« 2013年12月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年1月

2014年1月27日 (月)

ゆっくり 駆け抜けた

武南エスパルス!

2014年度

A級に昇格いたしました。

聞いた時は、驚きもなく

気負いもなく 冷静によくやったな武南って感じでした。

圧倒的な強さをB1で見せたわけではなく

地道に長い間コツコツと、やってきたことが評価されたと思っています。

これで、目標達成しました。

2004年から、このブログを始めました。

とにかく、武南というチームを強くしたいという思い

10年は続けよう!

目標達成するまでは続けよう!

そう思いながら続けてきましたが、

ちょうど、ブログを始めてから10年経ちました。

そして、A級昇格という目標も達成できました。

そして、新しく 若手がチームを引っ張っていこうとしてくれている。

このへんで、このブログも卒業だなと感じています。

2014年も そして2015年も何年先も

武南エスパルスというチームを愛し続けたいと思っています!!

いままで、ブログ読んでくださった方

本当にありがとうございました。

Img007

Img009Img_6806


Img029






| | コメント (11) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

子が親を超える時

30年前 中学1年生の冬

ちょうど、今の長男と同じ時期に

久しぶりに親父とキャッチボールをした。

背が低かったオレに、親父はスナップスローを徹底的にしこませた。

守備力では誰にも負けないために、肩の強さ 手首の強さを鍛えられた。

親父に鍛えられたオレの遠投力は、

中1の冬

親父を超すことになる。

小学生時代は、幾度となく

「ここまで、投げられへんのか!!」

怒られた時代を経て

親父よりボールが遠くに飛んだ…

複雑であった…

親父を超えてしまったという瞬間であった。

親父を超えることなど一生ないかもしれないが、

人それぞれに何か形で、親を超えたと思う瞬間があるだろう

身長  体重  学歴  腕相撲…

いろいろあるだろうが、俺は遠投だった。

当時 親父38歳であった。

今 オレは42歳

長男には、悪いが遠投ではまだまだオレの敵ではない

高校に行っても負ける気はしない

足の速さも悪いが、負ける気がない

そのために鍛えてきた

オレを野球で超えるのは無理だ!!

と、思っていたのだが…

子供達が、最近 パワフルプロ野球のゲームをしていた

このゲームだけは、俺も自信があった。

20歳ぐらいからやっていたし、

何人もの相手と対戦して、強豪を打ち破ってきた。

たかが、ゲームだが、パワプロは、野球をよく知っていないと勝てない

なので、息子らに

「オレとやるか 勝ったらこづかいやるわ」

と言ったら、めちゃくちゃ食いついてきた。

まあ 長男ぐらいしか相手にならんやろうと思い

軽い気持ちで戦ったら、

あっさり負けた…

それも大差で…

長男に、「こづかいはいらんで」

とまで言われた…

それを見ていた、次男が

「オレとやる?」

と聞いてきたので、これは野球人の親として

なめられるわけにはいかず 真剣勝負した

オレは阪神

次男は巨人

いきなりマートンで先制ホームランをぶちかましたった!

Dsc_0189_4

しかし、阿部にすかさずホームラン打たれDsc_0184_5


その後も、巨人打線に…

いや次男のたかが小学4年生に

おれがつちかってきたパワプロの技術を粉砕されていく…

試合の途中で、

次男がオレに

「お父さんの守備 めちゃつよいの設定にしたろか」

と、なんと情けをかけられた…

「うるさい!! 勝負はゲームセットまで油断するな!!」

と、怒鳴った直後に7回コールドで負けた…

Dsc_0176_5

インタビュー画面を見ながら、

微妙な沈黙が続く…

気をつかった次男はこう言った

「巨人の打線すごいからな…」

子供に追い越される気持ちを味わえた

普通に時が流れ、子供達でパワフルプロ野球をしている。

オレはそれを見ながら、

長男と、次男の配球 そしてクセを後ろからチェックしている。

やられたらやりかえす!

どこまで、俺は負けずぎらいなのか

誰も知るよしはなし!!


 












| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

複雑な微妙なええ試合

先週 練習試合の予定が、急遽 相手さんの都合により

武南紅白戦になりました。

まずは体を温める感じのベテラン vs 若手

サッカー対決

ベテランチームは、

ツートップに 中学1年生 二人

ハーフに、トクザイルとホソミ

そして、スリーバックで、エビス  コウタロウ ヒラっちゃん

キーパー  シュウ

対する 若手チームは、

ツートップに タロウ  タツヤ

ハーフに ハレン ヨシキ ノナカ

バックに トダ  ダイスケ

キーパー  ミヤザキ

ベテランチーム 3-1で勝っちゃいました!!

楽勝でした(笑)

次は、バスケかテニスしましょか

そして、シートノックを終え

本番の紅白戦突入

ベテランチームは

ピッチャー    トクザイル

キャッチャー   ミヤザキ

ファースト    ヤマグチ

セカンド     中学生

サード      中学生

ショート     エビス

レフト      コウタロウ

センター     ヒラっちゃん

ライト      なし

レギュラーチーム

ピッチャー   タロウ

キャッチャー  ダイスケ

ファースト    ヨシキ

セカンド     タツヤ

サード     ハレン

ショート    ノナカ

レフト     シュウ

センター    トダ

ライト    なし

白熱した試合は、なんと6回まで 0-0

6回裏 レギュラーチーム

ワンアウトから、タツヤ レフト前ヒット

続く ダイスケ ライト前ヒット

ライト誰もおらず…

走る センター ヒラツ 走る 走る 走る

しかし、もたつく… もたつく…  無情にも1点が…

と思いきや、なんとタツヤ3塁回ったとこで、ダイナミックにこけた!!!!!

カットした トクザイル 余裕をもって3塁に投げてタッチアウト

が………

投げる瞬間 タツヤを見て 笑ってしまった…

ドラマのような見事なこけっぷりに笑ってもた…

なんとトクザイル 3塁へ悪送球…

タツヤ再度 起き上がり ホームイン

それは、まさにドラマのような

甲子園のようなドラマチックなシーンでした。

1-0で、レギュラー組の勝利!

打線はどちらとも最悪でしたが、

タロウは順調に仕上がってたし、

新しくきた ノナカもすばらしいピッチングを見せたし

何よりも 打倒 山本昌(ドラゴンズ)を目指す

トクザイルが6回投げきったことで、投手陣はオッケー

守備も中学生の守備が良かったし、ハレン ヤマグチあたりも動けていた。

まぁまぁでないか!

いやー 紅白戦おもろいな

ただ、今回はバッティング重視にするため

ワンストライクからの勝負だったのが、すごく大きい

ワンストライクをとるっていうことが、守備にどれだけ安心感を与え

打者をあせらすかということが感じられた。

バッテリーは、このワンストライクを簡単にとれる

ピッチングができるようにならなければならないな。

後、自分的には、ピッチングがむちゃくちゃ過ぎて

何がどう悪いのか、ピンとこなかったが、

ミヤザキがいいアドバイスをくれた

毎週 ピッチング練習してみよう。

そして、シートノックで、ホソミが大けがをしてしまった。

外野フライで、お互いがボールを捕りにいき衝突事故である。

プロ野球でも選手生命を終わらせてしまうような何度も見たプレーだ。

せっかく やる気を出して来てたし、俺の後に投げてもらうつもりだったのだが、

本人も歩かれないぐらい痛そうにしてたので、かわいそうだった。

すごく心配だったが、病院に行ったら打撲で済んだそうだ

ひとまずは安心したが、まだ若いし、高校最後の学園生活も残ってる。

これからバリバリ働かないけないので、早く完治してほしいと思う。

改めて ケガしないような周りのサポート

そして、声を出しケガのないプレーを徹底したいと思う。

また 復帰できれば練習試合で、投げてもらいたい!

ガンバレ ホソミ!

開幕まで1カ月きりました!

あと2試合はやりたいな。

しかし 武南打線 ダッセーな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

試してみよう ほととぎす

次回の武南紅白戦のオーダーを決めました。

レギュラー組

投手  タロウ  →  ケンボウ

捕手  ダイスケ

1塁  タツヤ

2塁  ケンイチ

3塁  エビス

遊撃手 ケンボウ

左   ハレン

中   ヨシキ

右   トダ

監督  アオキ

控え組

投手  トクザイル

捕手  ミヤザキ

1塁  ヤマグチ

2塁  助っ人

3塁  助っ人

遊撃  ホソミ

左   コウタロウ

中   ヒラツ

右   チュン

このメンバーで戦いたい思う

助っ人は他に呼んでます。

まず 控え組がどれくらいやるのか!

開幕スタメンとりをアピールできるのか?

そして、レギュラー陣はたぶんこのメンバーで1年間、戦うことが多い思うが、

チームとして機能するか

そして、何より勝たなくてならないプレッシャーをはねのけるだけの準備ができているのか!

それを確認したい

もし 控え組が勝つようなことがあれば…

波乱である(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

22年目のシーズンへ

2014年が始まり、武南エスパルスは22年目のシーズンへ突入である。

今日は、ハレンからメールがあり、

開幕までの練習の確認があった。

代表としての意気込みが感じられ頼もしく思う。

エビス ヒラっちゃん イキ トクザイルは22年目の武南であり、

コウタロウ  チュンが21年目

マエハタが20年目

ヤマグチ シュウ  モッチが19年目と本当に長い野球を続けてこれた。

エビスや俺は、18歳からA級のチームで活動したので、

こんなに長い間 野球ができたことに感謝しなくてはならない。

年末 インフルエンザにかかりずーーーと寝込んでいた。

その弱った体、精神状態の時、正月番組で、プロ野球の戦力外通告をうけた人のテレビ番組をみた。

その中で、大阪桐蔭で絶大のインパクトを与えた投手の辻内投手が、

肘 肩の故障でほとんど1軍で活躍することなくプロの世界を離れていく映像が流されていた。

複雑である…

あーゆうのを見ると、なんかまた野球がしたくなった…

俺をふくめベテランの武南のメンバーは、武南での楽しみ方はそれぞれ変わっていく

目の前に強い相手がおったら倒すまでやる!

勝つために、なんらかの形でチームに貢献する!

やられたら、やりかえす!

そんなテンションでやっていた時とは違い、自分なりの武南での楽しみ方を見つけている。

あわよくば、若手に頑張ってもらい 全国大会出場をかねた武南旅行ができたらええな…

そんな感じか?(笑)

まだコウタロウみたいに、レギュラー取りを狙う野望を持っているベテランもいる。

今年は、武南にとって大きな変化だと感じている。

なんやかんや言うて、このチームはベテランが引っ張ってきた。

しかし、今年は中堅のハレンが代表することになった。

主将は、若手のカズマがすることになった。

この二人がするということは、武南が少し変わっていく大きな変化の年である。

そして、もうそうでなければならない

また、時が過ぎてベテランが暇になった時期には、チーム運営をするだろう。

その時は、今の中堅が忙しくなり野球にこれなくなる時期がくる。

時代はめぐる。

ベテランが今のチームを作り上げた

しかし、あと一歩のとこまでいったが、夢届かずであった。

2014年は、

それを引き継ぐ 後輩がどこまでチームを作り上げて

A級昇格 都市対抗出場  全国大会出場という目標を達成できるか楽しみである。

ベテラン勢はお荷物にならぬよう

「行って下さい!」

と、起用された時は、チームに貢献できるようなパフォーマンスを披露し、まだまだアスリートであって欲しいと願う。(笑)

今年も目標をしっかりチームで確認しあい

準備を整え 開幕の高松宮賜杯を制し、全国を狙っていけるチーム状態にしてほしいと思う。

俺も次男のソフトボールチームの監督になった。

やるからには、全力投球したい

目標は、子供達が、最後の大会で、

「このチームで勝ちたい!!」

そーゆう思いになってもらいたいと指導したいと思う。

そのためには、勝つ喜びも経験してもらわないといけない

その大きなカギを握る、次男に今年の目標を聞いた。

次男は、

「今年中にリフティングを15回以上できるようになりたい!!!」

まったく、ソフトボールとは関係のない目標を言いやがった。

2年生になる 3男もソフトボールをやらそうかと考えていたので、

一応 目標を聞いたら、

「ネイマールになりたい!」

3男は本当にサッカーが好きなので、早く俺が野球離れしなくてはならないのではないかと考えさせられる。

そして、その話を一部始終聞いていた

4男がバットを振ってアピールしてきた。

聞いてやるのを忘れてしまった…

うっとうしく思った 長男が、

「おまえ 何しとん…」

って言うと、4男は間髪入れず

「オレ  バレンティンになりたい!!!」

そう言ってくれたようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

ほっともっとフィールド神戸

新年あけましておめでとうございます。

本日 武南エスパルスは、初練習をなんと、

ほっともっとフィールド神戸!

そーです

グリーンスタジアム  プロ野球のオリックスの本拠地で行いました。

22年目のシーズンはド派手にスタートしたみたいです!

1388904007389

たまたま オリックスの若手のエース級の西投手が練習していたらしく

前日は、あのヤンキースのイチロー選手が、ほっともっとで練習してたみたいです。

俺は、仕事で参加できなかったんやけど、

ヒラっちゃんが、うちの長男を連れていってくれて、

帰ってきた長男は、めずらしく興奮して

「バリ 芝 キレイ… めっちゃ楽しかった」

と言っておりました。

1388904540371

武南の個性的なメンバー達と、

同級生ではたぶんスーパースターになるであろう

ワタルらと一緒に、そんなええグランドで野球の練習できたことは、

長男にとっても、忘れられへん冬休みの思い出になった思う。

連れていってくれたヒラっちゃん

武南のメンバー達よ ありがとう!

2014年は、このド派手なスタートで

開幕までの日々を充実させてほしいと思う。

また来年も計画するみたいなので、ぜひ今年いけなかった人は

楽しみにしてもらいたいと思う。

1388909877310

しょっぱなからすばらしい話題を提供してくれました。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年9月 »