« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

心に残る球児

今年の兵庫代表は、公立 西脇工に決まった!

すばらしい快挙である!

もちろんピッチャーの子がすばらしかったのだが、

俺はキャッチャーのリードがもっとすばらしかったと思っている。

相手をよく研究していた。

バッター心理を凄く読んだ配球であった。

俺の中のMVPである!

そして、今年 一番心に残った試合と、場面は、

実は、高校野球観戦シリーズに書けなかったのだが、

加古川北 vs 甲南 の試合であった。

どうしても、うまく伝えられず

書けなかった…

すばらしい試合であった…

北高の監督のシートノックは、やはり芸術品だったし、

選手に指示を与えるタイミング 表情が本当に良かった

選手も全てにおいて手を抜くとこがなかった…

プレーはもちろん

バット引きから、ランナーコーチ 全力プレーであった。

なら、なぜ北高が負けてしまったのか…

あるとすれば、一つだけ…

相手チームより少しだけ表情が暗かったような気がしていた

ベンチにいる選手

スタンドで応援している選手達

観戦している北高ファン

みんなが表情が硬かったような気がする

甲南は、もう必死の形相であった立ち向かっていた。

しかし、そんな北高が、

9回裏 ツーアウト3塁 1-2で負けていて 絶体絶命のピンチに追い込まれた時

代打が告げられた…

その時 バックネットの方でみていたおっちゃんが、立ち上がり

その子の名前を叫んだ!!

必死に声援したのだ!

それにつられるように、あちこちで、その子の名前が叫ばれた!!

スタンドにいた野球部の子らも

応援を辞め その選手に声をかけた

「ガンバレ! 頼むぞ! 大丈夫! おまえやったらいける!」

いろんな声援がとびかい

スタンド全体が、一体感につつまれたような状態となり

俺は鳥肌がたつほど、感動した

起用した監督も

スタンドで応援していた野球部の子らも

ベンチで見守っていた仲間も全て

あの土壇場で、代打ででてきた背番号15の選手やったら悔いはない!

そんな雰囲気であった

あの場面は俺の今年、一番心に残り、震える場面であった。

そして一生 その姿は忘れない!

Img_6307

いろんな経験を積んだ人間は強い!

かならず北高は這い上がってくるだろうし

引退する3年生達は、次のステージで必ずリベンジするであろう!

いいチームであった

3年間 楽しませてくれた北高の背番号15番には、心から感謝をしたい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

打たれて気持ちいいってこれか

朝 起きたら

肩 バリバリ

首 激痛

お尻 パンパン

脇腹 カチカチ

足 ボロボロ

全身筋肉痛で、起きるのがやっとであった…

昨日 2年ぶりピッチャーしました。

100球以上は全身の力を込めて投げました

2週間 程前にある父兄さんから

「今度 中学3年生の送る会があって、親子対決あんねんけどトクザイル投げてくれへん」

と言われたので、快く引き受けました。

もう 2年も投げてないし

中学生が喜んでもらえる球は投げられへんと思っていたけど、

この1週間

ちょっとランニングしたり

柔軟 とにかくカチコチになってしまった股関節なんとかほぐし

準備しました。

今年の中学3年生には、いろいろな思いがあり

言葉では、なかなか伝えられないことを

ピッチングで気持ち伝えたいと思っていたので、

本当に真剣に投げ込みました!

見事なまでに打ち込まれ

そのおかげで、100球以上投げたと思うやけど、

投げながら、打たれて 嬉しい気持ちになったのは、

投手人生初めてやったような体験やった。

成長ってすごい!

3年間ってすごい

でも、まだこの子らに投げれる 力があったこと

気持ちがあったことに自分の体にも感謝したい

息子が野球部に入る決心をしたのも、

今の中学3年生

そして、その父兄さんだったので、少しは恩返しできたかな??

ごくろうさん

そしてありがとう!! 

Img_6776

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

マサヤの野球

今日は、チラッと姫路アイアンズに所属している

ヤマグチマサヤが、高砂球場で大会があるというので見に行ってきた。

中学3年生になって、すばらしいプレーができてるのにびっくりである。

Img_6683

Img_6641

守備の入り方からスローイングまできれいし

Img_6695


Img_6701


打撃もやわらかいし、センスを感じる

何しろ もっともっと上達しそうな感じがする

まだまだ姫路アイアンズで試合をかさねていくみたいだが、

大きな夢をもって頑張ってほしい

今度は高校ですばらしいユニホームをみせてもらいたい!

すると

何か知った人間がいたので、

激写

Img_6770


武南メンバーも見にきておりました…

ハレンの横に座ってる女性は、もしや

ハレンの彼女???

らしいです!

とっても素敵な方でした。

よーく見ると なんか左後方に見た事ある顔が……

どこかで、見た事ある顔なんですが思いだせません…

もしかしたら昔 一緒に野球した方なのかもしれません…

マサヤに負けんように頑張りましょか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

高校野球観戦パート5(最終)

昨日の9時から、高砂球場で

加古川西 vs 西脇工の試合

今日の12時から

報徳 vs  武庫荘総合の試合を観戦してきた

夜勤で、9時からの試合は見れるけど、

12時からの試合は帰ると3時で、

まったく寝れず その夜は熱中症で倒れそうでした…

3交代の方ぜひ注意してください!

加古川西 vs 西脇工の試合でポイントやったのが、

2回で4-0で、加古川西が楽勝ムードやったのが、

3回で西脇工のエースがマウンドに立ってから

雰囲気が一転し、俄然 西脇が勢いつきました。

やっぱりエースは、ただ投げるだけでなく

チーム全体の雰囲気まで変えてしまうのがエースなんだと実感…

あと、別府中野球部の二人が、直接対決する姿が見れて

なんか誇らしかった…

最近 子供が野球しだして、誰が別府中出身なのかわかるので

嬉しい事である

Img_6539

Img_6536

お互い 多分 会話もなく

目線も合わしていなかったように見えたけど、

すごく意識してた思う

わが 後輩であり 息子の大先輩である彼らを誇らしく

思える場面であった。

別府中出身のこの二人の活躍もあり

大激戦となったが、西脇工が制しました。

そして、報徳 vs 武庫荘

別に報徳に知り合いはいないのだが、

とりあえず 高砂球場に来るんやったら、話のネタに

眠い目をこすりながら観戦

思ったことは、報徳の選手はいちいちかっこええということ

まずは、あのユニホーム

着こなし

構え方

走り方

ボール回し

とりあえず 強い弱い抜きにして、かっこええ!

ただ、どの選手もやっぱり基本に忠実で、

内野手のボールを待つ構えは、どこのチームよりも低く

しっかり構えてました。

Img_6590_5


圧倒的に報徳が強いというわけではないけど

試合運びがやっぱりすばらしく 4-0で勝ちました!

これで、今年の高校野球観戦は終了です

最近は、交代勤務になって平日によく行くようになりました。

でも高校野球の地区予選はやっぱりおもしろい

甲子園まで行くと、県の代表ということもあり

いろんな事におしゃれしたり、よそいきの野球したりしてしまうのだが、

地区予選はどこのチームもただ、選手と父兄さんと、在校生 OBの方が

素のままで戦ってる姿が心打たれる

昨日は、子供 3人を連れていったら

10分後には、次男と3男 逃亡

4男は… 「帰りたい… 」

の連発… 最悪でした

俺の楽しみまで奪いやがって ニ度と連れてくるかと思っていたら

どこかの高校生が、1時間以上も

うちの息子どもと外野の芝生で遊んでもらい

子供達が帰る時は、「めっちゃ楽しかった!!!」

と興奮しておりました。

4男が名前を聞いたらしく

ツバサクン  ショウタクン  ハヤトクン

やったかな??

ほんまにありがとう!

これもひとつの出会いやと思います

もう来年は、BAN-BANに加入して、家でゆっくり見ろうかなーって

考えたけど、

やっぱり 高校野球の地区予選は球場でみる方が楽しい

来年もビール片手に外野の芝生でアンパンマンのレジャーシート引いて

オタクのように見ている おっさんがいれば声をかけてくださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

播但選抜選手権 準決勝

熱い 高校野球の戦いが終盤に迎え

武南メンバーの母校もほとんど負けてしまい

兵庫県はベスト16にオオニシの母校 社高校だけになった。

しかし、武南は先週も試合があり

炎天下の中 戦ってきた

初回 いきなり ケンボウが左中間に目の覚める 3塁打

ワンアウト後  ダイスケがきっちりエンドラン決めて先制点

カズマ ミヤザキと続き 初回に2点先制

先発は、ケンボウ 少しバテ気味で、

制球が悪かったが、3回1点に抑え タロウにバトンタッチ

守備は、ヨシキのバックホーム

ダイスケの判断力などがよく

基本的な塁間の送球のていねいさと、

塁を空けないという基本的な事がしっかりできていた。

打撃陣は好調

ケンイチの久しぶりのライト線2塁打

コウタロウのめずらしいヒット

そして、ミヤザキ ヤマグチがエンドランをきっちり決めて合計7点

7-1で勝利!!

播但選抜選手権 決勝進出である!

中播大会に弾みのつく試合展開ができて良かった…

心配なのは、投手陣

タロウを無理させたくないないので、

4日はケンボウ ケンイチ それに、フジオや俺もスクランブルで

戦いたいと考えている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

高校野球観戦パート4

本日は、高砂球場でなく

明石球場へ

育英 vs  松陽

市川 vs  西脇工

の試合を見に行ってきた

まずは、市川 vs 西脇工

ケンボウの母校でいろいろ忙しくて見にいかれへんやろーから

ちゃんと 気持ち入るように

ユニホームの写真撮ってきたったぞ!

Img_6493


これで この夏のりきれ!

実は、市川にも西脇工にも知り合いの子がいて

西脇工は、前回も見にいっているので、頑張ってる姿見ました!

市川の子は、3年生でメンバーに載ってなかったので、

どーしてんねやろ

辞めてしまってるんかな…って思いよったら、

試合前 突然 「こんにちわ!!!」

挨拶 されたので、振り向いたら その子でした。

とても元気そうで、明るく ほっとしました。

いろいろ話できて、本当によかった

西脇工が4-1で勝ちました!

これで知り合いの子が、西脇工だけになってしまったので、市川のその子の分も

とことん勝ち上がってほしいと願う。

3年間 辞めずによー頑張った!

続く 育英 vs  松陽

名門古豪復活に向けてどこまでやるか 育英

そして、神港学園に14-10と乱打戦を制した

地元 祭りの松陽

育英はここ最近 夏の大会元気なかった…

どーしても 育英はあまりいいイメージがない

育英関係者の方には、申し訳ないが

どこか 野球が上手やったらええんやろう

みたいなとこが、他の高校とくらべてあるような

なにかさわやかさがないのかな…

そんなイメージがあった。

しかし 今日の育英を見て ビックリした

まずは、キャッチボール前の挨拶

Img_6459


とても丁寧に時間をかけて挨拶をしてた

怒られるかもしれないが育英らしくない光景だった

そして、シートノックが終わってバックホームで帰ってきた時

ノックしてる監督さんの真横に行って 挨拶

Img_6467


ノックバットに当たるよっていうぐらい近い場所で全員が挨拶してた。

そして、守備につくとき 毎回 自分のポジションのグランドへ全員が挨拶

Img_6482


Img_6484


Img_6486


他の高校でもやっているのかもしれないが、

育英がここまで徹底して こーいうことをするのは初めて見た

それに、なんとなく形だけしてるよーには見えなかった

徹底して監督さんが、指導されてるように感じた

とても、いいチームである!

変化したんだなと感じた

勝ち負けが全てではないが、負けたことにより

技術よりも精神的な部分の初心にもどって野球に取り組んでいる

これは 育英やるんではないか!

そんな期待が膨らんだ

そして、かたや 松陽

すごい打撃をみせてくれた

8回表終わって 2-8 もう完全に負けムード

しかし、この回 一気に5点とって 7-8まで追い上げた

松陽のバッターのすばらしかったとこは、

いっさい細かいこと気にせず

ファーストストライクをドンドン強振してた

なんか 野球って打つのが一番楽しいんや 待ってどないすんねん打法 やった

とにかくすさまじかった!

しかし それよりも凄かったのが、その連打連打の時に出る

応援団からの 「ヨーイヤサー 」 合唱

祭りである

どこからでもなく

誰からでもなく

ヨーイヤサーの掛け声が…

そして、大きな波のように大合唱である!

完全に曽根天満宮 宮入りである

あんな 楽しそうで 勢いのある応援は初めてだった

地元チームの松陽らしい応援で、

選手達もめちゃくちゃテンション上がったと思う

Img_6488


育英の選手も ビビった思う…

応援の力の凄さ改めて感じました。

変化した育英

伝統をつらぬいた松陽

試合は、大激戦の末 8-7で育英が勝った

今日は負けた 松陽の応援

市川の応援が俺にエネルギーを与えてくれた

スタンドで応援した3年生が楽しんでる姿がとても印象的でした。

Img_6495

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

高校野球観戦パート3

本日は、高砂球場へ

加古川東 vs 尼崎工

と、

西脇工 vs  淡路三原

の試合を見に行ってまいりました。

加古川東といえば、文武両道をお手本としたチーム

俺の時代も東高は、野球も強かったので、

なんで、勉強もできて、野球も強いのか不思議でした。

今も不思議なんです…

ただ、今日ライト側の東高のボールボーイの子に

野球も勉強も大変やろ

って聞くと、素直に

「ハイ!」

と答えてくれました。

野球は好きなん??

と、いらぬことを聞くと

「大好きです!!」

と答えてくれました。

俺の中学校の野球部の先生も加古川東の野球部OBだったし

高校の時の野球部の先生も加古川東のOBの方でした

現在も加古川東高OBの方が、中学 高校の野球部の顧問をしてくれてる方が多いと聞きます!

ぜひ この東播地区を盛り上げてもらうために、東高 応援です!

すると延長11回 サヨナラで加古川東が勝ちました!

Img_6421


今日 話したボールボーイの1年生

2年後には、必ず活躍してください…

そして、2試合目は、西脇工 vs 淡路三原

西脇工のピッチャーはすごかった

ほんまもんです!

なんとなくやけど、プロにいけるんちゃうかな…

ってぐらいの凄いピッチャーでした。

でも、俺はそんなピッチャーよりも

その球を受ける キャッチャーの姿勢に心動かされた…

加古川東 vs 尼崎工が0-0で延長になるぐらいの

おもしろい試合してたので、ピッチャーの子はブルペンでピッチングしながら

試合を見たり

たまに 投げたりで、

本当に自分のリズムで調整してた

しかし、キャッチャーはピッチャーの子がいつ投げてくるかわからないので、

ずーーーーーーーーーーーーーーーと

ピッチャーの方に気を向けてた

ピッチャーが投げる時にヨソ見してないように

ずーーーーーーと ピッチャーを見てた

そして、いったん引き揚げて

再度 ブルペンに来た時は、もう西脇工のピッチャーは集中しまくって

ガンガン投げだした!

乗ってきていた!!!!

その時 バックネットから審判がキャッチャーを呼んだ

キャッチャー面  ヘルメット プロテクター  レガースの試合前チェックである

その時 西脇工のキャッチャーは全速力で審判団のとこへ行き

チェックが終わると、また全速力でブルペンへ戻ってきた

相手チームのキャッチャーは、審判がブルペンにくるまでゆっくり待っていた

俺は その時

西脇工のキャッチャーは、せっかくエースが集中して投げだしたのに

1秒でも  をあけたくない

そんな気持ちの表れがあの全速力ではなかったのではないか

それぐらい ピッチャーのことを考え

気持ちよく投げてもらいたい

そう思っていたのではないか

俺は、そんな光景を見て改めて、キャッチャーに対する感謝の気持ちが芽生えた

そして、延長14回で西脇工 4-3でサヨナラ勝ちでした!

また あのひたむきなキャッチャーが野球ができるのだと思うと嬉しいのです!

西脇工のキャッチャー ガンバレ!!!

Img_6391

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

高校野球観戦パート2

高砂球場へ

高校野球観戦

本日は、なんと母校が登場

加古川南 vs 和田山

14日に 3-3で延長まで行き 降雨で再試合

そして、昨日はまた降雨で、今日に順延となり

たまたま仕事が休みな日と重なり観戦となりました。

実は、ジンクスがあり卒業して20数年経つのだが、

夏の大会は加古川南の試合を見に行って、勝ったことが今まで一度もなかった。

勝つまでは、加古川南関係者の方に嫌われるのが嫌なので

シークレットだった。

しかし、高校時代はライバルだった、加古川北の試合は逆に見に行って負けたことがない。

すばらしい加古川南野球部のOBである…

試合前、南高の選手がマネージャーと会話してるのを見て

俺の時代は試合前 こんな余裕持ってなかったと思い

シャッターをきってしまった…

Img_5982


すると、加古川南の父兄さんから

「すみません……   」

と、声をかけられてしまい

ヤバい かってに写真撮ったので、注意されると思い

ドキドキしていたら、

俺のことを知っているという 南高の選手のお母さんで、

ビックリしたんですが、とても嬉しかった

すばらしい お母さんで、目がキラキラしてました!

もう 試合前からそんな嬉しい事があったので、

ぜひ 勝ってほしい

どうにかこの20数年のジンクスを打ち破ってほしいと思い

真剣に後輩達と応援です!

Img_6073


点をとっては、とられかなり緊迫した試合で、

投手交代や、バント 盗塁 スクイズなど監督の采配が勝負を決める展開になりました。

加古川南のすばらしかったのが、

ノーアウトランナー 1塁でも1.2塁でも

3番 キャッチャー ウチダクンには、まったくバントの気配やエンドランの気配も見せなかったこと

監督さんも、この子が打てなくて負けたら仕方ない

そんな信頼関係が見えたこと

ブレてませんでした。

ウチダクンも見事にその期待にこたえてました!!

Img_6031

Img_6049

最終回…

7-4で勝っていたのに、2点とられ 7-6

なお 1.2塁

俺のジンクスは、こんにも強いのか

頼むから勝たせたってくれ 野球の神よ

ゲームセット 

7-6で加古川南高校 勝利!

高校時代の3年間

それから、引退して20数年

聞いたことがなかった 母校の校歌を聞きました

めっちゃ ええ校歌でした

ありがとう 後輩達よ

長い年月の嫌なジンクスから解き放たれ、

すばらしい1日でした。

和田山高校の選手も最後まで、あきらめなかった

あのねばりは、必ず人生に役に立つ

忘れないでほしい

そして、ウチダクン お母さんに1日でも長く野球してる姿を見せたってくれよ!!

Img_6094

礼!! 感謝。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

監督会議  抽選会

今日は、2年ぶりぐらいに監督会議

西日本軟式1部の抽選会に行ってきました。

なかなか久しぶりだったので、話込んでしまいました。

楽しかったです。

西日本軟式1部の1回戦は、FD加古川に決まりました。

勝てば、ILBと今年はこの2チームは当たり年やと思います。

そして、今週は播但選抜選手権の準決勝

播磨ルーキーズとの試合があり、

8月4日の近畿秋季1部の中播大会の日程もいただきました。

1.期日  8月4日(日)   「雨天中止は8月18日」

2.会場  向島A球場

3.参加金  10、000円 (当日持参)

4.組み合わせ 

1試合目 8;45~  武南エスパルス vs  加西代表

2試合目 10;15~  高砂代表  vs  但馬代表

3試合目 12;15~  1試合目の勝者 vs 2試合目の勝者

というような日程です

そのために、今週の播但選抜準決勝勝って

8月4日までに毎週 野球をし、レベルアップして、

向島球場に乗りこみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

高校野球観戦記パート1

高砂球場へ

高校野球を観戦

市神港 vs 舞子

すばらしい試合でした。

舞子のピッチャーが1回戦で姿を消してしまうのは残念すぎるぐらい

すばらしいピッチャーでした。

市神港は強い!!

特に ショートの濱クンの守備はすばらしかった。

ぜひ市神港 ショート 濱クンのプレーには注目

Img_5961


2-1 市神港 勝利!

そして、関学 vs 吉川 の対戦

おどろいたのが対象的な部員の数

関学 何人おるねんいうぐらい選手いました。

Img_5954


こんな中で選ばれた選手って すごい…

かたや 吉川高校のスタンドには選手一人もいませんでした。

おかあさん や おとうさんがスタンドの最前列でメガホンもって

大声張り上げながら、応援してました。

Img_5957


結果は、4-2で関学勝利!

関学の選手は、やっぱり上手やった

吉川高校の選手には申し訳ないが、コールドで負けると思ってました。

吉川高校のスタンドで一生懸命 応援してたおかあさんや、おとうさんの楽しそうな感じが忘れられません。

おかあさん方、

3年間… いや 中学からやから6年間

いや 小学校もか…

とにかく野球という大変なスポーツを最後まで、ごくろうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

交代には意味がある

武南の中堅 3人衆

コメントありがとよ!

もちろん 投げる気でいますよ

先週も先日も投げる準備はしてます…

タロウも万全でないし、マドコロもまだまだ時間かかるみたいやし

俺もこの夏は、遊びでなく勝利のために投げるつもり

ただ、今年は本当に大きな夢かかげて1年かけてみたいと思ってる。

都市対抗出場は、うちやぶれたけど

県大会優勝という肩書を取りにいきたい

そして、年末の暮れには、武南をA級に上げるかどうか

協会の方に悩ませるぐらいのポジションまでいきたい

そのためには、チーム力を上げる

まずは、バッテリー

バッテリーは重要である

その次に采配

采配というのは、サインを出すのもそうだが、

スタメンから交替選手までの流れ

武南というチームは、地道にコツコツ点をとりにいくのが下手で、

その1回集中攻撃型のチームだと感じている。

だからその展開と交代のタイミング

チャンスに強いやつ 弱いやつ

選球眼のいいやつ 悪いやつ

小技の好きなやつ きらいなやつ

守備の得意なやつ

走塁でプレッシャーかけれるやつ

ピッチャーが投げにくいやつ

いろんなタイプがいて、

それぞれに勝利に貢献できる何かをもっている

スタメンがそのまま試合終了までいくチームの方が強いのかもしれないが

武南はそうではない

参加したメンバーがどこかで、自分の役割を果たすといのが

流れをこっちに持ってきてくれてるような気がするのである。

あきらかにAさんとBさんとでは、走攻守 Aさんの方が上でも

Bさんが出場すると、雰囲気とか明るさで周りの選手が活躍できるっていう

選手もいる。

だからスタメンで起用することもある

もちろん失敗もあった…

今の武南は人数が多いことをプラスにできるような試合運びにしたいと思ってる。

なので、ピッチャーもしなければならないが

今はピッチャーの変わりは、ケンボウやケンイチにまかせようと考えている。

何とか この近畿秋季と県選手権の中播大会は勝って

県NO1になりにいこう!

今は、まったく参加できていないが マエハタやモッチを含む

総勢25名の結集を見せたい

試合に出場してる時

それから、代打で出場する時

代走で出場する時

全てにおいてそれは意味があり

決して 「出してあげてる」

なんていうのはない!

高校野球より

ドラマチックな野球を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

播但選抜2回戦

浜の宮グランドに到着すると

浜の宮市民プールの客でいっぱいだった。

猛暑である…

夏到来である…

中学生は、中体連で、最後の戦いに挑み

高校生も青春時代をかけた最後の野球人生の戦いに挑む

そんな中 武南エスパルスも最高の夏にするために、播但2回戦に挑んだ。

先発は、先週同様 ケンイチ

タロウ エビス ヨシキ ダイスケと普段レギュラーバリバリのメンバーをベンチスタートさせる余裕の采配である。

初回は無難な立ち上がりであった。

2回表 いきなりのノーアウト満塁

大チャンス!

7番 タツヤ ピッチャーフライ

8番 コウタロウ 中途半端なファーストフライ

9番 ヤマグチ 三振とノーアウト満塁 内容もまったく最悪の攻撃

俺としては、普段試合に出れていない 新人タツヤや、

ベテランでも今だアグレッシブのコウタロウには

なんとか結果を残してほしかった…

今年の武南快進撃の大きな原動力に

試合に出る回数が少なくても出席率の高いこの二人だったからなおさらである。

そして、その裏

ケインチが見違えるほど 乱れて

逆にノーアウト満塁に…

完全の負の連鎖

すかさず ピッチャー タロウに交代

圧巻であった!!!

見事に1点もやらずにベンチに戻ってきたタロウに

ベンチ大盛り上がり!

よくこの場面しのいでくれた。

Img_5950


そして、3回 ケンボウ レフト前ヒット

ヒラっちゃん デッドボール

タロウがきっちり送りバントを決めて

ミヤザキがエンドラン 1点先制!

この1点を守りきり 武南 1-0で勝利

今日は、2回のタロウのピッチングが全てであった。

攻撃では、タロウのバント成功から

ミヤザキのエンドラン これができるやつが、試合に出れる

そーゆうお手本のようなプレーであった。

苦しかったが勝てた

中学生 高校生に負けないぐらい

暑い 熱い 長いおっさんの夏を楽しもう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

野球って楽しいはず

昨日 我が母校

そして息子がお世話になってる中学野球部の

中体連があった。

主力の3年生には、小学校時代一緒にソフトボールや軟式をやってきた子供達がいた。

俺の野球キャリアの中で、唯一 監督をした子供達なので、すごく思い入れがあり

どーしても勝たせてあげたかった。

しかし 無情にも0-1で負けてしまい 

中学野球を終える…

俺は試合は見てなかったので、どんな内容だったかわからないが、

決して負けるチームではなかった…

なら、この0-1の僅差はなんなんやろうな…

チームワークもよかったし

練習量も多かったし

もちろん技術もあった。

野球に大事な 心 技 体 を持ち合わせてると思ったので、

まさか1回戦で負けるとは思ってなかった

もし相手チームより ひとつ劣るとこがあるとすれば、

心 技 体 + 楽

という気持ちが劣っていたのかも????

普段の練習 生活態度全てにおいて、これをすれば怒られる

失敗したら怒られる…

そーゆう気持ちで、野球に取り組むのと

これをしたら、褒められる

これを成功したら、褒められる

だから、バントしたい

だから、エンドランしたい

早くチャンスで打順が回ってきてほしい

そう思えたか 思われなかったか…

中学も高校も野球部は大変である。

野球なんて失敗するスポーツである

しかし、たったバントひとつ決めただけで、仲間からハイタッチされ

スタンドから拍手が沸き起こる!

想像しただけで、ワクワクする!

ぜひ、次(高校)では、野球ってほんまに楽しいってことを経験してもらいたい!

別府中の3年生

せっかく野球の厳しさを十分経験したんやから、

高校では、野球の楽しさをいっぱい経験してほしいと願う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

播但選抜選手権 1回戦

先週 日曜日 浜の宮グランドで播但選抜の1回戦が行われた。

この大会だけは、年間7大会ある中で、唯一

ほんまに楽しんでやろーや!

っていう雰囲気のある大会になってる

負けにいくはけではないが、いろんな事を試してみたい大会である。

そして、この日の先発は、

トクザイルか…

ケンイチか…

試合当日にケンイチの気持ちがどんなものか確かめるために

「今日 投げるか??」

と、尋ねると

間髪いれず

「投げます!!!」

と、答えたので、迷わずケンイチ先発

そして、最近 控えにまわっていたベテラン 

ヒラっちゃん  コウタロウ  ヤマグチを起用

さあ どこまでやる 武南!!

Img_5936


ケンイチ 久しぶりのマウンド

3回 3点まで抑えてくれたらな…

という気持ちでベンチもドキドキ

Img_5945


弟 マサユキが、一言…

「あかんで 兄貴 緊張しまくってる…ダメだな」

と ポツリ

いきなり ワンアウトもとれず 2点先制される

ベンチ そわそわ…

タロウ あわててブルペンへ

しかし、一生懸命 投げてました。

ひとつのアウトをとるのに 歓声がわき

内野 外野 ベンチともとにかく声をだしケンイチを励ます。

そして ひとつビッグプレーがあった。

ランナー3塁の時 マドコロがケンイチに声をかけ

ボールをもらい 3塁ランナー ベースを離れてランナーコーチと話していたとこを

タッチアウト!!

これは大きなプレーでした。

周りを常に見て観察し、集中してる マドコロらしいプレーであった。

そんな ケンイチを援護すべく

3番 ダイスケ  4番 カズマの二人が素晴らしい打撃を披露して

3回まで、1-3で負けていたのを 一気に4回裏 4点とり逆転

その後も2点奪い 7-3で勝利!

試合の中では、いろんないいプレー ダメなプレーがあるのだが、

この試合一番 印象に残ったプレーが

6回表にファースト後方に上がった

ポテンヒットになりそうな当たりを間一髪捕った  

マサユキのプレー

あれは軟式ではよくある当たりで、ファーストかライトかセカンドか

難しいとこのプレーだが、

一瞬でもひるんだら、とれないフライで、あれがヒットになると

ピッチャーはすごくイライラする。

あのプレーはどんな状況でも集中し、スタートをきる準備と

気持ちがこもっていないとできない

あそこの打球は捕れる

それを証明してくれたマサユキのプレーは、今後セカンドを守る人は

すごく刺激になってほしい

ベテランもとりあえず 野球感をとりもどせました??

何よりもよかったのが、また1試合 播但選抜の試合ができるということ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »