« 試してみよう ほととぎす | トップページ | 子が親を超える時 »

2014年1月21日 (火)

複雑な微妙なええ試合

先週 練習試合の予定が、急遽 相手さんの都合により

武南紅白戦になりました。

まずは体を温める感じのベテラン vs 若手

サッカー対決

ベテランチームは、

ツートップに 中学1年生 二人

ハーフに、トクザイルとホソミ

そして、スリーバックで、エビス  コウタロウ ヒラっちゃん

キーパー  シュウ

対する 若手チームは、

ツートップに タロウ  タツヤ

ハーフに ハレン ヨシキ ノナカ

バックに トダ  ダイスケ

キーパー  ミヤザキ

ベテランチーム 3-1で勝っちゃいました!!

楽勝でした(笑)

次は、バスケかテニスしましょか

そして、シートノックを終え

本番の紅白戦突入

ベテランチームは

ピッチャー    トクザイル

キャッチャー   ミヤザキ

ファースト    ヤマグチ

セカンド     中学生

サード      中学生

ショート     エビス

レフト      コウタロウ

センター     ヒラっちゃん

ライト      なし

レギュラーチーム

ピッチャー   タロウ

キャッチャー  ダイスケ

ファースト    ヨシキ

セカンド     タツヤ

サード     ハレン

ショート    ノナカ

レフト     シュウ

センター    トダ

ライト    なし

白熱した試合は、なんと6回まで 0-0

6回裏 レギュラーチーム

ワンアウトから、タツヤ レフト前ヒット

続く ダイスケ ライト前ヒット

ライト誰もおらず…

走る センター ヒラツ 走る 走る 走る

しかし、もたつく… もたつく…  無情にも1点が…

と思いきや、なんとタツヤ3塁回ったとこで、ダイナミックにこけた!!!!!

カットした トクザイル 余裕をもって3塁に投げてタッチアウト

が………

投げる瞬間 タツヤを見て 笑ってしまった…

ドラマのような見事なこけっぷりに笑ってもた…

なんとトクザイル 3塁へ悪送球…

タツヤ再度 起き上がり ホームイン

それは、まさにドラマのような

甲子園のようなドラマチックなシーンでした。

1-0で、レギュラー組の勝利!

打線はどちらとも最悪でしたが、

タロウは順調に仕上がってたし、

新しくきた ノナカもすばらしいピッチングを見せたし

何よりも 打倒 山本昌(ドラゴンズ)を目指す

トクザイルが6回投げきったことで、投手陣はオッケー

守備も中学生の守備が良かったし、ハレン ヤマグチあたりも動けていた。

まぁまぁでないか!

いやー 紅白戦おもろいな

ただ、今回はバッティング重視にするため

ワンストライクからの勝負だったのが、すごく大きい

ワンストライクをとるっていうことが、守備にどれだけ安心感を与え

打者をあせらすかということが感じられた。

バッテリーは、このワンストライクを簡単にとれる

ピッチングができるようにならなければならないな。

後、自分的には、ピッチングがむちゃくちゃ過ぎて

何がどう悪いのか、ピンとこなかったが、

ミヤザキがいいアドバイスをくれた

毎週 ピッチング練習してみよう。

そして、シートノックで、ホソミが大けがをしてしまった。

外野フライで、お互いがボールを捕りにいき衝突事故である。

プロ野球でも選手生命を終わらせてしまうような何度も見たプレーだ。

せっかく やる気を出して来てたし、俺の後に投げてもらうつもりだったのだが、

本人も歩かれないぐらい痛そうにしてたので、かわいそうだった。

すごく心配だったが、病院に行ったら打撲で済んだそうだ

ひとまずは安心したが、まだ若いし、高校最後の学園生活も残ってる。

これからバリバリ働かないけないので、早く完治してほしいと思う。

改めて ケガしないような周りのサポート

そして、声を出しケガのないプレーを徹底したいと思う。

また 復帰できれば練習試合で、投げてもらいたい!

ガンバレ ホソミ!

開幕まで1カ月きりました!

あと2試合はやりたいな。

しかし 武南打線 ダッセーな

|

« 試してみよう ほととぎす | トップページ | 子が親を超える時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複雑な微妙なええ試合:

« 試してみよう ほととぎす | トップページ | 子が親を超える時 »