« 2014年1月 | トップページ

2014年9月

2014年9月29日 (月)

最後のマウンド

お久しぶりです。

ブログって更新しなくてもなくならないのでよかった。

昨日は、武南のみんなごくろうさんでした。

久しぶりに公式戦のマウンドへ上がりました。

大事な試合をブチ壊して申し訳なかった。

やっぱりスライダーイっプスは治ってなかった…(笑)

高校1年の夏休みにいきなり ピッチャーに行けと言われ

もう アドレナリンがでまくって、ワクワクしながらピッチャーをして

何十年と本当に楽しませてもらたった。

高校時代には、へぼいピッチャーだったけど、50歳になった時は、

兵庫県でNO1のピッチャーになろうと目標にしてきたけど

あと7年は長い

だけど、ここまではあっと言う間やった。

最後のマウンドは楽しまれへんかった…

過酷な場所やわ

だけど エビスはすごかった…

あいつは、すごいやつや…

キャッチングもスローイングも野球感も若いころとなんら衰えてないわ…

エビスがキャッチャーしてる時は、常に思ってることがあった

俺ら絶対 負けん気だけやったらNO1のバッテリーやろ…

負けん気だけで、なんとかやってこれた二人やな

ヤマグチもすごいやつや、素人であそこまでまだボールさばきが衰えてないやつも

ある意味 天才やな

モッチのセカンドも懐かしくて、ちょっと笑えた。

ベンチに マサユキとケンイチがおって、ほんまに今までよーーーー声をかけてくれた。

あの二人の声は、ほんまに励まされた。

昨日のマウンドからみた風景は、いろんななつかしいことを思い出させてくれた。

オレの後にマウンドへ上がってくれた 

タロウを眺めながら、 すげぇなぁーと思いながら見てた。

タロウには1年でも、1日でも長く ピッチャーしてもらいたい。

最高にかっこええピッチャーや。

大事な1試合をおれらのために段取りしてくれたことをすごい意味があるものにしたかった。

これで、迷いなくこの先の試合を突き進んでほしい

もちろん 武南エスパルスの創設者として

これからもサポートしていくし、試合にもいく

もちろん 公式戦では投げたくないのだが、

いろんな企画つくって、1年に1回ぐらいはピッチャーしようと思ってる。

不思議な事にピッチャーとして、シニアで誘われたり

C級の方に誘われたりするのだが、ありがたいことやけど

まったく投げたいと思わない

武南のピッチャーとしてマウンドへ上がることが最高の楽しみやったと感じる。

加古川協会 歴史上 圧倒的にホームラン被弾率NO1の

背番号のあるエース 最高のマウンドでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ