« 代表から監督へ | トップページ | ほっともっとフィールド神戸 »

2013年12月28日 (土)

来年も好ゲームを

2013年も残すとこわずかとなった。

今年も心に残る ベストゲームがたくさんあった。

小学生では、2月に行われた、播磨灘の大会で

うちの長男ら含むソフトボール上がりの6年生が、飾磨西野球クラブと初戦に当たり

大番狂わせの2-1で勝利した試合が忘れられない

中学生では、夏の中体連で別府中が初戦敗退してしまった試合が衝撃的であった。

高校野球では、

加古川南 vs 和田山 の7-6

甲南 vs 加古川北 の2-1

育英 vs 私陽 の8-7

がすごく印象深く

甲子園では、1回戦の 浦和学院 vs 仙台育英

の試合が印象深い

プロ野球は、日本シリーズ第7戦 楽天 vs 巨人 マー君登場が鳥肌もんやった。

武南では、やはり近畿秋季1部の県大会

但有代表の RED GALESに1-2で負けた試合がすごく心に残っている。

2013年も俺が見てきた野球は、紙一重のとこで勝敗を決する試合がとても印象深く

そーいう試合を見たり、やれたりする度に野球がさらに好きになっていく

2014年もそーゆう試合に巡り合えるように日々精進していきたいと思う。

たった一つのプレーで流れが変わる

たった1打席で勝負が決まる

たった一つのエラーが…

たった1球のボールが…

誰も気づかないような気配りが、勝敗を分ける

そんな奥深い野球が愛される

すばらしい 2013年でした。

|

« 代表から監督へ | トップページ | ほっともっとフィールド神戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年も好ゲームを:

« 代表から監督へ | トップページ | ほっともっとフィールド神戸 »