきた野球は間違ってないとゆうのをみせてみたい!

決して技術じゃない何かが大事なのである。

ってゆうのを、神戸新聞でアピールしたい!

そんな強い気持ちがある。

だから、辞めるといったのに、戻るのは早いような気がするが、なんとか明日チームの勝ちに少しでも貢献したいと言う気持ちになってしまってる。

明日は、代表はプレーヤーとして専念してほしい!

そして采配する人は全ての面において自分で決め スタメンも交代もサインも全部采配する人が判断して決め手欲しいと思う。

俺は、ひらっちゃんは名監督であると思う。

スタメンから全て自分の思うがままにしてほしい!

明日の自分の直感に賭けてみてください

必ずいい結果が出ると思う。

アミティ戦のなんか外から見てぎこちないのはそこだけであった。

一人ひとりが役割を責任もって、各ポジションプライドをもってやってもらいたい!

明日の試合前まで、プレーヤーで行くかどうか悩むが、明日 朝起きた時の気持ちで判断しよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

代表と俺の考えの違い

昨日は、俺の大好きなボクシングの試合中継があり、今一番 魅せるボクサーであろう長谷川選手の試合があり、見事2R KO勝ちしてしまった。

長谷川選手となぜか、うちの家族が一緒に写ってる写真です。

Img019

勝って興奮してしまったので、代表に連絡をとり飲みにいった。

俺は今 武南から、離れているのでえらそうなことは言えないが、この15日の試合は、

「何がなんでも勝ちに行く!そんな意思表示とオーラーを見せて、みんなを引っ張っていってもらいたい!」

と話したんだが、代表はそうでなかった……

「勝ちにこだわる、勝ちたい、勝ちたいオーラー見せたら萎縮してしまうでしょ」

「勝つだけがすべてちゃうでしょ……」

「負けることによって得ることだってありますよ」

……

……

……

「もちろんそうや!俺も勝つだけが全てじゃないと思ってる。しかし今度の15日の試合だけは、何がなんでも勝ちたい! 勝つためならどんな卑怯なことでもする。目の前の敵をたたきのめす!そんな 気持ちを代表がガンガンぶつけていったらどないや!」

男と男のケンカや!!

それで選手全員を俺についてこい!ぐらいのテンションでいかなやられてまうぞ!

勝ちたいモードガンガンぶっとばして、萎縮しとるやつがおるようなチームやったら、はじめから勝負見えとる。!

って話をしたが、代表にとっての都市対抗ってのは1年間の大会の1つであるとゆうような感じがした。

都市対抗だけが、特別じゃない それはわかっているが、都市対抗に出場できるようなことがあったら、何かチームが一皮も二皮もむけるような、何か大きな財産を得るようなそんな気がしてならない!

前回も、俺と言い合いをしてしまった、代表 なかなか心近ずくことはむずかしいが代表の苦労もよくわかる。

しかし 代表ここは「何がなんでも勝ちにいく!!俺が勝ちたいんや!負けたら俺が責任とる思い切ってケンカしてくれ!」そんな男気見せてもええんちゃうかな

それで負けてもたらしゃーないやん

勝ってほしいんや 都市対抗に出場する武南を見てみたいんや!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりのピッチング

今日 久しぶりににまさゆきに受けてもらった。

まったくコントロールも定まらへんかったけど、正捕手に受けてもらって感動した。

もっと捕手に、納得してもらえるようなピッチングになれるように、復活したい思う!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

武南ゴルフトーナメント

本日 旭国際姫路ゴルフ場で武南ゴルフトーナメント第1弾が開催された。

1位  エグチ      スコア 93

2位  平っちゃん   スコア 94

3位  こうたろう    スコア 101

4位  カズマ      スコア 114

と、言うようなスコアーで、こうたろう・カズマは次戦の決勝トーナメントには出場できなくなりました。

しかし、カズマは、ミドルホール370ヤードのところ、グリーンエッジまで飛ばし、推定飛距離350ヤードあったらしい!

化け物です……

武南ゴルフトーナメントは予選敗退ですが、そのパワー浜の宮グランドで、ぶちかましてちょーだい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お久しぶり

今日は23番と、30番から飲みに行こかって誘いがあったのに、仕事が23時までで、いけなかった。

非常に残念である。

今週は都市対抗があるし、前夜祭でめっちゃ飲みにいきたかった!!

やはりこんな大イベント前は、試合前から飲んで大いに盛りあがって試合前日まで、あーだ、こーだと言ってもりあがりたいな。

今日の飲み会も7番・10番・22番・23番・30番・それに新人さん そしてなんと岩元までおったらしい!

めっちゃサプライスやんけ!

さあ 15日は祭りや ジャンジャン酒飲んで当日 みこしかついで暴れてくれよ!

語りあうのも重要な練習やで!

意識高める最高の行事や!

岩元とあいたかったな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

都市対抗

さぁ いよいよ都市対抗ウィークディでが始まった。

トーナメントは下のリンクである。

http://www.eonet.ne.jp/~a-spec/kbba-hyogo-toshitaikou.htm

1回戦は、同じB1の、S-ONEである。

6月15日 浜の宮グランド  12時30分試合開始

通算対戦成績は0勝2敗である。

2004年度からB1も都市対抗の予選に出場できるようになり、成績は…

2004年度

1回戦  イノベックス    2-1 で勝利

2回戦  ガッパイ      3-1 で勝利

3回戦 プルデンシャル  1-3 で敗退

2005年度

1回戦 チームニシオカ  10-0で勝利

2回戦 松本砕石      1-1 で勝利

3回戦 S-ONE       1-2 で敗退

2006年度

1回戦 イノベックス    9-3 で勝利

2回戦 高井総業     1-2 で敗退

2007年度

1回戦 チームニシオカ  7-0 で勝利

2回戦 松岡建築     2-2 で敗退

と、都市対抗に初参加してからは、なかなかの成績できてます。

(A級と当たらないのも何かの縁かと???)

今年は気持ち的にも技術的にも、狙っていいと思うし、いいとこまでいけるはず!!

都市対抗にでればチームとして何か変わりそうな

何か心にズッシと来るものがあるような

そんな感じがします。

険しくて、高い夢やけど、思いが強ければ届くはず。

いけぇ~!

魅せろ執念! 目指せ頂点! てめらは強い!!

野球は技術じゃない何かをみせるんだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

今日の浜の宮グランド

今日は朝から嫁さんの調子が悪かった…

お腹が張ってるらしい…

こーゆう時は暗黙の了解で、男3兄弟の面倒を見るのは、普段家にいない父親である。

朝からいろんなとこ連れていった(加古川近辺やけど…)

3時ぐらいになり、もう行くとこもなくなったから、サッカーボール・バット・ラジコンをもって浜の宮グランドに遊びにいった!

そしたら、県選手権の準決勝(FD加古川vs松岡建築)の試合が行われていた。

子供そっちのけで夢中で観戦していた。

FDのピッチャーは去年 うちが全然打てなかったピッチャーであった。

Cimg0694

しかし 松岡打線はコンパクトに打ち返し、序盤で3点とってあのピッチャーを引きずり降ろしてしまった。

松岡のメンバーはほとんど変わっておらず、知った顔ばかりであった。

FDも若返っており、元気あるチームになってた。

松岡はあいかわらず、マイペースだが、ここって場面での勝負強さはピカ1である。

結局3-1で松岡が勝利したが、ナイスゲームであった。

子供らも、俺が真剣に見てるから一緒になって見てくれてた

Cimg0705

長男が、「あの人の球めっちゃ速いねんけど…」

って言うからチラッと見たら、次の試合で投げる、ソリューションのワタナベ君やった。

次男・・・「パパの方が速いやろ……」

長男・・「何ゆーとんねん あの人めっちゃ速いぞ!」

……

……

……

(もうそんなんわかるんか(泣))

ちょっと試合前で、ピリピリしてたみたいやけど、声かけた。

ハートのエース・・・  「ちょっと写真とらせてくれへん!」

加古川NO1エース・・・「え~ 俺の??」

ハートのエース・・・  「勝手にとるわな 子供が喜ぶから」

加古川NO1エース・・・「最近 勝ってるの??」

ハートのエース・・・・ 「ボチボチやで」

と、こんな会話をしながら写真とらせてもろた。

Cimg0712

今日 浜の宮グランドに来て、いろんな人に声をかけてもらったり、見たりして

やっぱり野球は強くなければならないし、続けていかなあかんなって気持ちに強くなった。

この右の加古川NO1の男と一度ガチンコ勝負してみたいとおもった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

武南vsアミティ 第2章

アミティ戦 点差的には1-8とボロ負けで、内容も完全に負けていたが、その結果はポイントとなる場面が一つだけあったような気がする。

3回表 ツーアウト2・3塁 打者 アミティの4番(0-1で負けている)

あの場面はあの試合の最大のポイントではなかったんじゃないか……

ワンアウト1・2塁で、アミティは3番バッターにエンドランをしかけてきた。

ベンチが4番に絶大なる信頼をもっているのだろう。

バッターはきっちり、三遊間にゴロをたたきつけ走者を進めた。

しかし あの三遊間の当たりをファーストで、アウト1つとれたのは、カズマの目に見えないビッグプレーであったと思う。

1塁ランナーが走る ショートは必然とセカンドベースに入る、その逆方向に難しいバウンドで三遊間に飛んできた。

確実に1塁セーフだと思った。

あれが、セーフだとしたら、ワンアウト満塁もう手のうち様がなかった。

しかし アウト一つとり、1塁ベースも空いた。

打撃は調子悪かったみたいだが、さすがである。

カズマの最大の魅力は守備力なんやな(笑)

いいプレーがでた!

ツーアウト2・3塁 1塁ベースは空いている。

さぁ どーする!!

……

……

結果は4番バッターと勝負して3-0となってしまった。

まずひとつのマイナスは、ワンアウト1・2塁でエンドラン決められて、何か雰囲気が(ヤバイ)みたいな感じになってしまったとこ…

もちろん アミティベンチは、エンドランが決まって盛り上がる。

武南の雰囲気は意気消沈してしまっていた。

俺は、あれはエンドラン決められたことよりあの、カズマのビッグプレーに気づき盛り上がって欲しかった。

「ナイスショート!」

盛り上がれるプレーである。

どんなピンチでも、どんだけボロ負けしていようとも、いいプレーがでたときは大いに盛り上がる!

それが武南らしさなんだが、あのプレーでそれがでなかったのは残念である。

そして 2・3塁でバッター4番!

いかにも勝負強そうなバッターである。

前回も俺が阿南から交代して、同点打をきっちりセンター返しをされてしまった相手である。

俺はあの場面120パーセント敬遠でいいと思った。

この試合は3点までの勝負と思っていた。

3点目とられたらヤバイんちゃうかなーって思ってた。

これは結果論である。

そして観客として見れてたから、冷静にそう思った。

闘っていたらどう思っていたかは、わからない……

しかしあの場面は、最大のヤマ場であり、もし乗り切ることができたら、今度は逆に武南に大きな波がきそうなポイントであったと思う。

これは、阿南とマサユキに今度飲む機会があれば聞いてみたいが、なぜ勝負に行ったのか??

阿南にはそこまで、考える余裕はなっかたかもしれない…

マサユキは経験も積んで、なんとなくこの場面がヤマ場であると感じはとっていたと思う。

次の打者は左打者であった…

阿南は左投手!

右の勝負強い4番打者と、左の5番打者どちらが勝負しやすいか、判断しやすい

たぶんマサユキに何か心配ごとがあったのではないかと思う。

なんとなく察しはつくが……

その辺をこれから、阿南・吉永・マサユキ・戎(バッテリー)で話して克服していけば、打倒アミティもそんなに遠くはないんじゃないか??

それともう一つ、あの場面が最大のヤマ場であると感じて、誰かが、間をとってほしかった。

ベンチからでもいい

ベテランの山口もファーストにいた。

代表のケンイチもセカンドにいた。

誰でもいい あそこは中途半端な気持ちで攻めたら必ずやられてしまう、相手の方が強気で余裕がある場面やから…

マウンドに行き「勝負するんか…」って確認しにいくだけでもよかったと思う。

野球には1試合必ず 大きな波が来る時があると思っている。

アミティはその波を感じることができる人間が何人もいるんではないか…もちろん実力も兼ね備えているが。

武南にその波を感じることができる人間があの場所ではいなかった…

それだけのような気がする。

都市対抗の1回戦がもう15日にある。

どのチームもこの大会だけは真剣にメンバーをそろえてきて、ガチンコでくるだろう。

この悔しさをバネに夢の初舞台に上がっていってほしい!!

よみがえれ武南魂!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

それぞれの戦いパート3

武南VSアミティ 1-8  5回コールド負け…

……

完敗であった…

……

今のアミティには勝てない……

そう思わせるぐらいのレベルの差を感じた。

……

……

試合が終わって昔のことを少し思いだした。

B2時代に、ハリマ化成と3試合連続で、1回戦で当たり、3試合連続で負けた時があった。

ノースレジェンスに何回試合しても勝てなくて、ノース病になったこともあった。

B1に上がり、ザリガニーズに2試合連続して、コテンパに打ちのめされ、コールド負けしたときもあった。

その度に、「今の武南では勝つのは無理だ…」

そう言った記憶がある。

そう言わないと、前に進まないし、何をいってもみじめな負けおしみみたいになるのが、くやしくてたまらなかった。

しかし、そう言いながらでも心の中で、

「いつか絶対 同じ思いさせたる! あのチームに勝つまでは辞めへん!」

「やられたやつは、やりかえすまでやる!!」

その気持ちだけで、ここまでやってきたような気がする。

なんの勝てる根拠もないのになぁ……

それが次の試合じゃなくてもいい

1年先でもいい

10年先でもいい

負けても負けても勝つまでやるんだ!

そう思い続けた。

多分 武南のメンバーやったらそう思っとるはずや。

阿南が最後にホームランを打った。それでいい、少しづつでもいいから、借りを返していけば。

気持ちあるかぎり、いつか必ず倒せるはずや!!

Img_4838

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

それぞれの戦い

今日は、朝から大忙しであった。

まずは、FCカルチョの第3戦が、玉津インターヒルズで行われた。

前半0-0。

後半に1点とられて、やばかったが、盛り返して2点とって逆転勝ち!

俺の出場は、前半の5分だけだが、十分である。

この5分間に何かいいパフォーマンスができればいい。

10歳以上も年下の人間らの中に入り、どこまでこいつらに認めてもらえるか

今はその気持ちでいっぱいである。

試合に勝ってうれしいとか、あんまりないが必死になって頑張ってる輪の中にいれることは最高の刺激になり、まだまだ衰えてはならない

そんな気持ちにさせてくれる、FCカルチョであり、今日の試合であった!!

1部に昇格しての2勝目 よくがんばった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

県選手権 準決勝

1日(日曜)はフットサルの第3戦に行く。

なんか やってやるという気持ちになっとるんが怖い……

出場時間は5分!

いいパフォーマンスをして1点とりにいきたい。

LSDのバスケの試合も1日にあるらしい

なんの大会かわからへんけど、神鋼体育館であるらしいから時間があったら見に行こう。

写真も撮ってやりたい。

武南も県選手権の準決勝である。

1日 神鋼別府グランド 11時試合開始

相手は宿敵かな??

因縁かな??

アミティである。

最高なゲームになると思う。

武南の良さは、絆と執念である。

それだけは加古川ナンバーワンちゃうかな??。

アミティの良さは、センスとプライドであった……

今年は、選手がプライドを捨て、絆がそなわった。

アミティ恐るべし!

執念の武南VSセンスのアミティ!

前回 負けてるだけにどうしても今回は勝ってほしい!

これから先 宿敵のライバルとなるために!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

新人のころ

この時期になると、新人さんが職場に配属される。

うちの現場も2人入ってきた。

なかなか最近の子は、まじめやし、しっかりしとるし、礼儀正しい!

今では武南のベテランの方達も、えらそうなこと言ってますが、昔は本間にみんな頭悪かったですよ!!

野球なんかやっとれるか この青春時代に!!

って感じ満載!!

Img018

うわぁ!!

行儀悪そう………

絶対 野球なんて真剣にするわけがない 19歳時代です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

喜瀬川戦

1月に別府グランドで練習したとき、吉永とたまたま一緒になって二人でランニングした。

「最近 練習来るってことは、おまえも暇なんやな」

「暇っすわ」

「何しとんや」

「今 毎日走り込んでます。」

「なんで??」

「いや いつかピッチャー行け!!って言われた時に、走りこんどったら、こんだけ練習しとるのに、打たれてたまるか!って気持ちになるでしょ」

……

……

……

こんな会話をシーズン入る前に、吉永と話した記憶がある。

俺がもう試合には行けへんと言ったとき、吉永から連絡があり

「ピッチングしたいんですけど……」

といって、俺の左目を潰しよった。

試合1週間前の練習で、一人黙々とランニングして調整する吉永を見た。

その日に、吉永と飲みに行った。

「自信あります。徳田さんが、もう一度投げたいと思うぐらい刺激するようなピッチングをします。」

と言い切った。

今日の喜瀬川戦のピッチングは最高に気持ちが入ってた。

120点満点をつけてあげたい!!

ちゃらおで、抜けた感じのある吉永が、かっこよかった。

自分でも何かしら努力してるとこがあったんやろう。

しかし その裏で実は阿南の存在が大きかったと思う。

仕事を休んでまできた。

今までそんなことしたことなかった阿南が、会社休んでまで、野球に来た。

その阿南の存在が、吉永にとってはものすごく大きかったと思う。

気持ちの部分で、無様なとこは見せられない!

だけど、やられた時は、阿南がケツふいてくれる。

阿南は今日1度も投げることはなかったが、あの吉永のピッチングを引き出した阿南の存在にも120点満点あげたい!

たった2試合だが、阿南にしろ、吉永にしろ自覚、責任感とゆうのが芽生えてきて、ドンドン成長していってるように思う。

まだまだ、修羅場はあるだろうが、今の気持ちを忘れずピッチングしてほしい

前畑のサードの守備もよかった。

ケンイチも必死になってボールに向かっていきよった。

守備陣も、安定してきた!!

しかし!!

今日は同じピッチャーとして、7回0点 それもノーヒットで抑えた、吉永と、阿南、そしてマサユキ バッテリーでもぎとった1勝にしてあげたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

県選手権2回戦 

県選手権の2回戦の相手は、喜瀬川である。

喜瀬川の本年度の成績は、開幕戦 ガッパイに0-6で敗退。

続く 近畿秋季1回戦で、S-ONEに0-7で敗退。

県選手権1回戦は勝ち上がったが、翔BBCの棄権であった。

試合巧者の喜瀬川にしては、何かおかしい……

人数がそろってないのかな??

そろそろ目が覚めて、らしさがでてくるころ違うかな??

だけど…

……

……

……

今の武南は強いと思う!!

根拠はまったくないけど、強いはず!!

ベテランも必死にやっとるし、若手もそれに負けじと、必死にやってる(1試合外から見ただけやけど……)

なんか今までよりも、武南の試合見るのが、ワクワクするのはなんでやろな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

昨日の試合(攻撃編)

昨日の試合の攻撃面ですばらしい場面がいくつもあった。

まず2番のケンイチの、徹底したチームバッティングの意識。

ヨシキの後の打者とゆうのは、武南にとって重要なポイントである。

ヨシキがランナーにでた時、次の打者は頭を使わなければならない。

1球目からバントしてくれたら、ピッチャーにしたらもうけものである。

「何かある 走るか バントか?」

そう考えながら投げるのが一番疲れて自滅してしまう。

足の速いランナーがでた時、1球目から、バントしたり、エンドランしてくれたらピッチャーは逆に乗ってしまうことがある。

あの初回の場面 ケンイチは必死でバントの構えをして、バッテリーをゆさぶり、ヨシキの様子も気にしながらツーストライクまで我慢して、エンドランをきっちり決めた。

レベルの高い野球である。

ヨシキの後を打つ人間はツーストライクからでも勝負できる打者でないといけない。

そーゆう意味では、ケンイチは自分の役割をしっかりわかっていた。

最高の1番であり、それを演出できる最高の脇役の2番である。

この2番がいるかぎりヨシキはいかされるに違いない。

ただもう少し、足が速ければゆうことなしだが……

かずま・吉永・マサユキの3連打は、どの当たりも完璧であった。

格の違いを見た。

それにもましてよかったのが、投手交代して、左のピッチャーの代わりっぱなの初球のストライクを山口が、打ちにいったこと。

打者にはストライクがきても、待たないといけない場面と、待ってはダメな場面があると思う。

野球のセオリーであるが、山口は確実に打ちにいった。

あそこのファーストストライクは、絶対打ちに行く場面だと思っていた。

気持ち勝ちである。

そして何よりすばらしかったのが、壱岐と、前畑のランナーコーチの役割であった。

ランナーコーチの役割はランナーを指示することだけでない

俺はこの草野球で何よりも重要だと思われるのが、相手に集中させない声、相手にスキをつくらせる声。

中学や高校みたいに毎日練習していれば、ランナーコーチの声などで、集中力がきれたりすることはないが、試合だけで野球をしていれば、あの「ゴーゴーゴー バック バック バック」とゆう声だけで、バッテリーは集中力をきらし、内野手は一瞬目をそらす。

その隙がエラーとなり、ファーボールとなっていくのだと思う。

ブルペンではストライクがドンドン入る。静かなただキャッチャーのミットだけに集中できるから。

相手を批判したり、ヤジったりする声は、絶対してはならない。

前畑と壱岐の声は大きく、そして意味のある声であった。

センターの後ろから見ている俺でさえ、前畑の「ゴーゴーゴー」とゆう声で、「誰か走ったんか?」と惑わされるぐらいであった。

最高のランナーコーチであり、あの大量得点の立役者であると思う。

誰がランナーコーチにいっても あーゆう声を出せればいいと思う。

あの「ゴーゴー^ゴー」は、自分のチームのランナーに言ってるようで、実は相手バッテリーや、内野手に言ってるのである。

ふじおも吉永も、本当によく打った!

すばらしい!

しかし そーゆうふうに打てたのは、目にめえない、評価されにくいとこで必死にサポートしてくれるチームメイトがいるということを感じてもらって、全員にチームワーク意識が上がっていけばドンドン強くなると思う。

18日は、日岡球場で10時15分試合開始。

昨日みたいに、見てる方もワクワクするようなそんな試合をしてもらいたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

武南VSニシオカ

今日は武南の試合を観客として、外から見させてもらった。

最高の試合であった。

16年間その中で生きてきた俺にとっては凄い新鮮で、輝いて見えた。

今日の試合の最大のポイントは、1回表の守備である。

阿南はまったくコントロールが定まってなかった。

ヤバイなーっと思って見ていた。

1アウト 1・2塁でファースト後方にフライがあがった。

むちゃくちゃ難しい当たりであったが、山口が執念でアウトにした。

あのプレーはビッグプレーである。

あれは気持ちがないと、とれない球だったし、もしとれなかったら大量得点になっていたはずだ!!

あれを山口が取った瞬間ガッツポーズがでてしまった。

その後 マサユキがキャッチャーフライをダイビングキャッチで取った。

完全に流れを武南に引き寄せた。

あの1回の守備で、俺は勝利を確信した。

どのプレーも気持ちが入っていたし、執念のプレーだった。

後は武南の目の覚めるような攻撃が続き、今まで見たことがない打撃の連続であった。

武南ってこんなに強いのか??

そう思わせる内容であった。

素直に嬉しかった。

また次の試合がある。

次男と三男を連れていってたけど、シャカさんとようこちゃんが、ずっと遊んでくれてた

そのおかげで、俺は食い入るように武南の試合を観戦できた。

シャカさん ようこちゃんありがとうございました。

次は2回戦 この勢いで突破してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

顔面神経痛??

7日にマサユキから連絡があり、飲みに行った。

若手だけで自主的に練習して、その後に俺のとこに連絡してきた。

たぶん一連の騒動から、このギクシャクした感じで、11日の試合に臨むのが嫌だったんだろう。

なんとかせねば…その気持ちだけで十分やと思う。

ケンイチもおったけど、二人とも、

代表って何なん?? 主将って何したらええん??

ってとこがあって、もがいてるとこがあるみたい。

まだ先輩もたくさんおるし、やりにくいとこがあるんやろう。

いつまでも、俺らの年代が精神的にも中心では、B1を勝ち抜いていくのは難しいと思っていて、精神的にも中心人物になれるように、この若い二人に託してみたが、重荷だったかもしれない

先輩方も、そこんとこヨロシク協力してやってください。

自分らなりに、なんとかせねばとゆう気持ちは強くもってるみたいや。

昨日は 吉永から「ピッチング練習したいんですけど」って連絡あったから、夜でもピッチング練習できる、俺の秘密場所に連れていって練習した。

ちょっと嬉しかった。

俺がいかれへんから、投手としての自覚でてきたんやろう。

吉永もなりに、なんとかせねばとゆう気持ち少しあるみたい

荒削りであるが、きた時の球はすばらしい!!

今度は確実に自分が投げる場面があると確信しているのだろう。

やる気満載である!!

しかし50球ぐらい投げた後に、「ストレートとカーブを交互に投げて」と要求した。

すると、カーブを投げるときに、あいつ間違ってストレート投げてきた。

俺は曲がるもんや思ってグラブを下げたら……

……

……

……

ガッツーン!!!

……

……

……

そのまま 吉永の重たくて速い球が俺の左目に直撃した!!

一瞬 気を失なった。

激痛が走った。

ヤバイ…と思った。

それぐらいの衝撃であった。

吉永が俺の顔見て、

「うわぁ やばいっすよ、辰吉の試合終わった後みたいになってます。」

「タオルもってきますわ」

激痛でしゃべられへんかった。

「うわぁ マジやばいっすよ お岩さんみたいになってます」

……

……

投球練習は終わり、家に帰ったら嫁が、

「うわぁ 何それブサイク

長男が、

「うわぁ パパ誰に殴られたん」

次男が、

「キモーイ」

……

……

……

心配になってきて、緊急病院に行った。

医者が俺の顔を見たとたん、

「うわぁー すぐに顔面のレントゲンとCT撮りましょう。これ 鼻も腫れとるから折れとるかもしれんね」

鼻も?????

うそ??

鼻はそんなに痛ないぞ??

レントゲンとCTが終わり無事何もなかった。

医者が、

「鼻も腫れとる思ったけど骨折してませんでした」

……

……

鼻はもともと デカイんじゃ!!

凄い痛い思いしたから、11日の試合、吉永君がんばってよ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

母校の応援

今日 野口球場で加古川地区中学校大会の準決勝と決勝があった。

準決勝に、我が母校(別府)が進出していたのと、別府中のエースが知り合いの子供(バレーでお世話になっている、川野家の太郎)だったので見に行った。

別府中がここまで勝ち上がるのは、快挙である。

俺の中学時代は常に1回戦負け。

太郎には小学生の頃 1度クイックの体重移動と、牽制の時の足の運びをアドバイスしてあげたんだが、今日 久しぶりに見たけど、クイックも牽制も俺より上手になってた(笑)

Img_4536

逆に今日 太郎のピッチングを見て勉強させられた部分が何個もあった。

体全身を使うこと。

マウンドさばき。

間の取り方。(バックに声をかけるタイミング)

とにかく堂々として自信に満ち溢れていた。

あの小学6年から3年しか経っていないが、凄い成長である。

太郎もいろんな経験をしたのだろう。

別府が決勝も勝ち優勝した。

決して優れた選手がたくさんいるわけでもないが、チーム全員で1点を取りにいく。

チーム全員で必死に1点を守り抜く、そんな姿勢が感じられた。

太郎をはじめ、今まで悔しい思いを無駄にせず取り組んできたんちゃうかな

よく頑張ったと思う。

しかし、俺も野球好きでいろんなとこ見に行っているが、野球が好きなんか、身内が好きなんかわからへんけど、他人の子供を必死になって応援してる男がおったわ!

好きなんやろな…… 

野球も!

身内も!

武南も!(武南魂シャツ着てたからな)

Img_4562

俺も山口も、太郎のファンになってもたな(笑)

しかし今日中学野球見て思ったけど、まだ大丈夫や!負けてない!、まだまだ応援する立場じゃなくて、自分がグランドに立ってバリバリせなあかんな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

闘魂の練習

昨日、17時から稲美の高園寺球場で、闘魂の練習に参加させてもらった。

高園寺球場めちゃくちゃ遠い……

そやけど、ええグランドやった。

13時から子供の少年団の練習で汗を流し、17時から闘魂の練習で、ガンガン、フリーバッティングでピッチングをして,思いっきり汗を流したので、バテバテ……

いい練習になった!!

体が物凄い水分をほしがってた。

だから、その後 闘魂のメンバーと一緒に行った、東加古川の千年のなんやらってゆう居酒屋で飲んだ 生ビールは最高に旨かった。

闘魂も11日 試合がある。

一緒に飲んだ 竜次・林くん・ひさみつくん・若手2二人とも熱かった。

武南と違う静かなる闘志がある。

林監督が目標にしているB2昇格とゆう目標に向かって真剣に取り組むという気持ち。

竜次の自分についてきてくれた 若手のために体がボロボロになるまでやるってゆう気持ち。

ひさみつくんの静かなる闘志。

そして若手の「武南と試合がしたいです。 かずまさんや、よしきさんと対戦したい」と言う強い気持ち。

A級であろうが、B1であろうが、C級であろうが何か目指しているチームが廃れることはないと確信した。

まだまだこれから野球を覚えたい、上手になりたい!

その気持ちにすごく刺激された。

俺も今は武南でマウンドに立つことはないが、いつか必ずどこかでマウンドに立った時には、ブランクを感じさせないぐらい、いや逆にパワーアップしてるところを自分自身で見てみたい!!

何年かかってもいいから 武南VS闘魂の夢の対決が実現するまで、闘魂のみんな、これから1戦1戦大事に楽しく、思いっきり試合して欲しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

その名もてっちゃん

4月19日から始まった、我が工場の大修理も今日でやっと終了した。

休みなしの、毎日22時まで仕事、2回の徹夜、そして今日最終日は夜中の1時を越えた。

そんな中 我が後輩のてっちゃんは本間によう頑張った。

19日の初日に、俺が徹夜して、そのまま野球の試合に行って、負けてくやしすぎるのと、筋肉痛で寝れなかったので、次の日は会社に行ってもボロボロで仕事にならなかった。

そんなとき、てっちゃんは俺の担当の仕事までこなしてくれた。

何も言わず、ひたすら俺のカバーをしてくれた。

そして今日 最終日を向かえたが、朝から突発の仕事だらけ……

疲れきっているが、てっちゃんは力を振り絞って働く!

P1010709

一つの仕事を終えても、なかなか運転できない、帰れない……

もう夜の22時を回った。

10日間 ぶっとうしで働いてきたので、限界なはずである。

しかし、てっちゃんは最後の力を振り絞って作業者の安全を見守る。

P1010713

最後の仕事が終わった。

後は、運転を待つのみ、夜中の0時を過ぎた。

「てっちゃん 休憩しょーぜ……」

「休憩しましょか!」

二人で休憩場所に入った。

そこで、てっちゃんが言った。

「俺らこの10日間頑張りましたよね。」

……

……

……

「頑張ったな…… てっちゃん、俺、もう力残ってないぞ……100%使い果たしてもた。」

……

……

……

「ほんまっすか! ゆっくり休んで下さい!」

……

……

……

「てっちゃん まだ力残っとんか??」

……

……

……

「残ってますよ! あと10%だけ残してます!!!」

……

「なんや その10%って??」

……

……

「今日 最終日ですよ! トクダさんと二人で打ち上げするために、10%、力残してました! 行きましょか! 飲んで歌いましょか!」

……

……

と言って、てっちゃんは、スヤスヤ寝てしまった。

P1010712

てっちゃん ごくろうさん!!

激動の10日間やった。

ゆっくり休め。

もう夜中の1時や どこも店やってないから!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

名言

今回のことで、武南のメンバーから最高の言葉をもらい このチームの強さというか、熱さとゆうかなんとゆうか、すげえチームやなと、実感しました。

絶対強くなる!!

そう確信しました。

武南意外の人からも、たくさんのエールとゆうか、励ましとゆうかそーゆう言葉をもらったので、名言として残しておきます。

「あんたは、器の大きいチキンハートのエースやろ」

「投げ急いだり、勝ち急いだりしなくていいよ」    (ある主婦)

「ええ若い奴らのために、自分殺して頑張ってみろや」  (ライバル)

「会社辞めるより、武南辞める方が人生後悔しますよ」  (会社の後輩)

「ブログで武南の話題がなくなると、さみしいんですけど」 (会社の後輩)

「辞めてまうの?、野球してる時だけかっこよかったのに…」  (元カノ)

「ええな…そんな後輩 他のチームおらんぞ!!」  (元野球人)

いい意味で、武南とゆうチームと、自分自身を振りかえさせてもらう貴重な言葉でした。

ありごとうございました。

野球には行かなくても、武南の話題は遠慮なくドンドン書き込みします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

しょぼしょぼ加古南軍団

昨日 平っちゃんから朝メールがあって、飲みに行ってました。

もちろん野球の話なんだろうと思ってたんやけど、戎と壱岐も来ると聞いて、今 会いたくないねんけどなって感じでした。(笑)

会って普通に、子供の話、家族の話、プロ野球の話、壱岐の彼女の話を延々して武南の話したんかな?

いろいろ話したな、まぁ アミティ戦の内容と、次の大会どんな感じで行くかって話し。

いつもといっしょやな!

平っちゃんが、「今度の試合、トクちゃんおれへんねんやったら、戎一回投げて見る?」って言うたら、

おっさんまんざら 嫌そうでもなく「俺 なかなかコントロールええから、いけるで!」

って言うたら、壱岐に「バッティングピッチャーになってまうやん」ってつっこまれよった。

一応 初代メンバーの4人です。

お互い性格も考え方も気質も全然違うし野球観も違うんやけど、武南で何をやりたいかは一緒で、

今更、 俺の思いと考えを言う必要もない人間なんやけど素直に話ししました。

3人ともそれで武南が前進していくのであれば問題ないとのことで理解してもらえた。

やっぱり野球って楽しくないとだめやな

楽しめてない俺はどっかおかしい

焦りすぎやったし、

夢を追いすぎた。

強さを求めすぎた。

チームに対しても、自分自身に対しても……

少し疲れたので休憩させてもらいたい。

これは本音です。

もしかして そのまま辞めてしまうかもしれないけど、それは歳なので許してもらいたい

心配かけて申し訳なかった。

最高の言葉をたくさんの方にもらい、マジ感謝してます。

心に響きました。

もう一度 やりたい!

そう思えるように、ゆっくり武南野球応援したいと思います。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

突然ですが……

武南を退団することを決意しました。

俺は団体スポーツってゆうか、武南のルールをやぶってしまった。

チームの代表を批判し、逆らった。

チームの主将に対して侮辱した。

自己中やったし、ルール違反である。

毎年 変わる武南の代表に、絶対してはいけないことをした。

若手の本音も聞けた。

ブログに感謝する。

俺がチームの中で一番 足をひっぱてることも感じた。

チーム内で、こんな人間がいると、チームワークがよくなるわけがない。

チームをかき乱している。

これから、頑張って強くしていこうとする人間の意欲をなくしてしまう。

武南のルールは決して代表に選ばれた人間を批判してはいけないと、俺が言い続けたことだから、仕方ない。

これから、こんな人間が、一人でも出ないようにするために、ケジメをとって辞める。

野球は一人でするものじゃない。

それと自分自身のプライドと、野球に対する信念だけは曲げることができなかった。

このブログには感謝したい。

たかがブログだが、いづれかはこうなっていたと思う。

辞めると決意してから、武南での俺は反省することばかり思い出す。

竜次には、姫路球場で嫌な思いをさせてしまった。

岩元とは、いつもぶつかりあっていた。

二人ともやる気があったのに、俺が辞めさせてしまったようなもんである。

もう少し冷静で心が広かったら、今でも一緒に武南でやっていたと思う。今更だが、心が痛い。

しゅうが代表の時は、愚痴ばっかり言うてた。

あの頃から多分、俺はチーム内では悪玉やったんやと思う。

気づくのが遅かった。しゅうにはほんまに、悩ませて悪かった。

平っちゃん・山口・前畑・もっちには、試合中 飲み会でボロカス言った記憶がある。

ようキレずに我慢したと思う。

この4人の野球好きが今の武南を支えてきたと思う。

こうたろうと、ちゅんはなかなか試合を出してやれなかったが、文句の一つも言わなかった。

それでも今なお武南で続けてくれていることに感謝であり、誇りに思う。

阿南・ふじお頑張れよ(笑)

吉永 絶対辞めるなよ、おまえが辞めたら砂糖のないコーヒーみたいで、武南がにがくなる。

甘いやつが好きな人もいっぱいおるから辞めるな(意味わかるか?)

かずまと、よしきが入部してから俺のピッチングが悪くなったな(笑)

二人に野球で頼りすぎたな、打たれても二人おったらなんとか、してくれるんちゃうかって思ってたわ。

そやけどお前ら二人入部して、夢見させてもろた。

戎と壱岐どんなことがあっても続けろ そんだけ!!

それから、健一、雅之 俺は逃げるんちゃうで、信念貫き通したかったんや!

そやけど、立場わきまえてなかった…他のメンバーにしめしつけへんからな

みんながみんな言いたいことよったら、チーム潰れてまう。

それと、お前らが憎くて辞めるんじゃない!

俺の目をさましてくれた。

今でも 俺の最高の後輩やと思ってる。

またゆっくり飲んで話しよーぜ!

俺はどっか疲れてるとこもあって、辞めるには中途半端な時期やけど、ええきっかけやと思ってる。

今から県選手権・都市対抗とあるので、やる気ある代表と主将を信じて盛り上げて行って欲しい。

いろいろ問題もあると思うがそれを乗り切って強く、楽しくなっていったチームやから若い代表・主将を信じてやって欲しい。

俺は武南野球は大好きやから、必ず時間見つけて応援に行きます。(次男 三男連れてやけど…)

主将が目標にしている 都市対抗の舞台で、あのオレンジのユニホームが、三洋電機洲本や、グローリーといった強豪と対戦しているのを、想像しただけでも鳥肌が立ち、感動するやろう。目指してほしいな!

その時はカメラもってガンガン応援するで!!

俺は今年いっぱい野球はせーへんと思う。

ちょっと充電期間やな

小学2年生から、野球をせーへん年なんてなかったから、リフレッシュ!

でも またいつか野球はします。

嫁さんに「武南辞めるわ!」って言うたら、

「子供と遊んだってよ」って……(あっさり)

俺もそう思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

経験

体中 筋肉痛と、負けてくやしすぎるので、朝 会社休みそうになった。

「もう そんなんやったら野球辞めてくれへん!」

嫁のその一言で仕事場へと向かった。

また打たれた……

最近 マウンドに上がる時いろんな事を考えてしまう。

「この回 流れが変わる!絶対 先頭打者を出してはいけない」

「前回 初球から狙われた 1球目丁寧に投げなくては」

「踏み込まれたらやられる 内でのけぞらさな」

それも悪いイメージしかでてこない。

若い時にあった みなぎる自信がもてない

あまりにも長いこと投手としてやってきて、いろんな経験を身につけてしまった。

若い時は何も考えてなかった。

マウンドに上がったら、「俺が一番練習しとんじゃ!打たれへん」

無心で投げてたし、集中してた。

今は集中してないのがよくわかる。

いろんな経験してきたことが、俺の頭を邪魔してる。

投手というのは、経験をつめばつむほど、怖さも覚えてしまう。

やられた場面がよぎる。

何年か前はそんな事、考えたことなかったのに。

変なプライドも邪魔をする。

今は、今まで経験してきたことをリセットしたい。

阿南のピッチングを見て思う。

何も考えず 一生懸命投げる。

経験と思い出は消したくても消えない。

もう少し頑張らないと!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

アミティvs武南

「次につながる試合やったと思う」

って代表が言ったが、次につながるわけがねえ!

と思ってた。

試合前から、イライラしていた。

今日は日岡の第1試合と言うこともあって 朝の7時に球場に着いた。

日岡の第1試合 対アミティ戦 準決勝 なんで1時間前集合やねんって感じやった。

俺が球場に着いたとき アミティのメンバーはほとんどそろっていた。

全員球場の外で談笑し、ベンチに入りグランドに全員で一礼!

ゆっくりと全員でライトの方向に歩いていく。

全員でゆっくりランニングしだした。

俺も走りだした、すれ違いざまにに全員が俺に「おはようございます

大きな声で挨拶してきた。

そのあと 全員が一列になってダッシュする。

楽しそうにダッシュしていた。

全員で柔軟体操をのんびりする。

そのあと 全員が輪になって声をだして、ベンチ前で、全員で素振りをしだした。

そして キャプテンがスタンドの席に集めて 輪になって全員でゆっくりしたミーティング。

その様子を一部始終見て俺は心の中で 「ええな」って思ってた。

武南のメンバーも遅れてポツポツ着た。

「アミティ 気合はいっとるやん」

一番聞きたくないことを、ほとんどのやつが言う。

相手のことが気になって、バラバラにアップする武南。

アップってのは、体をほぐすためにだけじゃなくて、これから強敵と闘う前に全員で気持ちを一つにしていく作業であると前回のブログで意見させてもらった。

あんまり共感を得られてないんやろ

俺は絶対 「負ける!」

そう思ってた。

大人のチームと子供のチームや

そんな イライラした状態がずーっと気持ちの中にあった。

「相手 気合はいっとるやん!!」

ってゆうメンバーに、なに、上から目線やねん 気合って口だけちゃうんか 集中しろ!

何回試合してきとんねん!

って思ってた。

チームメイトにそんな気持ちの状態なんやから

俺自信も、全然集中できてなかった。

ワイワイして、楽しくするのはその前の準備がしっかりできてからであると思うんや。

今日の負けの原因は、投手交代につきると思う。

試合前から、チームメイトに不信感がある投手が1点差と重要な場面を抑えれるわけがない!

集中してた気持ちが切れてしまってる投手が抑えれるわけがない

そんな投手にチームは託してしまったんやから…

正直 試合前に「絶対 負ける」と思ってしまった……

最悪である……

そんな自分が腹立たしくてなんとも整理でけへん

チーム全体のことが気になって、投手としての仕事できてない自分に腹立だたしい

次につながれへんと思う。

ええ試合はするやろうけど、ええとこで負けると思う。

このままB1残留はするやろけど、そこまでやろ

ええチームや思うけど、中身はアミティの方が上やと思う。

熱いと思うけど見せ掛けのとこあると思う。

元気でとるけど、口先だけやろ

本気でA級狙ってるのは、アミティの方やと思った。

先頭打者出したら痛い!

サインミスしたら勝てへん!

ワイルドピッチ パスボールがあったら負ける!

エラーがあった!

○○よう打ったな!

飲み屋でしゃべったらええことや

結果ばっかりしゃべるんやったら、どっかので飲み屋でなんぼでも話できる。

試合後のミーティングする必要ない

俺が試合にでてなかったらそう思う。

結果で、だめだししたり、ほめちぎったりするんやたらマー坊でしてくれ

何でエラーでるんか?

あの場面はこーゆう気持ちでいかなあかんの違うか?

何でサインミスがでるんか?

何で先頭打者を出してしまうんか?

それをなくすためにどーしよう。

どんな練習しよう。

どんな試合に入る準備しよう。

それを全員か代表か誰かわからんが考えたり、リーダーシップとっていかなこのまま今年終わってまうと思う。

負ける度に練習せなあかんなって言うけど、聞き飽きた。

練習したい思う人間が練習場とって連絡したらええだけの話。

代表がする必要ない

せな あかんと本気で思ったらやりよる。

影でひとりで練習しとるやつもおるやろ。

俺はチーム全体の事を考える余裕はない

野球は投手やと思ってる。

誰かが言ったように早く復活すること。

ゴチャゴチャ言う前に何故 点をとられるか考えていかなあかん

阿南が一人前になるか、ええ投手が入るまでは!

俺がしっかり投げればええ話や!

しかしエンターテイナーとゆうのは、人が見てないときにこそ努力するものやと

今日はアミティのアップを見て思った。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

新入部員

昨日と今日、今年入社した新人さんが、我が職場の見学にきた。

担当したのが、闘魂ナインのてっちゃんである。

姫路工の野球部で、かずまのことを「よく知ってます」と言う子もいた。

昔、俺が若い時にそーゆう役回りだったとき、常に武南とゆう野球チームの話しをした。

それは、勧誘することが目的だったからである。

しかし、その1回の見学ではなかなか、勧誘はできないし、それで武南に入ったやつはいなかった。

職場に配属されて、違う職場の人から「野球したいゆー子がおるんやけど、武南にいれたってくれへんか??」

と頼まれて、武南に毎年何人か入れた。

しかし、それで続いた子はいない。

何人も辞めていった。

武南に入ってる間は大事な後輩であるが、辞めてしまえばただの他人である。

我ながら冷たい男である。

しかし そーやって何人も辞めていったから今の武南があるのだ。

人がせっかく入ったのに、辞めていくとなかなか 辛いものである。

特に自分が誘って入れた子は……

しかし 人が辞めていってしまう度に思ったことが、絶対 武南とゆうチームを強くしたい!!

辞めたことを後悔させるぐらい、活気ある熱いチームにしたい!

そんな気持ちにかきたてられた。

何十人と辞めていったので、何十回そう思って精進してきた。

だから、人を勧誘してチームに入れることは、いいことである。

そして チームに合わなくて辞めていくやつを見届けていくのも、いいことなのである。

だから 誰でもいい、入りたいと思うやつがいれば、闘魂でも武南でもドンドン入れてやればいい!

それによって、チーム内で競争意識がでて、ぶつかることもでる。

そこから、チームの方向性はしっかりと見えてくるはずである。

毎年 刺激がないとチームは向上しない。

そして新人さんが入っても「負けてたまるか」精神があるやつが、最後には残っていくのだ。

と……  そんな話を、仕事中 闘魂のてっちゃんに、3時間ぐらいこんこんと話した。

てっちゃんは黙って俺の話を聞いて、「参考になります。」と礼をした。

てっちゃんは新入社員に、仕事の話をせず、野球の話を延々としよった。

「縁があったら一緒に野球しょーや 野球したくなったらいつでも俺のとこ、電話かけてきてくれ、俺らのチームはこれから必ずええチームになるから!!」

熱い!!

熱すぎる!

10年前の自分を見てるようであった。

俺の唯一の後輩であるクールなてっちゃんが、熱くなるのを見てうれしくなった。

俺より物覚えが早く、パソコンも完璧やし、QCもひとりでつくってまうし、図面もさっと書けるし、男前やし、礼儀もええし、意欲もあるし、そんな てっちゃんに熱さが加わったら、俺が仕事で勝てるとこがなくなってまうやんけ!

人のキャラとるな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完封

「徳田さんでは完封は無理です」

「悩みます」

「ベンチにいてくれた方がチームとして盛り上がります」

038

本音トークしやがった。

二人で飲んだ!

悩むんじゃねえ

一人で背負うんじゃねえ!

俺を復活させるためになんとか考えろ!!

それがキャッチャーの宿命や!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

今週の対戦相手決まる

俺らが、日岡で花見をしている時間、準決勝の相手が決まった。

アミティ VS S-ONE 5-1でアミティが勝利した。

20日の相手はアミティである。

SーONEは前回の大会 優勝したチームである。

そのチームに圧勝したアミティは、いかつい!

アミティは今年 松岡建築に4-2で勝ち

ガッパイに0-1で負け

翔BBCに3-2で勝ち

S-ONEに5-1で勝ち

試合巧者のチームと対戦し、うちが今年まだ2戦しかしてないのに対して、4戦もこなしてきた。

久しぶりに エースの子が復活したらしい。

俺とは一回りも年下であるが、あの子が復活したんやったらアミティやるやろな!

元々 馬力あり若さあるチームや!

一番 A級に近いいわれとったチームやからな

この勝負 ハートの17番でいかなあかんのちゃうか!

アミティのメンバーは俺と対戦したいはずや!

奇襲は通用せーへんチームやからな

なんか ワクワクする!

東洋大姫路 VS 加古川南の対決やないか!

銭とれるで!

……

……

……

忘れとった……

監督と代表にクローザーで行ってくれ言われたんや… 花見のとき

プーさんは、がんばりよるな

一人で興奮してもた。

うちは、うちらしく総力戦やな!

ええ場面で、俺に回してこいよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武南・LS合同花見大会

総勢40名ほどで、行われた武南・LSコラボの花見。cherryblossom

幹事の方、準備にたずさわってくれた方、料理をつくってくれた方、大変豪華な花見やったと思います。riceball

Img_4428

なんせ人も多かったしなcoldsweats01

幹事は大変やった思います。ごくろうさん!

でもこーゆうイベントは最高やな!

次は、武南も、LSもこの同じ場所でビールかけできたらええな

野球や、バスケで選手のみんなは十分楽しめとるから、彼女、子供、嫁さん、応援してくれてる人に楽しんでもらえるような、今回の花見大会みたいな企画ドンドンしていけたら、最高!

 また来年、花見バーベキュー開催できたらええなと思います。Img_4492

PS 次男が帰ってきて、まさやのパパに買ってもらった剣振り回して、「パパ明日も花見に行く!!」と興奮しよった!!Img_4503

※ 花見の写真フォトアルバムにアップロードしてます。写真いる方は後日連絡ください

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

準決勝

次回の対戦が決まった!

4月20日(日曜)

8時45分試合開始

日岡球場

対戦相手  アミティVS S-ONEの勝者

Ts3e0138

前回の高松宮賜杯の決勝は、S-ONE VS ガッパイであったが、S-ONEが3-2で勝利し、1つ目のタイトルをっ取った!!

4月20日の準決勝は、相手がどちらが来ても大接戦になることはまちがいない!

この大会は武南らしさを存分に発揮して、B1で武南の存在感をアピールする大会である。

日岡球場に強い武南!

近畿秋季に相性のいい武南!

花見大会でがっつり飲んで、決戦の舞台へ!!!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

練習方法

土曜日は、日岡球場で練習した。

なんとも贅沢だけど、たまにはリフレッシュにもなって、すごく良かった。

闘魂のメンバーも参加してくれて、球場代まで払って頂き感謝である。

今回は吉永・モッチ・雅之・ふじお・健一・よしき・戎・闘魂のメンバーが5人と合計13人といたので、良かったと思う。

武南も、闘魂もたいがい練習くるメンバーはいつもだいたい同じメンバーやな(笑)

ちなみに俺は、自慢であるが、1月の練習から1度も休んだことがない!!

皆勤である!!

なんと暇人な男である!

練習のある日は、土曜出勤でも、子供の参観日にしてしまう。

だから、うちの会社の上司は俺の事を、すごい子煩悩だと勘違いしているのであるscissors

仕方ない、土日に野球をするために、月から金まで、ウザイ上司のゆうこと聞いてあげたっとんやから土日は大きな顔して疑惑参観日!

そして俺は子煩悩!

嫁が聞いたらさぞ悲しむであろう。

(本当の参観日は大きな顔して会社休みます。)

話は変わって、まじめな野球の話なんだけど、最近練習方法をもっと工夫して、できればいいなと思うことがある。

例えば、人数少ない時の練習方法と、今回みたいに人数が多い時の練習方法である。

俺が一番いいなと思っているのは、プロ野球の試合前の練習方法である。

あれは練習と言うより調整みたいな感じでしているが、人数が多い時はあれでいいんじゃないかな?

まず、バッティング箇所を2箇所作り、フリーバッティングをする。

ピッチャーは前から、バッターの打ちやすいとこにドンドン投げ込んでやる。

守るのは外野の3人だけで、ピッチャーの後ろに外野からの返球をもらってピッチャーにボールを渡す役割の人。

外野の3人も球拾い感覚じゃなく、ノック感覚やな

2箇所やから、めっちゃしんどくて、いい体力づくりの練習になると思う。

もちろん交代でどんどん回っていくんだけど、あと残った人はバッティングゲージの裏で二人組になって、トスしたり、バントしたり、ティーしたりしている。

プロはいきなりバッティンゲージ作ってガンガン打ちだす。

みんなそろって、キャッチボールしたり、トスしたりしない、そんなものは、人数少ない時や、練習前に済ましておくものみたいな感じやな

練習始まったらすぐにフリーバッティングの用意するんやな。

たぶんプロ野球の試合を見にいった人ならわかると思うが、なんかのんびりやってるけど、すごい効率よく、やるべきことを試合前にしてるような感じがある。

あんな感じで人数そろったときは、練習できたらいいなと思う。

これからは、闘魂もいっしょになって練習したいと思うので、10人そろったら、バッティングゲージは2箇所つくらなあかんな。

そして最後は、プロ野球もそうだが、シートノックでしめる。

このときはプロもガチンコでやっている。

あれで、試合に入る心の準備をしているのだろう。

のんびりした感じであるが、効率がよいリフレッシュ感覚の打撃練習。

緊張感があり、実践さながらの守備練習。

また一度、レベルアップするために、数少ない練習のあり方について一度、飲みながら話したいと思う。

俺が昔、甲子園に、阪神VS巨人戦を見にいった時に、巨人のバッティング練習の時、バッティングゲージの後で、巨人のバッティング練習が終わるまで、ずーっとバント練習をコーチとしていた、川相選手が今でも鮮明に記憶に残っている。

※PS ボーリング マー坊杯のときの写真、 アルバムにアップロードしてます。写真欲しい方、また写真番号ゆってくれれば、焼きまわししときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

花見の打ち合わせ

マー坊で、花見の打ち合わせを、LSのアキラと、雅之と、吉永で話しするとゆーことで、便乗して飲みにいってしまいました。

一生懸命話しておりました。

何事も準備と、段取りは大変そーです。

頑張って盛り上げるために皆さん参加してあげてください!!

花見の打ち合わせの最中に、イイカップル発見!!

Ts3e0133

要となおちゃんです。

なおちゃんのVサインはぶれてますが、最高です!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月31日 (月)

プーさん

野球は投手で決まる!

それを言い続けてきたので、昨日の阿南(プーさん)は、同じ投手として、ほんとうによく頑張ってくれた。

背負ってきた荷物をふっと降ろして、自分も自分らしいピッチングができそうな

そんなパワーを阿南にもらった。

そんな、阿南ですが現在 彼女募集中です。(いい人いたら紹介したって!)

そして、何よりもバス釣りが大好きらしい!

「何が、そんなんおもろいねん」ゆーたら、必死になってバス釣りの魅力を語りよった。

かわいそうなんが、女の子から「絶対、海釣りの方がええわ」

って言われて、へこんでた。

海釣りもしたほうがええんじゃないか??

昨日は本間に、投打に大活躍のプーさんでした。

ごくろうさん!!

Ts3e0131

阿南いわく、この写真のサオとリールはめっちゃええやつらしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今季悲願の初勝利

今、夜中の3時半である。

昼間からマー坊で飲み、夜はアオキ家で飲み酔っぱらいすぎと、武者修行の疲れ睡眠不足と、野球の精神的な疲れによって、あまりにも、気分が悪すぎて目覚めた。

3-0で勝った!

しかし、この今季初勝利の喜びは、北海道で食べた、札幌ラーメンよりも、ウニ丼よりも、タラバガニよりも、寿司よりもおいしくて格別な味であった。

昨日の試合のテーマは、「白い恋人」

意味はない!

ただ、なんでこんなん試合前に食べなあかんねんと思いながらでも、食べた人間は活躍できたはずである(笑)

試合前にふっと、気持ちに遊び心と余裕が、チーム全体にあればいいとおもった。

「白い恋人」とはまさに最高のネーミングであった。

俺は投げる気マンマンで行った。

しかし、監督からは「今日、阿南先発でいくから」

と言われ心の準備はできた。

キャプテンが全員がそろうのを待ち、全員でアップを始める。

マネージャーが「部活動見たい」と表現した。

アップというのは、体をほぐすというのが、目的だが、試合前に心を一つにするという意味もあるのだと、雅之キャプテンの気持ちがひしひしと伝わった。

俺はベンチだったので、強く思っていたのが、ベンチ内での一体感である。

武南はベンチ内のパワーでは、どのチームにも負けないその原点をとりもどそうと思った。

守備が終わり、ベンチに帰ってくるときいいピッチングしたり、最高なプレーをした人間をハイタッチで迎えて、盛り上げる。

一つのアウトを取ったときは心から喜んで声をだす。

攻撃の時は、打者対投手でなく、ベンチ(全員)対投手とゆうような、B1に昇格したときのスタイルを思い出す。

応援に来てくれたLSD,女性陣も一緒に固まり応援した。

Ts3e0129

監督としゅうちゃんが、必死で次のプレーを考える。

ベンチは祭り騒ぎのようにワイワイ盛り上げる。

Ts3e0130 にぎやかで活気のあるベンチの雰囲気をつくりたかった。

しかし、その中でもチーム全員の集中力は最高にいい状態であった。

バッテリーはよく頑張った。

ツーアウトから前畑の捨て身の盗塁は最高であった。

あそこはいくべきであるし、気持ちが次の山口に伝わった。

阿南のバッティングが最高であった。流してレフト前、引っ張ってライトオーバー。

それをよしきが、チームプレーで相手をかき回す。

モッチと、雅之が必死でエンドランを決めた。

スカッとする点の取り方ではないが、これが武南の野球である。

酔っ払って頭ガンガンであるが、うれしい初勝利である。

試合が終わり監督が、「今日出場できんで、ごめんな」と言ってきた。

全然気にせんといて!

もうそーゆう気づかいの言葉は必要ない。

勝つために、チームに貢献するために、

ベンチでもやる仕事はいっぱいあるから!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

桑田の引退

桑田が引退した。

俺が昔から目指していたピッチャーである。

桑田の考えは、ピッチャーとゆうのは、ただなげていればいいというもんではない!

とゆう考え方である。

牽制、フイールデイング、ガッツ、バッテイング、バント、走塁どれも全力でやらなければいけないとゆうのが、桑田スタイルやった。

とことこん自分が、野球が好きでピッチャーが好きなことに誇りをもっていると言っていたが、まさにそれが桑田のよさである。

大好きやった桑田が引退してしまったので、自分自身 年齢的にも桑田の気持ちがなんとなくわかるので、ここはひとつ気合を入れなおして、30日の試合のために、精神修行の旅に行ってきます。

何かをつかんで30日は帰ってきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

かずま 勝負しにこい!

30日試合決まって、やっぱワクワクしてきたな

やっぱり野球の試合が決まるとその日まで、頑張って体調整えて、仕事は手抜いて、仕事で無駄な体力と神経使わんようにコンデイション整えていくように心がけないかん。

しかし 30日は仕事でかずまが来られへんらしいな

どーした かずま!

びびるな かずま!

武南の中心選手やぞ!

ずる休みしろ!

ちょっと上司に怒られるだけやないか!

大修理なんかこれから、何回でもある。

しかし この30日の住友播磨戦は二度とない、めちゃくちゃ重要な試合や!

今後を左右する試合やし、

健一と平っちゃんを男にしたらなあかんねや!

おまえは、大黒柱やぞ!

仕事いっとる場合ちゃうやろ!

ずる休みしろ!

大丈夫や!

そのために、山口班長と前畑班長がおるんやから!!

職責使ってくれる!

でないと班長してる意味ないやろ!

仕事よりも、そーゆう仲間を大事にするやつを評価してくれる班長が二人もおるんやから!

大丈夫!

俺も野球の試合で、何百回とおばあちゃん・嫁・子供を偽装入院させたり、友達・親戚のお見舞いつくって休んで、何回も上司にうそついて試合に行ったけど、クビにならずこうして働けてる!!

おまえが、ずるして休んだ大修理なんか、1年も経てばみんな忘れよる。

しかしおまえが、この戦いに魅せた気迫は何十年と語りつがれんねん!

それが武南や!!

それがかずま伝説や!!!

……

……

……

……

……

ちょっと飲んでないのに熱くなりすぎたか……

……

……

……

とゆーことは、久々に壱岐のショート姿見れるんか??

それも楽しみやな(笑)

おっ… 久々に戎4番か??

気合はいるな(笑)

こりゃ 久々に古き時代の武南スタイルやな??

どんなんでもええ、勝てたらええんや!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

近畿秋季1回戦

近畿秋季1部の日程が決まった。

3月30日 9時30分試合開始 浜の宮グランド

対戦相手  住友播磨である。

高松宮賜杯1回戦負けて、だいぶん日にちが、経ったような気がする。

住友播磨は去年1度だけ対戦したが、2-1と接戦であった。

なかなか相手投手のキレのある、ドロッとしたカーブを打てなかったような気がする。

うちのチームは変化球に体が反応してしまう選手が多い。

練習の時 対戦して感じることがある。

いいバッターがいるチームは、ストレートであろうが、カーブであろうが、スライダーであろうが、しっかりフォームが崩れることなく ストライク・ボールの判断ができている。

武南はそこの部分では、相手より劣っているんではないかと思う。

カーブのコントロールのいいピッチャー、よく投げるピッチャーはホームベースギリギリのラインに立って構えてやると案外リズムが崩れるものである。

しかし、住友播磨のピッチャーはいいピッチャーである。

なかなかチャンスはないと思う。

少ないチャンスを一気に爆発させるためには、全員ベンチに集まり、バッター対ピッチャーでなく、ベンチ対ピッチャーの対決を心がけなくては、いけないだろう。

武南らしさとゆうか、武南の強さはそこだと感じている。

浜の宮グランドはなかなか、ベンチに集まりにくいが、自チームが攻撃するときは、全員密着してチーム全員で攻撃しなくては、なかなか勝利できないだろう。

前回の負けを払拭して、どろくさくてもいいから1点を必死で取りにいく!

かっこ悪くてもいいから、一つのアウト必死に取りにいくそんな野球がしたいと思う。

花見も4月13日に決定みたいなので、なんとか頑張ってその日までは勝ちあがりたいと思う。

どこのチームもなかなか勝たしてはくれない!

どこのチームも勝つために、必死に練習しているのだから!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

ボウリング マー坊杯!

昨日 アーバンボールでマー坊杯のボウリング大会が開催されました。

マスターのお知り合いの方(6名)、LSD関係者(14名)、武南関係者、(16名)およそ36名ぐらいの人数で行いました。

Img_4012_2 久しぶりにボウリングしたから、めちゃくちゃ楽しかった。

度肝ぬかれたのが、雅之のマイボール・マイシューズ・マイリストバンド・マイ??なんかわれへんグッズを見た時!

こいつわやるなと思った!

Img_3856

盛り上がって、白熱してました。

Img_3953

優勝は武南のマサユキ、準優勝はLSのキイチ、3位はマスターでした。

成績発表もマー坊で行われ、商品もあり、食事も用意してもらい、飲み放題でいたれりつくせりでした。

準備や、企画してくれたマスター、LS、武南関係者の方ご苦労さんでした。

次回また開催してください!

めちゃくちゃ練習していきます。

マサユキは、ボウリングの話してるときめっちゃ幸せそう。

かなりのボウリングマニアでした。Img_4021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

ジョニー黒木

今日 千葉ロッテマリーンズの背番号54の黒木の引退セレモニーがあり、3万人の観客がその最後の姿を見に集まっていた。

俺はジョニー黒木が大好きだったので、うれしい。

野球を始めた時は、阪神の掛布雅之が大好きであった。あの独特のフォームもよかったが、打席に立った時の顔がめちゃくちゃよかった。

バッターボックスに入った瞬間から、顔つきが変わり、最後ピッチャーを睨む時のあの表情が抜群に心ひきよせられた。

掛布が引退して 好きな選手とゆうか、絶対応援したくなる選手がみつからなかった。

しかし、同じ眼光をもち、魂のをもった選手が現れた!

広島カープの前田智徳とロッテのジョニー黒木である。

なんせ二人共、眼の眼光が鋭く、インパクトの瞬間の歯を食いしばるあのサムライっぽいのが心惹かれてしまう。

その黒木が引退した。

黒木はまだまだ投げれたと思う。

小宮山がまだ現役でやれるぐらいだから、球のスピードもコントロールも変化球もまだまだいけてた。

しかし 扱いが嫌だったんじゃないだろうか??

やはり、先発で投げたかったんだと思う。

しかし引退セレモニーでたくさんの人が来たとゆうのを聞いてやっぱり、みんな惹かれるとこは同じなんだと思った。

掛布の引退試合を思いだした。

Img014

そのときも大声援でおおきな垂幕に「夢をありがとう」と書かれてあった。

しかし 掛布は最後の打席でも、涙も見せず、笑顔も見せず、普段と同じように鋭い眼光で、魂の顔になっていた。

黒木の最後のマウンドも真剣勝負であった。

やはり本当に野球を心から愛した人間は、どんな場面でも真剣になってしまうものであるのだろう。

いつの時代か本当に野球をやめなくてはいけない時が来るかもしれないが、野球をしている時は、最後の最後まで常にガチンコでありたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

ボウリング大会

この日曜日(16日)マー坊杯のボーリング大会がある。

武南のメンバーもたくさんいくみたいやな。

今日、雅之からそのことで、電話あった。

マー坊で、ボウリング大会の計画をたてとるらしい。

「徳田さんもマー坊来たら」って言われたら確実にいっとったけど、今日はボウリングのマー坊杯の話を真剣にしとったみたいやな。

次は誘ってくれよbeer

武南でもボウリング大会は企画したかったから、楽しみやな

俺の記憶では、平っちゃんと戎が、うまかったんちゃうかな??

俺はめちゃくちゃ上手いんやけど、いつもヘタなふりしよったわbleah

若いときは、みんなで行くゆーたらボーリングか、カラオケか、ビリヤードやったから、盛り上げるために、下手なふりしとったな。女の子喜ばすためにscissors

今度のボーリング大会は真剣にしょーかな

だいたいスコアーは1ゲーム120ぐらいやけど、これ上手い方なんか??

そやけど、雅之がマー坊呼んでくれへんかったから、一人で焼酎1本あけてもた。

Ts3e0115

嫁も一人で、あかねの湯行ってまうし、男4人でほのぼのや!

しかし、父親が頼りないから長男が次男と三男めんどうみよる、酔っ払っても長男がなんとかしてくれそーやな

嫁に逃げられてもなんとかなるかもな

しかし この黒霧島 旨い!!

一人で飲むと酒の味が香ばしい!

まだ 嫁さん家帰ってこーへんってことは、逃亡したな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

レク活動

日曜日は、吉永が予約してくれた店(ちょっとこましな、おしゃれな店)で花見と旅行の話をした。

なかなか料理もうまかったし、阿南や、ふじおらと飲めたんもよかった。

Ts3e0109

俺は、会社でも、なんでもそーやけどレク活動ってめっちゃ大事なことやとずーっと思ってる。

武南ができた時から、そーゆうレク活動だけは、他のチームに負けたくないと思っていた。

いろんな行事を企画したり、準備したり、メンバーの家族や彼女、友達に会ったりするってことは、仲間意識が強くなるし、思い出はチームワークとパワーに変わり、よりいっそうチーム力を上げると思っている。

ただたんに、野球だけする仲間、仕事だけいっしょにする仲間やったら、ええもん創られへんのんちゃうかな

誰からともなく、「今度○○やろか!」って話がとびかうと、これ最高なチームやな

今回は、吉永が 花見を計画してくれてる。

旅行は平っちゃんが計画してくれて、下見までいってくれた。

会社じゃない、現場の上司もいない、趣味である野球チームのこんなレク活動したってなんら、金儲けのプラスにはならない、だけど、そーゆう無駄なこと、人を喜ばすために、めんどくさいことを一生懸命できるのは、俺が認める男前の男である。

旅行は8月30.31日の一泊二日で計画するみたい。

花見は4月のいつかまだ、決まってないけど武南メンバーだけでなく、彼女、家族、それから、応援してもらってパワーを与えてくれる、LSDのメンバー・ 闘魂のメンバー・ プリンセスのメンバー  それ以外でも応援しにきてくれた人達には全員声かけてワイワイできたらええなと思う。

どんどん参加してもらって、いろんな人といろんな話したいと思う。

PS  吉永……  花見、4月20日だけはやめて…… こんな俺でもその日だけは、会社にいかなあかんねんcrying

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

男前

昨日 武南メンバー3人で食事に行った時の話である。

少し遅れていったら、別のグループの客に、小学時代の友人が来ていた。

中学卒業以来、会ってなかったので、20年ぶりぐらいの再会であった。

普通 久しぶりすぎるとなかなかテンションあがりずらいが、

会ってすぐ、「うわぁ!! 久しぶり!」

「変わってないな」

「よう飲みいきよるん?」

「どないよ」

「こないよ」

「あないよ」

「わぁーわぁーわぁー」

で、20何年も会ってないよーな感じしなかった。

「まだ野球やっとん?」

って聞かれる。

昔の知り合いに会うと必ず聞かれることである。

俺の答えはいつも同じで、「一応な」 である。

別々のグループだったので、話そこそこでお互い連絡先だけ聞いてその知り合いは先に店をでた。

出ていった数分後に知ったのだが、その知り合いは、黙って俺ら3人の食事代を一緒に払って出て行った。

びっくりした。

なんで????

しかし、素直にうれしかった。

食事代がういたってゆう嬉しさじゃなくて、20何年ぶりに会ったのに、そんな粋な計らいをしてくれたことが。

意味なんてどーでもよかった。

ただ俺も久しぶりに会えて短い時間だったが、嬉しかったし、楽しかった。

20何年ぶりに会って、そんな粋な計らいをしてもらえる俺はすごいと思った。

20何年ぶりに会って、そーゆうことができる男はもっとすごいと思った。

自然とできるその子は、男前である。

まぁ 稼ぎがちゃうんか(笑)

ぐっちゃん(エグチ) またおごってな!!upsmile scissors

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ライバル

昨日、B1の試合が日岡球場であった。

うち(武南)が、1回戦で敗れた ・よどクラブは、ガッパイに0-8と負けていた。

会社で審判の方にあったので、内容を聞いたらガッパイは完璧に相手投手を打ちくずし、ガッパイのピッチャーは完璧に抑えたらしい。

「みんな元気あるし、活気あるし、人数も多いし、野球よーしっとるわ」って審判の方が教えてくれた。

ガッパイはほんまにそんなチームなんやな

チーム内で試合中でも、怒ったり、激とばしたり、賞賛したり、ヤジとばしたりしてる。

なかなかそんなチームはない

B2や、C級ではそんな元気なチームはあるのかもしれないが、A級とB1では、ガッパイがその盛り上がり方では1番だと思う。

なんかそこには自分だけで野球してるんじゃない、みんなで楽しみながら、熱くやってるんや、そんな雰囲気があって敵ながら大好きなチームカラーである。

「ガッパイ」とゆうチーム名には、すごい深い意味があって、それを聞いた時には感動したし、たぶんチーム全員がこのチームの名前を好きで、思いっきりこだわりがあるのだとゆうことを知った。

そんなチームは、なかなか崩れないし、崩れそうになっても盛り返してきよる。

1回戦 試合巧者で技術もある 喜瀬川に6-0で勝ち、2回戦では、武南が負けた、よどクラブに8-0で勝った。

完璧である。

このまま優勝してもらいたい。

どこのチームにも負けないで楽勝で優勝してほしい

なぜなら、そんな魅力的で完璧なチームを倒すのは、どこのチームでもなく やはり武南エスパルスでありたいと思う。

審判の方が、最後に言った。

「今の武南では、何回やっても今年のガッパイには勝てへんやろな……ちょっとレベルが違いすぎるわ」

……

……

……

……

熱いものが込みあげる

……

……

俺はやっぱり負けず嫌いである。

健一 明日の抽選会から勝負!

ガッパイ引いてこい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

いつまで…

この土日は子供が所属しているチームのグランドを借りて練習させてもらいました。

ほんまやったら、子供が世話になってるチームなので、せっかく顔だしてるから、球拾いしたり、練習の手伝いしてあげなければいけないのだろうけど、自分の練習をした。

ランニングして、ダッシュして帰ってきたら、ある主婦の方に、「なんの為にあんな真剣に走ってるの??」と聞かれて、とまどいながら、

チームの監督さんには、「そろそろ自分の野球もええやろ、子供の野球見たらなあかんで」と言われ苦笑い…

35歳から40歳の間ってある意味人生の転換期か、真の大人にならなあかん時期なんやろか…

仕事に意欲を燃やす年齢で時期なんやろうし、子供に力を入れる時期なんやろうし、地域や誰かのために人生を考える時期なんやろな

子供達が一生懸命練習して、それをサポートしてあげてる親を横目でみながら、必死に自分の練習する自分が不思議に見えてしゃーなかった。

いまだに、野球の試合や、練習があると仕事ほっぽりだして行ってしまうことや…

家族の用事よりも、自分の野球と練習を優先にしてしまうことが…

ちょっと大人しては、恥ずかしいことなんかな~と一瞬思ってもた。

もし 次の試合 前回みたいに、こっぱに打たれるような事があったら、初めて野球に対する心が折れそうやな(笑)

それを払拭したいから「走ってる」のか、これだけやってやられたら、しゃーないと逃げ道つくりよんかやな

野球はピッチャーで決まる!

上を目指すなら、ピッチャーは絶対的存在でなければならない!!

この言葉を何十年と言い続けてきたから、今、その言葉の意味が重くのしかかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

マンダムの夢

今日も同じ場所に行ったら、マンダム男が同じ場所にいた。

子供を肩車していた。

今日は、哀愁でなく背中に力があった。

遠くを指さして、何か見ているようだった。

Img_3706 ………

………

………

何を見てるんだろう??

俺も指さす方を見たが、何も見えない……

………

………

気になってマンダム男に近づいた。

しかし何も見えない……

マンダム男は、俺に気づいた!!!

こう言った。

「あなたも、心込めて見るんだ!」

「魂を込めて見るんだ!」

「仲間がいるだろう、そいつらを思い浮かべて見るんだ」

「必ず 僕と同じものが見えるはず」

……

……

……

見えない…

魂を込めた!

気持ちを込めた!

……

……

何かうっすら見えてきた!!!!

んっ……

見える!!

見えてきた!!

あっーーーーupupupupup

Img012 これか!

これがしたいんだ!!

主演     マンダム

エキストラ  次男

撮影兼 監督     トクザイル

ご観覧ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

哀愁

来月に出展するフォトコンテストにいい絵がないか、カメラをにぎりしめ散歩していた。

なんとなく 一人の男の後ろ姿にすばらしい哀愁がただよっていたので、思わずシャッターをきってしまった。

バックの風景と男の哀愁がすばらしくいい!!

Img_3707

これはいける!

いい賞がとれそうだ!

ちらつく雪もいい!

なんといっても男に哀愁がある!

……

……

……

どうしても男の顔が見たくなってしまった。

……

……

……

……

男がこっちを見た!!!!!!!!!

Img_3773

ほぉ~~う  マンダム!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

カラカラ亭

久しぶりに、カラカラ亭に食べにいったけど焼肉が旨い!

カラカラ亭ええ感じやな!

久しぶりに店でよう食べたわ!

Ts3e0099 やっぱ焼肉はビールが最高!!

さあ、もうすぐ近畿秋季1部の大会始まるし、勝っていったら、決勝あたりで、花見シーズンやろ、ええ花見大会にしょーか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武南スケート大会

今日はうちの、長男と次男と平津家の航が、スケートに連れていってもらい

大はしゃぎでした。

P1010603

久しぶりに、子供の喜ぶ姿が見れました。

健一、雅之、吉永ありがとさん!!

Img_3660

Img_3729

健一 運転ごくろうさんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

新しいグッズ

武南にまた新しいグッズが出来ました。

今日の練習で皆、嬉しくて着てしまった。

P1010598

なかなかデザインもよくて気にいってます。

たぶん飲みに行くときもこればっかり着ていきそう

P1010599

ただ弱いのに、グッズだけいちびってたらなさけないので、なんとかしようとゆう思いになった。

まええか……

次のグッズは、武南タオルか、うちわぐらいやな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

生野のうるさい兄弟

昨日はよう飲んで、ワイワイゆーとったけどあんま内容は深くは覚えてない!

なんでかゆーたら いつも同じ話の繰り返しやからな(笑)

それでええねんけどな。飲めたら

俺は開幕戦で負けて、正直、今年 1勝できんねやろか??

そんな不安抱いてた。

平っちゃんも山口も同じこと言い寄ったなぁ(笑)

しかし あの北垣兄弟にボロクソ言われたんや!

最後の方やって記憶もままならぬ時やったから、何ゆーたかはっきり覚えてないのが、くやしい!

たぶん 兄貴の方は、俺に、「投げ方がショボショボやねん、弱気やねん、何がハートのエースやねん、下柳見習え!」たぶんこんな感じで言い寄ったはずや!

弟は、「負けてくやしいからってカラオケで、気まぎらわそうとしてんじゃねーよ、構えたとこにきてへんし、打たれたぐらいでへこむなよ、外角のストレートが決まらんかったら投げる球ないで、桑田スタイル古いねん、背が低いねん!」たぶんこんな感じで言い寄ったはずや!

あいつら俺のダメだしするとき、めっちゃ楽しそうや!

二人で盛りあがっとるし!

まあでもダメだしされたら、ちょっとホッとするな

試合終わった後 何人かに、「しゃーないわ 相手バッテイングうまかったし、センスあったし、ピッチャーのせいじゃないぞ」

「B1のレベルもあがっとるしな」

って言われたんやけど、俺ってそんなレベルのピッチャーなんか??

しゃーないことないやろう あんだけこっぱにやられとんのに、慰められるレベルか??

そんなに落ちたかな?? あれでやられよったら、もっとレベル高いとこ行ったら通用せーへんがな

たぶん 誰かに「ピッチャーがあかんから今日は負けたんちゃう。もっとピッチャーがしっかりせな 勝てへんやろ!」って言われたら何か気持ちが楽になったかもしれんな

ほんまあの北垣兄弟 めちゃくちゃダメだしして文句言い寄ったけど、俺は桑田のスタイルでいくぞ!!

それから 背が低いは関係ないやろ!!

あー思い出し、腹立ちしてきたわ

あいつら、ほんま見返したらなあかん

次は相手どこでもええ!ファイテイング投法や!インコースガンガンいったる!

そやけど……… 投げさせてくれるんかな???

なんか若干 ピッチャーの話の時、吉永 目キラキラしとったな……

阿南の名前もようあがっとたしな……

かずま、までピッチャーしろっていわれて、あいつまんざら嫌そうちゃうかったしな

やっぱ桑田スタイルやめて、小宮山にしとこ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

酔っ払いました。

野球の話したんだか?恋の話したんだかなんかわからへんけど、久々に武南メンバーで飲みました。

これだけのメンバーが集まると長い……

酔っ払って溝にはまりそうになってもた。

とにかく勝ってみんなで旅行しよう!!

優勝したら武南沖縄旅行らしいです。

そんな感じで盛り上がりました。

P1010595

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

久々に野球話

今日、会社でめずらしく健一と出会った。

山口もいてやっぱり3人そろえば野球の話になる(仕事しとんか?)

健一にはパワーがある。

昔 俺が20代の時に思っていた。

「練習せなあかん  練習したい!」

その強い気持ちが凄くある。

めっちゃええことやし、賛成である。

やっぱり真剣に練習してきたら、本間の勝負どころで、

「俺はあんだけ練習したんやから、やられてたまるか」

とゆう気持ちになるのが意味があるんやと思う。

しかし正直なところ この前 打たれて負けて、なかなか気持ちが自分の中で乗ってこーへん

なんかわからへんけど、今さら練習して技術が上がるのかな?

気持ちが高ぶるのか?

何かわからんが、気持ちが乗ってこない

なんでや??

結構 開幕に向けて投げ込みしてきたにもかかわらず 結果がでなかったからか??

毎週やっていたウエイトトレーニングも行かなくなってしまった。

週に2回の走り込みもほとんどしなくなってしまった。

フットサルの練習もさぼっている。

最近 仕事で我慢しすぎて帰るのも遅い 疲れる……

我慢はして何になる

仕事は早く終わらせ誰の目も気にせず、早く家に帰ってトレーニングせねば!

それが俺のスタイルや!

1に野球 2に宴会 3にフットサル,4に宴会5に仕事の昔のスタイルにせねば!

目指すとこ間違えとった!!

まだまだ一線でピッチャーやるんや!

後 10年野球するためには今気持ちこめて精進しとかなあかん!

ちんたら会社で無駄なことしとるから、野球に対する意欲が沸いてこーへんねやろ

次 負けたら今年ダメや!

絶対、勝たねばならぬ!

1年はあっとゆーまや、無駄にしたら後悔!

ピッチャーがしっかりしたらええんや!

野球はピッチャーで決まる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

闘魂 開幕戦

寒かったな

残念やったけど、楽しかった。

また野球がしたなったわ!!

なかなかC級にも、いいピッチャーおるな

頑張れ闘魂!!

Img_3606_2 Img_3587

Img_3622 昨日 徹夜やったんやけど、モッチ誕生日やな

フジオーや、コモッチや前畑に負けんようにレギュラーとってくれよ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

ええとこあったな

開幕戦負けてしまって 当分野球がないので、今日のフットサルの練習行かなくては、と思っていたが、行けなかった………

相当 体力的にも精神的にも、ダメージくらって、しんどいわ(泣)

この試合で強く感じたことは、長いこと、この先も今のレベルで野球を続けたいと強くおもったな

やられても、認めたくない何かあるんやな… 野球には…  意地かな??

なんかようわからん

しかし この開幕戦ですばらしいこともたくさんあった。

印象的なのは、かずまのファインプレー!!どぎもぬかれたな。

それから、左中間に行った打球を、よしき、かずまで中継してホームでアウトしたプレー1流のカットプレーやった。

打撃では、よしきの4盗塁、かずまのバッテイング 今この二人には、おごるとこもないし、プレーにも余裕があり、がむしゃらさもある。

「チームが負けても、オレは負けない」 そんな気持ちが伝わってくる。

もうひとつ よかったのは、代表と監督が一生懸命で勝ちたいという気持ちが、素直に選手に伝わっていたこと。

采配どうこうより、選手にわかりやすく、感情こめてサインだしていたので、気持ちがすごく伝わってきた。

なんとかしてやりたい

なんとか安心させてやりたい

とにかく1勝してあげたい!!

ピッチングしてる時に、声でとる時って気合はいってるな といわれたことがある。

打ち取った時、ガッツポーズしたら気合はいってるなと、言われたことがある。

審判にもよくいちゃもんつける。それが俺のスタイルや!

しかし かっこつけてポーカーフェイスで行こうと思っていた。

相手がおとなしいチームやからな

だめや……

オレは、体めいいっぱい使って投げるから声がでてまうねん

無理して抑えたらあかんねや

ヨシ!と思った時はガッツポーズしてまうねん 性格的に…

無理してポーカーフェイス気取ったらあかん!

そんなレベルの高いとこにおれへんねやから

忘れとった オレ ハートの四天王や!!

しかし あんだけやられたんや!次は、必ずやりかえす!

でないと投手生命終わりや!

よし、これでこの敗戦の話題は終わり!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

試合展開

高松宮賜杯1回戦 対戦相手 よどクラブ 3-4で負け!

全国大会を目指し、山梨旅行を目標にしていたが、あっさり1試合目で見事に打ち砕かれた。

そんなには甘くはないということである。

しかし、この初戦が重要であるということは、認識していたし、開幕戦では必ずマウンドに立つであろうと確信していたので、十分な準備をしてきたつもりだったが……

チームの負けは、代表と監督に分析してもらいたいが、自分自身のピッチング内容は、最悪であった。

初回の先頭打者にストレートのファーボール最低である。

そして一番いけなかったのが、2回表 ツーアウト3塁で、打者に対してなんのへんてつもない、甘いストレートを投げてしまった。

草野球の鉄則、自分自身のエースとしての自覚は、絶対先取点は、先にとられてはダメだということ、肝に銘じてピッチングしていた。

しかし あの場面で初球になぜ、もっと繊細にピッチングできなかったのであろうか?

1塁も2塁も空いていた。

次の打者はそれほど怖くなかった。

なぜ不用意に投じてしまったか……

プロ野球の世界であれば、罰金もんのプレーであろう。

オレ自信にピッチングを楽しむ!魅了するとゆう余裕な気持ちがなかったのであろう。

勝ちたい!勝ちたいだけでは、だめなんだろう……

しかしよく打たれた……

あれだけ打たれてしまうと次「やるぞ!!」とゆう気持ちにもってくるのに時間が掛かる。

練習はした。気持ちも入っていた。

かずまのビックプレーがあった。よしきのナイス返球があり、ピッチャーを盛り上げてくれた。

3点もプレゼントしてくれた。

代表をしりぞき正直なとこ、本当に気持ち的に楽になった。

試合前の集中! ベンチ帰ってきて談笑できる。周りを気にしなくていい。

自分的は正直楽になった。

なのにあの程度のピッチングしかできないのが、はがいくてしかたない!

課題は見えた俺のストレートは、力では通用しない……

しかし オレには内、外投げれるコントーロールがある。

そこはやはり年齢的なこともあるし、意識していかなくては、今日の二の舞になる。

やはりチームの意識の中で、1点とったら守りきれるそーゆう気持ちとプレーをしてもらえるように、ならなくてはならないだろう。

寒い中、たくさんの女性が応援しにきてくれた。

ありがたい話である。

野球はよくわからないが、なにか武南の野球は楽しい  そう思ってもらわなくては恥である。

なんとしても1点もとられないようなピッチングがしたい!!

しかし今日は異様なまでの、筋肉痛である。

ピッチングしたのが原因なのか、カラオケで踊りまくったのが、原因なのかよくわからない

しかし、泥臭い内容でも、抽選勝ちでも、反則勝ちでも何でもいいから、この開幕戦だけは、どうしても勝ちたかった。

ほんまに、体も心もボロボロな1日であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

開幕戦

2月10日 対戦相手 よどクラブ

試合前に集中する選手達!

Img_3414

試合後、負けたむなしさでうなだれる選手達………

Img_3419

次の大会まで、当分あるので、負けた原因はのちのち検証していきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

選手紹介パート2

今日は阿南の誕生日かな??

おめでとうさん!

1.名前  2.ボデイー 3.ポジション 4.好きな女性のタイプ 5.自分のチャームポイント

6.開幕戦の意気込み

1.吉永はやと 2.180  68  3.サード ピッチャー

4.外見  鈴木えみ  倖田くみ 香里菜 若益つばさ さくりな  内面 外見と内面がギャップがあうひと   時間とお金にきっちりしてる人  一途でリズムが合う人

5.ミクシー

6.今年うちのチームで掲げた目標を口先で終わるんじゃなくて達成するために、精一杯頑張るし、あなたの為に見せる野球をします。

1.前畑タダヒコ 2.174 76  3.サード

4.ノーコメント

5.鉄壁の守備

6.完全燃焼! 全員野球!

1.徳田ひであき  2.164  58  3.ピッチャー

4.綾瀬はるか  磯山さやか  松下ユキ  石田えり  中村みき

5.エグザイルのあつしに、匹敵するラインと、 ジャージのセンスとこだわり

6.エラーしろ!ミスしろ!そんなの関係ねえ!俺が抑えたる!その代わり何点とられてもあきらめんと逆転するんや!

1.北垣けんいち 2.171  66  3.セカンド

4.大塚愛

5.ここ一番でエラーするとこ

6.初戦突破!チームと自分を信じて思いっきりやろう!武南伝説2ndインパクトをみんなで起こすで!!

1.山口ふみあき  2.178  68  3.ファースト

4.顔、スタイルよりフィーリング

5.ビジュアルとキャラと守りに入った人生

6.ご安全に!この度、初代第2集塵管理班 班長に襲名しました山口です。今までは自分の安全だけでしたが、、これからは、部下の安全を最優先に考え神戸製鋼で一番熱い班を作っていきたいと思います。  あっ……間違って仕事の意気込み書いてもた……

1.平津こうせい  2.175 72  3.センター

4.べっぴんさん

5.笑顔

6.とうとう開幕やな。監督として思うことは、1勝でも多く勝利して祝杯をたくさんしたい!

1.田中こうたろう 2.173  68  3.セカンド

1.町田えいご  2.170  62  3.ピッチャー

1.柳田かずひろ  2.167  70  3.レフト

以上選手紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

選手紹介パート1

2008年度 武南野球の開幕戦があと3日と控え、今年1年間一緒に闘うメンバーを紹介します。

1.名前 2.ボデイー 3.ポジション 4.好きな女性のタイプ 5.自分のチャームポイント 6.今年の意気込み

1. 壱岐ヒデキ 2. 177  71  3. サード

4. 女性らしさがある人

5. アキレス腱

6. 守備力の安定

1. 青木しゅういち 2. 170 73 3. セカンド

4.目がパッチリで輝いている人

5.犬のようにかわいい茶色の目

6.ソフトの新人戦で開幕試合行けないけど、チーム一丸となって頑張れ!監督を信じて初勝利を。平っちゃん采配頑張ってな!!

1. 河岡かずま 2. 176 72 3. ショート

4.可愛いと思った子

5.バットを握った時の右手

6.今年は旨い酒しか飲まん!!

1.内村もとひこ 2. 168 62 3. レフト

4.芯があり気配りのできる人

5.マイペース

6.とにかくフルスイング! トリッキー打線の復活

1. 阿南まこと 2. 175 69 3. ピッチャー

4.スザンヌ

5.考え中

6.試合に行って現役大学生のいる相手チームに立ち向かっていこうと、思ってたけど、試験が入って行けません。だから勝ってください!

1. 北垣まさゆき 2. 180 72 3. キャッチャー

4.おとといボウリング場で、横のレーンで投げとった、メグっていう女の子

5.ひとめぼれ

6.例年スタートダッシュに出遅れる中で今年は今までで、一番いい準備が出来たとおもう。あとは試合で爆発するだけ!仕事はそこそこ切り上げて、仕事後のトレーニング、週4日のボウリングで鍛えたこの力を持って臨みたい。 キャプテンとして最高のプレーで引っ張っていきたいと思います。

1. 田中ふじお 2. 181 73 3. レフト 

4.一緒におって落ち着けるような人

6.チーム一丸となって、絶対に勝つ!

1.北島よしき 2. 164 60 3. センター

4.僕より背が低い子

5.走ること

6.先手必勝で必ず塁に出てホームに生還し、チームに勢いをつけたいと思います。開幕戦初回から塁上を僕のテリトリーにしたいと思います。

1. 中倉たかゆき 2. 165 65 3. ライト

4.しっかりしてるけど、ちょっとボケたところがあるキュートな人

5.茶色い瞳

6.試合行かれへんから絶対勝ってくれ~

1. 戎あつし 2. 183 67 3. ライト

6.意気込みは、めちゃくちゃあるけど非常に落ち着いて冷静な状態。チームのみんなに、自信をもって初戦に挑もう!気持ち一つで!

1. たかえ 2. ? 3. マネージャー

4. 彼氏! どストライク!

5. 愛嬌 ポチャポチャ

6. ミスなしできっちり勝ってください  自分達のしょーもないミスで自滅して負けるのって、外から見てて本間につまらん……!

第2弾は明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

マエハタ家

土曜日にマエハタ家に招待されていきました。

やっぱごっつい家やわ!!

Img_3221

家の中も まきちゃんが、こだわりの家造りしたのが、よくわかる感じやな!オシャレです。

Img_3226

庭には桜の木があるし、春になったらバーベキューでも勝手にしにいくわな!

ごちそうさんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フジオー

昨日の練習はたくさん来た。

俺も仕事が徹夜明けでしんどかったが、行ってよかった。

練習内容よりも、人数が多ければ自然と盛り上がる。

吉永、平っちゃん、前畑、かずま、もっち、健一、フジオ、雅之、山口、よしき、ちゅん、戎、俺、合計13人か土曜日で、 試合1週間前にしたら上出来である。

これで負けてもしゃ-ないな。

しかし 昨日の練習でなんといっても印象に残ったのは、フジオーの打撃やな。

凄まじいホームランやった!

うち(武南)では、えげつない打球の速さをもっとるのは、かずまぐらいやけど、それに負けず劣らずの打球の速さと、飛距離やった。

ええアピールになったんちゃうかな

あのホームランはなかなか練習でも打てるもんでない。

フジオーはなんやかんやゆーても 去年から今年にかけて試合、練習、イベントの出席率はめちゃくちゃええから、ほんまに試合に出場してもらいたい!

いいアピールになった。

後は、元気やな

内に秘める闘志はええけど、やっぱり元気とガッツと負けん気は表に出してほしい!

それと粘りとゆうか、泥臭いとこも見せてくれたら、バッテイングええし、足は速いから、レギュラーポジションとれると思う。

性格ってなかなか変えられへんけど、野球しとる時だけガッツあるフジオーを見てみたいな

しかし、フジオーってめっちゃええ名前やな!

043_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月31日 (木)

開幕戦決定

2008年度の開幕戦が決定した。

第52回高松宮賜杯の1回戦は、

2月10日(日) 浜の宮グランド 13時試合開始

対戦相手は、よどクラブである。

この大会は、加古川で優勝すれば、中播(但馬)、県大会(尼崎)、近畿大会(大阪)、全国大会(山梨)である。

さあ!山梨旅行は何泊で行くか!!

山梨はのどかでええ温泉でもあるやろな??

山梨旅行計画するぞ!

残りの練習日も2月2日と9日だけに、なってしまった。

もっと投げ込みたかったし、けん制のコンビネーション、1,3塁の連携プレー、バントの守備体系を一度やっておかないといけないな。

攻撃面では、バッテイング練習は各自でやってもらい、バント、エンドランの練習を本番までにあきるほどやらないといけないんちゃうかな

細かいプレーに不安があると必ずイージミスをしてしまうからな。

対戦相手の、よどクラブは、春先は現役バリバリの大学生をそろえてくるだろう。

練習みっちりやってるから体も動くはずである。

一番 当たってはいけない時期に当たってしまったと思う。

しかし目標はあくまでも高いとこにあるから、どこと当たっても同じである。

第1戦がヤマ場である!!

監督が言った言葉はおおきな意味があると思う!

Cimg0541

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

シャドウピッチング

今日 風呂上がっていつもどうり柔軟と、腕立て、腹筋したあと、鏡見ながらシャドウピッチングをはじめた。

飲みにいかない時は、かかさずやる。

しかし、そんな俺を見て嫁が言った。

「あんた、その鏡見ながら、投げるかっこするの辞めてくれへん……… 前から言おう思いよってんけど、そんな36歳おらんやろ! 頭おかしいで!そんなんする暇あったら、子供の相手したってよ!」

「それから もうひとつ野球、野球って張り切って練習いったり、家でなんか調べたり、トレーニングしたり、ブログ書き込んだりしとるけど、そのパワー仕事に使ってくれへんやろか!」

「もう みんな ええ歳なって班長なったり、偉いさんなりよるのにあんただけやで、そんなアホみたいなこと必死でやっとるん!」

「野球して、お金もらえるの?仕事に打ち込んでください!!」

………

俺は言ってやった。

「ええか 班長になるのは難しい、誰でもなれるもんじゃない!偉いさんになって金稼ぐのも わずか限られた人間だけで難しい。   しかし、県大会で優勝するのは、もっと難しい、都市対抗出場するのは、もっと難しい、A級上がるのはもっと難しい!もっと難しいことが目の前にあるんやから、それに向かって挑戦するのが、俺の生き方や!  あきらめたらあかんのや! とことこんやって完全燃焼するまでまっとけ!それからバリバリ仕事うちこんで、お偉いさんにでもなったる!」

決まった!!

嫁も子供3人も静寂した。

俺の言葉に感動したか!

嫁が目に涙ためて言った。 

「アホらしい……」   

「あんた一生 ヒラやわ…」

俺はその後すかさずイメージシャドウピッチングを再開した。

高松宮賜杯1回戦まで、残り2週間と迫ってきたからな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

練習試合

今日は闘魂のメンバー3人に助っ人にきてもらって、ハンターズと練習試合をした。

一応 2-0で勝ったんかな??

投げ込みをドンドンしたかったのでいい練習になった。

緩いカーブがいかに有効にコントロールよく投げれるかとゆうことが、テーマだったので、なんとなく感じはつかめたし、雅之とバッテリー間のコンビは、今年もいい感じでいけそうな気がする。

ただ真っ直ぐのノビが全然ない…腰周りに贅肉つきすぎたか(泣)

春先の試合は、どうしても寒いからエラーも何個かでるであろう、それをのりきっていけるような力で抑えるピッチングもできなくてはならないとおもう。

その為には、緩いカーブをドンドンコントロールよく投げて、ストレートを速く見せることがポイントであると思う。

来週も再来週もそこを意識して練習しよう。

しかし今日ピッチングしてる最中に心臓がバクバクして、息がでけんようになってもた。

やっかいな体や……

二日酔いの影響やろか??

試合の前の日は飲まんようにせなあかんか!!

精神安定剤もっていっとってよかったわ(笑)

しかし 練習試合も人数少ない中、なかなか盛りあがりにかけるけど、初戦が一番大事やと、監督がゆうてるから後悔だけはせんように、その日までは、準備しとかなあかんな。

若手やったら、よしき、ふじおは気合はいっとるな、ベテラン組みは俺と平っちゃんぐらいか、モッチは久しぶりにきとったな、もちろん北垣兄弟は当然やわな、そーや たかえも気合はいっとるな!

Img_3214

Img_3208

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新年会

昨日は武南の新年会があって、また酔っ払いすぎて体調不良……

まぁ 楽しいから酔っ払ってまうんやけどな

平っちゃんが、そのときに「今年は大規模な旅行計画しょーか」って言うてくれたけど、実現したいな

去年も計画したんやけど、実行でけへんかったし。

嫁さん・子供・彼女・彼氏みんな連れて武南ファミリー旅行を実行してほしいと思いました。

みんな どこ行きたいかは、健一か平ちゃんに希望ゆーて下さい。

特に嫁さん、彼女、マネージャー女性陣の希望を優先するそうです。

しかし、思いっきり二日酔いやな……

Cimg0534

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

本番までの準備

なんやかんやゆーて野球の話題になってまうねんな

これからの計画をたてて開幕戦にそなえよか!

1/26(土)    武南新年会     闘魂新年会

1/27(日)  武南練習試合  対 ハンターズ

        代表者会議(高松宮賜杯抽選会)13時~

1/30(水)  フットサル練習

1/31(木)  カメラコンテスト大会締め切り

2/1(金)   山口班長就任式

2/2(土)  武南練習試合予定  対 コールドステイラーズ

2/3(日)  LSD加古川大会初戦

2/8(金)  阿南誕生日

2/9(土)  武南練習試合予定  対 神鋼加古川

2/10(日) 武南練習試合予定  対 関西熱化学

2/14( 木) バレンタインデー

2/16(土) 内村誕生日

2/17(日) 高松宮賜杯 1回戦予定

2/24(日) 太巻き会

3/1(土)  徳田職長就任式

以上 報告!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

おてやわらかに

今日、久しぶりに、チームニシオカのタカマツさんと話した。

もちろん野球の話になったんやけど、ニシオカも今週練習試合をするらしい。

新しいメンバーも入り、練習試合もバッチリ人数そろうらしい。

まだまだやるぞ!って感じがしました。

この時期に練習試合をするってことは間違いなく気持ち入ってると思うし、人数がそろうっていうのも、チームとして活気がでてんねやろなーって感じやな。

ニシオカには、中学時代 野球部やった時の先輩もまだおるし、同級生もおるし、高校の後輩もおるから、やっぱり対戦したときは気合入るねんな

まだ ピッチャーしとんのかい!って言われんようにがんばろか。

しかしほんまに走らんよーになってもた………

走らんようになってもたから、会社は自転車で通勤しとるけど、効果あるんやろか??

昔は週に4回は走りよってんけどな……

あかん…

体もふっくらしてきたし、おっさんになってまう

高校時代から走った距離だけは誰にも負けてないとゆう信念でやってきとるから、それがなくなってもたらマウンドでの自信が消えてしまうな

とにかく今まで、ケガなくピッチャーやってこれたのは、下半身のおかげであるのは間違いないんやから、ここで走るの辞めたらあかんな

消防のピッチャーの子なんか毎日、走っとるやろーしな

走れば走るほど、下半身が安定し、絶妙なコントロールもでてくる、キレもよくなる、何より投手として大事な気持ちが強くなる。

こうやってブログに書いた以上 嘘つかれへん 走るぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我慢と謙虚

昨日、今日と2日間会社で爆発してもた。

ほんまに、人間性に魅力のない上司が偉そうにイキっとるから、文句ゆーてもたった。

また 影でオレの悪口さんざんゆーやろ

人間性に魅力のない上司にガンガン反抗しとったら、お偉いさんに、「きみ自分の意見ばっかり、ガンガン言うものではないよ、組織の中ではそれに、対応する能力がないと、取り残されるよ」と注意されたことがあった。

その時はそんな事あるかいな!自分の気持ち抑えて我慢しとったら、ええもんも、作れるかいなって思ってた。

今でも、言いたいことゆーてまいよるけど、それじゃあかんねんなと最近わかってきた。

36歳で…   遅すぎるけど…

ガンガン自分の意見言うてるやつが、いれば我慢してるやつも、おるんやなーと言うこと。

ガンガン自分の意見言うやつばっかりおったら、まとまるもんも、まとまれへん。

最近、会社で浮いた存在になりだして気がついた(泣)

野球もそーやな オレは性格的に、思ったことは隠さず言ってしまうタイプやけど、今年は我慢や!

代表と監督を上司や思って我慢や!

我慢のピッチングもする。

それと こんなオレでも、今まで働かせてくれた恩を感じて、謙虚に仕事や!

義理、人情のない嫌な上司でも、しゃーない俺の上司なんやから、謙虚に行こう!

ほんで野球も謙虚に行こう、何年もピッチャーやってきとるからとか、B1クラスやからとか、関係なしに謙虚で行くぞ!!

しかし ほんまあの上司むかつくわ…… この先 我慢できるかな????

オレだけ、精神的に子供なんやな……

とにかく、仕事も野球もテーマは、「我慢と謙虚」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

今季絶望か??

今日は、寒い中 別府グランドで練習しました。

Cimg0527

必ず カメラに反応してくれる かずまです。

今年 投手として頑張ってもらう3人の球を受けたけど、阿南の球はすばらしい!!

この時期にあの寒い中で、あれだけキレのある球を投げれるのは、いいピッチャーである。 

コントロール キレは俺、負けてるかも……

吉永、ふじおは、もっと投げ込んで土台をつくらなあかんと思いますよ。

しかし、今日大変な事が起きてしまった。

今年から選手復帰!首脳陣から、代打の切り札として期待されていた、青木秀一選手、(左ふくらはぎ肉離れ筋肉断裂)とゆう 大ケガをくらってしまい、今年はリハビリからのスタートとなってしまった。

監督も代表も戦力ダウンとなり、暗い顔になるかと思いきや 笑ってました。

歳やから十分ストレッチして練習してください!

Cimg0528

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

2007年 武南個人タイトル

打率

1位   よしき  428  (50打数18安打5四球3犠打)

2位   いき   387  (41打数12安打7四球3犠打)

3位   かずま 288  (54打数13安打9四球)

盗塁

1位   よしき   14個

2位   かずま   9個

3位   いき    6個

3位   えびす   6個

打点

1位   よしき   7打点

2位   けんいち 6打点

3位   よしなが 5打点

3位   かずま  5打点

3位   えびす  5打点

本塁打

1位   まさゆき  1本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

闘魂

今日 闘魂の若い子と会社であって昨日の練習試合の話をした。

武南との練習試合の前にバッテイングセンターにもいったらしい。

仕事もせずに、野球談議をした。

俺は、その子にセンター前ヒット打たれたので、「ナイスバッテイングやったな」と最初に声をかけたら、「ほんまに たまたまですよ」と返ってきた。

それから野球談議になった。

俺が36歳で、その子が19歳、ライバルになれるよな、野球ってええな スポーツがええんか!

闘魂はなんとなく いいチームになりそうな気がする。

竜次もまだまだ若いし、元気やし!!

てっちゃんにリーダーシップが見えてきたし。

若手もやる気あるしな!

闘志あるわ! デットボール当てられてめっちゃくやしがっとったもんな

ピッチャーの子もケガさえせーへんかったら やりそうやしな。

また練習試合できる機会があったら、あの若い闘魂のメンバーの子らに、武南の凄さ見せてやりたいな。

C級で勝ち上がるのは、ほんまに大変や思うけど、闘う魂もって頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

一番 嫌なチーム

まず このブログで悪いのだが、闘魂のメンバーに誤りたい。

本当に申し訳なかった。

俺が、闘魂の代表に連絡つけて試合を申し込んでいたのに、人数足りず、それも3人も…

一番やってはいけない失礼をした。

もし俺が、逆の立場だったら、アホらしくて、まずピッチャーなんてしてないと思う。

もし俺が闘魂の代表だったら、二度と武南とは練習試合しないと思う。

もし俺が闘魂のメンバーだったら、あんなチームにはなりたくない!と強く思うだろう。

それぐらい相手に対して失礼なことをしたと思う。

もし 相手チームが九州から来てくれていたらなんとお詫びする。

もし相手が、兵庫県トップクラスのチームであっても、これぐらいのん気にいけていたか??

厳しい言い方かもしれないが、俺が一番嫌なチームを見てしまった。

礼儀というのは、ただ挨拶をしっかりするとか、敬語で話すとかそんなことよりも、どんな相手に対しても 全力で戦うということだといい続けてきたのに、わかってもらえないのだろうか??

人数がそろわないと言うのは、代表が頭から、全力でいってないということなんじゃないのか?

まさか闘魂の方が、人数そろわなくて、武南のメンバーを貸して試合になるかもしれないと思っていたが、こんな結果になるとは、まったく予想していなかった。

今日の練習試合を見て悪いけど 闘魂もそうだが、俺も代表に対しての信頼をなくしたぞ。

代表というのは、当たり前のことを一生懸命やらなければならないんだ。

人数をそろえる。道具を準備する。相手チームに道具借りたり、ヘルメットかぶらず試合なんてするのは最高に相手に対して失礼な行為である。

簡単なようで一番肝心な仕事なんだ。

だから1年やればヘトヘトになってしまう。

だからこそ目標を達せれたら感動できるのである。

そろわないなら誰か助っ人でも頼んででも人数をそろえる。

連絡返ってこないから、わからんかったじゃ話にならん。

頑張ってやろうとしてるもんも、やる気なくしてしまう。

この練習試合を代表は軽く見ていたんだろう。

こーゆう小さなことが積み重なってチームとゆうのは、崩壊していくのではないかと思う。

この信頼をとりもどすには相当時間かかるぞ!

今 代表が何ゆっても、俺と山口は右から左やで!

もう 俺は二度と練習試合の段取りをしないと心に誓った。

本当に闘魂のメンバーの方々 すんませんでした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

成人式

昨日 久しぶりにかずまと会ったけど、14日は成人式らしいな

今年は俺が知ってるとこでは、武南のかずま・コモッチ・フジオー・よしきの4人ぐらいしか、成人式を迎えるやつわからへんな

俺の成人式は16年前で、小学・中学・高校と一同に好きやった女の子が集まるから最高にワクワクしながら行った記憶がある。

そんな場面って一生に一度しかない。

どの時代に好きやった女の子と先に話したらええんやって真剣に前の日悩んでた。

二十歳の頃は仕事が嫌で、辞める事ばっかり考えとった。

毎週 合コンするか、スナック行ってた。

野球は、高校時代の先輩に誘われてA級でしてたけど、まったく興味なかった。

1、友達   2番、女性  3、賭けごと  4番、車  5番…   6番… 7番、野球  

16番、仕事ぐらいの順番で生活してたと思う。

今は一番 仕事かな?

二十歳の成人式の時なんて、こんな歳になるまで野球なんてすると想像もしてなかった。

二十歳の時に武南みたいなチームに入とったら確実に暑苦しくて辞めてたと思う。

しげるが武南を辞めたらしいけど、当然やわな

若いとき(二十歳)ぐらいの時って、30歳以上の人が、めっちゃおっさんに見えた。

なんの為に野球してんねやろう??意味あんねやろか??

日曜に野球してるぐらいやったら他に楽しい事あるはずやって、ずっと思ってた。

かずま・コモッチ・フジオ・よしきは去年1年よう頑張って武南野球についてきてくれた。

あの若さで、それだけで十分や

今年の成人式はこの4人ぐらいかな 心から祝ってやれんのは  「おめでとうさん」

14日は、思いっきり楽しんできてちょーだい!   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

ボクシング

今日の世界戦は、WBAもWBCも、どちらも最高の試合であった。

俺のボクシングの最高っていうのは、どんな相手であろうが、世界戦であろうが、防衛戦であろうが、4回戦であろうが、ボクサータイプであろうが、ファイタータイプであろうが、自分のスタイルを変えない選手、そして気持ちのこもった選手、打たれたら必ず打ち返す選手が好きである。

今までだと、赤井英和、辰吉丈一郎、フェルナンド・バルガス、デイエゴ・コラレス見たいな選手が大好きである。

負けるとわかっててても、自分のスタイルを変えない、打たれたら当たらなくても、必ず打ち返す。

勝ち負けよりも、強い弱いを意識しながら戦ってる。

そんな選手が大好きなので、今日の池原と長谷川には心打たれた!!

単純やけど、よし俺もやる!!という気持ちになった。

池原は強くなかった。

たぶん日本や世界のバンタムの選手で、池原より強い選手は、たくさんいると思うが、あのボクシングスタイルは周りの関係者がどうしても世界戦をやらしてあげたかったのだろう。

ほんまにハートのエースやった。

感動した。 今までボクシングも命かけてやってきたのが、想像できる。

長谷川はもしかしたら、今までで一番日本人のボクサーでは、好きな選手かもしれない!

間違いなくアウトボクシングできるのに、アウトボクシングしなくてはいけないのに、打ち合いよった!あれこそが世界チャンピオンである! 

スピード、リズム、キレ、緩急、スタミナ、エンターテイナー、ハート全てもってる選手である。

俺が、ピッチャーとして備えたい物全てもってる選手である。

マジでかっこええ!

ほんまにええボクサーや!

マスター、アオキ家ほんまに会わしてくれてありがとさんや!!

Img011

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

代表

健一から新年の連絡があった。

練習の日程、新年会の連絡であった。

1月14日 浜の宮グランド 14時30分  闘魂と練習試合

1月20日 別府グランド   9時00分  練習

1月27日 別府グランド   9時00分  練習

代表としてすごく気持ちが入ってるし、何かやろうという気持ちが伝わってくる。

武南設立以来、初めての年下で代表することになる。

先輩に個性のある人間が多いのでやりにくいとこもいっぱいあると思うが、気にせず自分でチーム作りするんだという気持ちでやってほしい。

俺が今年 武南の代表をやって強く感じたことは、武南というチームは、やっぱり勝ちにだけ、こだわるチームにはできないなということであった。

代表をしていると一人一人のチームに対する思いや、情熱や、プライドなどひしひしと伝わってくるものである。

俺はそれに流されて自分が考えていたことを、くつがえしたことが何度もあった。

健一と平っちゃん二人で力合わせてやってくれると思うが、二人とも代表や、監督というポジションを楽しんでやってもらいたいのと、迷わずやってほしい

サインミス、怠慢プレー 個人プレーで気にくわぬとこがあったら、遠慮せずに注意してほしい、二人とも怒るキャラではないが、それもありだと思う。

健一と平っちゃんなかなかいいコンビで、ええ感じやと思うな!!

全員の投票で選ばれた二人やから、ガンガンイってちょーだい!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

思い出の17番

1月7日 今日は1年に1度の俺の背番号17番の日である!!

17番という数字には、思い入れがある。

小学5年生の時、初めてもらった背番号が、7番であった。

当時6年生が7人いて、5年生が10人いた。

なんで自分が7番になったのかよく覚えていないが、もらった背番号が7であった。

なんせ初めてもらった感動と、やっと試合にでれるんやとゆう感動で興奮したのだけは、覚えていてそれから、7という数字が大好きになった。

6年生になってキャプテンになり、一番最初に背番号を選べることになり決めた番号が、17番であった。

当時はユニホームに背番号がひっついてあったので、1番から9番までのユニホームはレギュラーの人達が使っていたので、ボロボロであった。

17番までユニホームがあったのだが、この17番は新品みたいにきれいで、絶対 試合でお披露目することがない番号だったので、なんとなく汚してみたくて17番を選んだ。

それから中学、高校といろんな背番号をもらったが、高校3年最後の夏にもらった背番号が、1番である。

どうしても、1 と 7には思い入れが強い番号であり17という数字が大好きである。

だから年に1度の1月7日を自分の中で、野球の日と定め、この日だけはグローブとスパイクを磨いてやることにしている。

7番を初めてもらった時の感動、自らかっこつけて17番を選んだ時の自信、最後の大会にもらった1番の重み、栄光とはほど遠い野球人生だったが、武南17を最後の背番号だと思い今年、神戸新聞に披露したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

初投げ

朝 7時の別府グランドです。霜はってます。

P1010577

何周もグランド走った。

走りながら一人やから、いろんな事考えながら走ってた。

俺、なんでこんな朝早くから走ってねんやろう…

酒、タバコ控えめにしとことか…

英吾やる気あんねやろかとか…

飲み会せなあかんなとか…

なんでこんな背低いんやろかとか…

なんか訳わからんことばっかり考えながら40分ぐらい走った。

ほなら、秀が来てくれて50球ほど、ストレートとカーブを投げ込んだ。

正月の飲んだ暮れ生活のせいでめちゃくちゃやったけど、気持ちよかった。

秀、受けてくれてありがとさん!

また来週も頼むわ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

恒例の武南運だめし

昨日 我が実家で恒例の武南運試し飲み会をした。

今年一番運が強いのは、28番やな(笑)

もうこの行事も、十年前からしとるけど、みな正月の忙しい時期によく集まってくれる。

毎年だいたい同じメンバーやけど…

うちの親父も、おかんも武南のメンバーに、正月会うのを楽しみにしとるから続けていきたいな

Ts3e0069

| | コメント (0) | トラックバック (0)