« 役割 | トップページ | 来年も好ゲームを »

2013年12月26日 (木)

代表から監督へ

先日、S-ONE  ニシオカ  PDTの監督さんと、ヤマグチとハレンと一緒に飲みました。

忘年会で、ハレンが

「来年 代表します!」

と言っていたので、どこまでやるのか確認しときたかったのでいろいろ話できてよかった。

来年1年は、全てを仕切って代表をやってみるということなので、

まかせて好きなようにやってもらいたいと思う。

俺も少しほっとしてるし、もう一度ピッチャーとして勝負してみようかと思ったりもしている。

俺の場合は、故障がないので、いつでも聞かなくても

行け・・・ と言われればいつでもマウンドに上がれるということだ。

もちろん 若くてピッチャーしたい子がいれば優先的にその子らにドンドン投げさせてあげてほしい。

そして、来年 次男のソフトボールチームの監督を再びやることになりました。

6年生が引退して、

現在の部員数は、

5年生の女の子 一人

4年生の次男

3年生男 二人  女 一人

2年生男 一人

と、 たった6名しかいないチームの監督で、

試合もできない状態だし、練習もとーーーーーっても寂しい

まず何よりこの6名があまりソフトボールに興味があるのか?練習が嫌いみたいだみたいな状情報を聞いたうえで、監督をすることにしました。

女の子もいるし、

うちの次男もそーやけど、何がなんでも野球が好き

みたいな子は、2年生の男の子ぐらいなので

とてもむずかしいです。

まずは、この6人が気持ちを前面に出せるようにしてあげて、

練習に行きたい そう思わせて、

試合がしたくなってきた

そう思わせて、

このチームで試合するには、人数がいるという危機感を感じてもらい

親や、監督の俺に相談してくるようにぐらいになれば成功

そんな段階の監督業です。

技術を教える前に、気持ちを前に出してやらないといけない

ただ、嫌々 監督をしているわけではなく

たった6人と少ない子供やけど、みんな素直やし

父兄さんもなんとなく 同じような感性を持っておられる方達で、

どこかに このチームを解散させたくないという気持ちが伝わってきたので、

やってやろう そんな気持ちになって 来年は、子供のチームの監督業を何より優先でやっていきたいと思っている。

監督やけど、日曜日の練習はなるべくなしにしましょうとなったので、

たぶん武南の試合もちょこちょこは行ける。

しかし、子供らや、父兄さんが、日曜日も練習しましょう!

みたいな声が上がれば嬉しいので、そこを目標に頑張っていく。

武南は、ハレンが覚悟を決めて代表をすると言ってくれたので

来年は本当に1選手としてサポートしていきたい。

武南の目標はあくまでも全員で勝つ!

というこだわりが俺の中にあったのだが、それも払しょくしてかまわない

好きなようにやればいい。

来年のさらなる武南エスパルスの飛躍を期待する。

|

« 役割 | トップページ | 来年も好ゲームを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表から監督へ:

« 役割 | トップページ | 来年も好ゲームを »